All Entries |  Monthly Archives |  Tag Cloud |  New entry |  Up load | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ザ・お見合いパーティ日記(6) ~肝心のパーティの様子は?編~

今日、近畿地方を襲った大雨
怖かったわ~でも、おかげでいま大変涼しい!!!



さてさて、久々のお見合いパーティ続き(初めての人はこちらから~

夏の暑い昼間
大阪のとある公園(太○の塔で有名ですな)


到着するやいなや、スタッフとして参加しているsnowwhiteと営業、3人の女性スタッフは猛烈な勢いで野菜を切らされました
当時のwnowwhiteは今ほど料理がうまくなかった
当然、野菜を切るなんて滅多にないことで…四苦八苦
暑いから汗が流れるのか、野菜を切ることにストレスを感じて汗を流しているのか…定かではありませんでしたw
とほほ
切った野菜は小奇麗にお皿に盛られ、なんとか準備が整った頃、参加者たちがゾロゾロ

感想




オトコはともかくとして(?)

オンナノコは皆、普通に可愛いっ!





カメラマン(オトコ)も「ええな~可愛いな~こんなんやったら参加したいな~」と言っていたほどですからね
ちなみに服のタイプとしては3つに別れますね(?)
●ものすーごい開放的なファッションをしていた子
●ぶりぶりお嬢様ファッションの子
●時と場に応じたスポーティな服装の子

個人的には3番目のファッションの子に好感をもったけれど、
オトコの目をひきつけるには1番目のファッションがいいのか?しかし、炎天下だぞ?などと考えていたsnowwhiteでした…


さてさて、パーティはまずバーベキューから
1グループ6人、といった感じで5から6組ほど作られていた
わたしたちがせっせときった野菜や肉はみるまに消えていき、追加注文まで出る始末
動きましたよ(笑)
しかし、傍から見ているとお見合いパーティは面白いな~

皆、ふふと笑顔で会話をしながら、野菜などを口に運んでいくが、
その目線はなかなか厳しい
当初のグループ割りはどこへやら…で人気のあるオトコ、オンナなどがはっきりと別れてきた
その流れを見ているだけで楽しめてしまうオンナw
ああ、参加してよかった、と思いました(仕事しろって感じですねー汗)
あらかた食べ終えると、今度は「お見合いパーティ恒例オトコは一周めぐりましょう」になった
円陣を組んでいるオンナノコの周りをオトコがぐるぐるとまわる
やっているほうも大変だろうと思うけれど、見ているほうは非常に面白かったw
頑張れ、オトコノコ

その後はお待ちかね、フリーターイム♪
とはいえ、思うように動けない人、多々
そこで登場するのが我らがSASあがりのお坊さん☆
なーんと、彼は手相も嗜んでおり、皆の手のひらを覗く、覗く
で、相性のいい男女を無理やり…いえいえ、そっと優しくくっつけ、フリータイームへとなだれ込ませました
後年、今度は参加者として出席したsnowwhiteが感じたこと
これは今、思うと非常にいいことだよなーってこと
フリータイムと言われても動けない人はいっぱいいる
snowwhiteは動いたオンナです、変な(?)オトコに引っかかるよりはっ!と今の彼に話しかけたのです(汗)これがわたしからの積極的なアプローチになるそう…
ま、ともあれ、そういう人たちにどんどんと強引にくっつけていく
そうすると何か動きがあるんですよね~


この日、カップルは何組、誕生したのかな???


もう覚えていないけれど、なかなか楽しい体験でした

後日、記事として「太陽の下での健全な出会いがうんたらかんたら…」と書きましたが、
実際のところ、汗だくでの出会いは嫌だ、と思ったsnowwhiteなのでしたw


これで終わるかな…?
ひょっとしたらお見合いパーティへの参加ファッションに関して、もう1本書くかも!?
これは結構、色々と思ったのです…




今回のお見合いパーティシリーズはこちらへ
■ザ・お見合いパーティ日記(1) ~きっかけ編~
■ザ・お見合いパーティ日記(2) ~出会い編~
■ザ・お見合いパーティ日記(3) ~公安に監視されるオトコ編~
■ザ・お見合いパーティ日記(4) ~公安に監視されて…!?編~
■ザ・お見合いパーティ日記(5) ~SASにいたオトコ編~

伝説の(?)お見合いシリーズはこちらへ
■ザ・お見合い日記(1) ~きっかけは?
■ザ・お見合い日記(2) ~出会い編
■ザ・お見合い日記(3) ~初デート編 海遊館へいく
■ザ・お見合い日記(4) ~お見合いのルール編
■ザ・お見合い日記(5) ~揺れるオンナゴコロ編
■ザ・お見合い日記(6) ~2回目のデート編
■ザ・お見合い日記(7) ~親編
■ザ・お見合い日記(8) ~終わる、そして、その後編

いつもありがとうございます。今日もポチッとしてくださいね♪
FC2ブログランキングブログランキング

スポンサーサイト

■ザ・お見合いパーティ日記(5) ~SASにいたオトコ編~

毎日、暑いですね~バテ気味です(;´Д`A ```
しんどいわw


さて、お見合いパーティ続き(初めての人はこちらから~


「実は私、かってSASに在籍していたもので~」


というアドバイザーの言葉…

SASをグーグルで検索をかけてみると…
こちらの結果になりました
何々…
1番上は一番上は何やら知らんパソコンソフト
2番目にスカンジナビア航空
3番目にダイビング総合メーカー
4番目にイギリス陸軍
5番目に自動車のナンバープレートに関する何やら
6番目にサザンオールスターズ応援団
7番目にサザンオールスターズのファンクラブ
8番目にサザンオールスターズの何か
9番目にいびきと無呼吸症候群
10番目に北海道ニコララフティング

この中でアドバイザーが在籍していたのは…!?
って皆さん、分かっておられる様子
SAS、すなわち、Special Air Service(英国陸軍特殊空挺部隊)

Monster (1) (ビッグコミックス)Monster (1) (ビッグコミックス)
(1995/06)
浦沢 直樹

商品詳細を見る


上記で主人公の平賀太一がSASの出身と設定で描かれています…読んだのに、すっかりと忘れていたw
英国陸軍特殊空挺部隊
イギリス陸軍のエリート部隊で、秘密の軍隊です(笑)
というわけで詳しい知識は全くないのですが、ま、要するに陸軍から選りすぐりの兵士を選抜して最強の兵士に仕立て上げるところですね~
特殊部隊といえば、アメリカのデルタフォースとかグリーンベレーが有名ですが、これらの元になったのがSASと言われています(snowwhiteの知識ではそうなっております…トホホ)
snowwhiteの疑問…



軍に外国人が入隊できるのか?



フランス外人部隊でもあるまいし…
アメリカの軍にはグアテマラやメキシコなどの中南米の人をよく見かけるけれど、
これは恐らく永住権を取得している人と思われる(軍に入るといえばとりやすくなるのかも!???)
それに引き換え、イギリス陸軍に日本人が入れるのか???
万が一にも入れたとしても日本人がイギリスという国家を守ることを史上の命題としているエリート部隊に配属されることがあるのか?
が、そんな疑問や質問を問いかけることはできなかった…
24歳のわたしは初すぎたw
というよりも、動転しまくって、頭の中が「???」になってしまったのだよ…(*'へ'*) ンー


「イヤー、若い頃は無茶をしましてね…
親に家を追い出されるがままに外国を放浪しまして~
で、ついでに自分を見つめなおそうと思い、軍に入ったわけですわ
SASでは鍛えられました
今日の自分があるのもあのときの厳しい訓練のおかげでしょうな~はははっ
で、そこで自分を見つめなおした結果、日本に帰り、出家の道を歩いたわけですわ~」



今だにこれが真実なのか、真実でないのか定かではない
ただ、snowwhite、営業、カメラマンが感じたこと



絶対に嘘っ!!!!!┐(-。ー;)┌ヤレヤレ



妄想ゆえの発言なのか、思い込みゆえの発言なのか、はたまた、万が一にも真実なのか知りませんが、今、思い出してもこの話は笑えたなー
こんな拙い文章ではなく、その場にいればいかに面白いことか!ということが実感できると思います!

それにしても何故、坊さんがこの結婚仲介業者のアドバイザーを???
その繋がりがよう分からんのですが、snowwhite、営業、カメラマンの意見として「代表が騙されていないことを祈る…」ということのみ(-_-;ウーン
営業の言葉が全てをあらわしている



「えらい生臭坊主やっ」



次回はお見合いパーティの模様はちょろっと(汗)
一応、お見合いパーティ日記ですのでw
パーティ自体はいたって普通の様子でしたよ(と思う)
坊さんの動きもまー普通に面白かった(笑)
炎天下、わたしたちはせっせと料理の食材を切り、せっせと動きました
トホホ




今回のお見合いパーティシリーズはこちらへ
■ザ・お見合いパーティ日記(1) ~きっかけ編~
■ザ・お見合いパーティ日記(2) ~出会い編~
■ザ・お見合いパーティ日記(3) ~公安に監視されるオトコ編~

伝説の(?)お見合いシリーズはこちらへ
■ザ・お見合い日記(1) ~きっかけは?
■ザ・お見合い日記(2) ~出会い編
■ザ・お見合い日記(3) ~初デート編 海遊館へいく
■ザ・お見合い日記(4) ~お見合いのルール編
■ザ・お見合い日記(5) ~揺れるオンナゴコロ編
■ザ・お見合い日記(6) ~2回目のデート編
■ザ・お見合い日記(7) ~親編
■ザ・お見合い日記(8) ~終わる、そして、その後編

いつもありがとうございます。今日もポチッとしてくださいね♪
FC2ブログランキングブログランキング

■ザ・お見合いパーティ日記(4) ~公安に監視されて…!?編~

毎日、暑いですね~
ヘトヘト気味ですw昨日は1時頃に寝て、今朝は5時起きって…∑(; ̄□ ̄A アセアセ
わたしは本当に30代なのでせうか?
暑いから早く目が覚めたのよ…と自分を慰める(涙)
断じて、年のせいではないっw



さて、お見合いパーティ続き(初めての人はこちらから~
もうはっきりと覚えていないのですが、アドバイザーが



「公安に監視されている」



と言ったとき、驚いたのはsnowwhite、営業、カメラマンだけだったように思う
お見合いパーティの主催者である代表、そして、スタッフの女性はさほど驚いている様子がなかった(ように思う。何せ、3人が3人とも唖然としており、周囲の状況を見る余裕がなかったのだw)
ということはこのお見合いパーティを主催している会社の人たちにとってはこれは日常の出来事なのだろうか!?
「公安」と聞いた車を運転している代表の顔がこころなしか引き締まり(?)、
アドバイザーの指示のままに車線変更を繰り返したり、
スピードを微妙に変える(?尾行を見分けるため???)

ひとしきり、それで走った後、納得をしたのか、アドバイザーがやおら口を開く



「どうやら見間違いだったようだ…」



snowwhite、営業、カメラマン…三人とも遠い目
見間違いって…Σ( ̄ε ̄;|||・・・
そもそも



あんたの妄想じゃないの!?



と言いたいが、何せ、相手は取引先(?)というか、身内の人間ではない…
引きつった顔で
「あら、よかったわ、おほほ…」←既にやけくそ
この時点で疲れ果てた3人

それにしても何故に公安に監視されていると妄想を抱くに至ったのであろうか…いえ、思われたのだろうか?
3人の疑問に対するアドバイザーの返事




「実は私、かってSASに在籍していたもので~」




SASSASSAS
SASをグーグルで検索をかけてみると…
こちらの結果になりました
何々…
1番上は一番上は何やら知らんパソコンソフト
2番目にスカンジナビア航空
3番目にダイビング総合メーカー
4番目にイギリス陸軍
5番目に自動車のナンバープレートに関する何やら
6番目にサザンオールスターズ応援団
7番目にサザンオールスターズのファンクラブ
8番目にサザンオールスターズの何か
9番目にいびきと無呼吸症候群
10番目に北海道ニコララフティング

さてさて、アドバイザーが在籍していたのはどれでしょうか!?

まだ引っ張るのかっ?(*・ε・*)ムー



考えてみてください!



ちなみにsnowhiteはそれが万が一にも真実ならば(?)、
公安に監視されるのもむべなるかな???という気になりました…
ちなみに3人のうち、アドバイザーが言い放った「SAS」という単語の意味を正確に知っていたのは筋金入りのミステリーオタクのsnowwhiteだけでしたw
ミステリーで…というより、冒険小説ではよく使われる設定ですな…

最後にとっておきの大ヒント♪

S.A.S.英国特殊部隊 アルティメット・フォース -エネミー・ライン-S.A.S.英国特殊部隊 アルティメット・フォース -エネミー・ライン-
(2005/06/01)
ロス・ケンプ

商品詳細を見る


アドバイザーはここに在籍をしていたようである…遠い目
ほんまかよw



今回のお見合いパーティシリーズはこちらへ
■ザ・お見合いパーティ日記(1) ~きっかけ編~
■ザ・お見合いパーティ日記(2) ~出会い編~
■ザ・お見合いパーティ日記(3) ~公安に監視されるオトコ編~

伝説の(?)お見合いシリーズはこちらへ
■ザ・お見合い日記(1) ~きっかけは?
■ザ・お見合い日記(2) ~出会い編
■ザ・お見合い日記(3) ~初デート編 海遊館へいく
■ザ・お見合い日記(4) ~お見合いのルール編
■ザ・お見合い日記(5) ~揺れるオンナゴコロ編
■ザ・お見合い日記(6) ~2回目のデート編
■ザ・お見合い日記(7) ~親編
■ザ・お見合い日記(8) ~終わる、そして、その後編

いつもありがとうございます。今日もポチッとしてくださいね♪
FC2ブログランキングブログランキング

■ザ・お見合いパーティ日記(3) ~公安に監視されるオトコ編~

なんかふいに思い立って、お見合いパーティのブログ検索をしてみた
すると業者さんがいっぱい引っかかる
その中の一つが次のような一文を…

>女性は30過ぎたら一つ年を重ねる事にだんだんと難しくなって来るのが現実です。

ちょっと落ち込んだ…
年齢で判断をされるシビアさとリアルな現実をブライダル業者はズバリと突くんだ~、と
もっと「大丈夫ですよ、まだまだいけますよ☆諦めないで一緒に頑張りましょう」とかみたいな言葉があるもんだ、と思っていたので…トホホ
現実を見ろっということですかね~


さて、気を取り直して「お見合いパーティ日記」(初めての人はこちらへ⇒(1)(2)

取材先のお見合いパーティにおけるアドバイザーがお坊さんであることに対して、既に頭の中が「?」のsnowwhiteと営業、カメラマンの3人
しかし、相手を目の前にしては何もいえず、全員、クルマに乗り込みました
かなり大きな車だった(これでお見合いパーティ参加者の送迎も行なうらしいしね~)

車内には
わたし(オンナ)
営業(オンナ)
カメラマン(オトコ)
代表(くらげみたいにふにゃふにゃしたオトコ)
アドバイザーと言う名の坊主(ヤ○ザみたいなオトコ)
お見合いパーティを手伝う女性スタッフ(3名)

話の中心は今日、行なわれるパーティに関する打ち合わせ
「どういう形で動くか?」「誰をサポートするか?」「実際に掲載する記事の形はどんな形がいいか?」「参加者の概要」
等々
で、これらの話を通していると車内でくつろいだ雰囲気が…

ま、そこで車を運転している代表が会社を設立するにいたった経緯などを伺う
代表はどうやら普通のサラリーマンだった模様
それがある日、「ボクには別の使命があるっ」と目覚め、何故か結婚仲介業者として生きる決意をした模様

「…嘘くさっ」わたしの心の声

要するに「儲かる」と踏んだからこそ、この業界に入ったのだろう
事実、この手の業界は値段があってないようなもの
うまくいけば儲けも大きいだろう、と思われる
今はどうか知らないけれど、当時は真っ当な業者も裏を返せば、かなり怪しいところが多々あった(いえ、真っ当な業者も多々あります)
…うん、色々な意味でね
書きたいけれど、自粛します(涙)
ばれそうなので

さてさて、ま、そんな風に会社設立の経緯などを伺い、
「ほほほーっ」と会話をした後に、
アドバイザーとの関係をより詳しく聞こうと思ったところ、
アドバイザーの動きが怪しくなる
やたらと背後の動きを気にするし、サイドミラーを何度も確認する





やおら、アドバイザーが口を開く


「尾けられているな…」


わたし、営業、カメラマン


なんですとっΣ(|||▽||| )


のけ反っている3人を横目にアドバイザー、更に続ける






「いや、実は私、公安に監視されているんですよ」






わたし、営業、カメラマン



公安って何!?( ̄Д ̄;;



公安に関して詳しくはこちらへ
この現代日本で公安に関して、キチンと知識を持っている人がどれだけいるだろうか?
わたしも大して持っていなかった
ただ、snowwhiteは筋金入りのミステリー小説オタク
そのわたしでも漠然とした知識として、国家に害をなす対スパイ対策の業務を行なうところ、としか持っていなかった||| \( ̄▽ ̄;)/ |||ワーイ?

何故、こんな生臭っぽい坊主が公安に狙われるのだっ!?
何の妄想!??

ああ、公安に尾行されている(?)車に乗っているsnowwhiteの運命はどうなるのっ!?

続きます(汗)



今回のお見合いパーティシリーズはこちらへ
■ザ・お見合いパーティ日記(1) ~きっかけ編~
■ザ・お見合いパーティ日記(2) ~出会い編~

伝説の(?)お見合いシリーズはこちらへ
■ザ・お見合い日記(1) ~きっかけは?
■ザ・お見合い日記(2) ~出会い編
■ザ・お見合い日記(3) ~初デート編 海遊館へいく
■ザ・お見合い日記(4) ~お見合いのルール編
■ザ・お見合い日記(5) ~揺れるオンナゴコロ編
■ザ・お見合い日記(6) ~2回目のデート編
■ザ・お見合い日記(7) ~親編
■ザ・お見合い日記(8) ~終わる、そして、その後編

いつもありがとうございます。今日もポチッとしてくださいね♪
FC2ブログランキングブログランキング

■ザ・お見合いパーティ日記(2) ~出会い編~

この話を読む前にまずこちらを…


さてさてお見合いパーティに



「もちろん、行きますっ」



と言った結果、日曜日の休日出勤
その前にまずいただいた会社案内などの資料を読んだ(会社名はもう全く覚えていない…まだ、あるのでせうか?)
…ペラペラ
まだ創立して新しいしね~
次に軽くネット検索
一向に引っかからない(当時は今ほどネットの全盛期ではなかった。ウィンドウズ95が出てまだ5年も経っていない頃だったしなー)
という感じでほぼ頭が真っ白な感じで参加した


時は7月の日曜日の朝
朝から燃えるように暑かった
とある駅前にわたし、営業課長(オンナ)、カメラマン(オトコ)の3人が集合
いずれもスタッフという名目で参加するのである…

ちなみにお見合いパーティが開かれる場所は大阪のとある公園
ほれ、あの太●の塔で有名な公園
そこで炎天下の元、バーベキューをするのであるw
わたしと営業課長は料理の仕込みのスタッフという名目
カメラマンは何やら力仕事兼カメラの撮影
それぞれ、それっぽい格好で現れると同時に今回の取材先の代表(社長)とアドバイザーという肩書きのオトコが3人の女性スタッフを引き連れて登場

代表は長身でひょろっとしたオトコだった
頭は潔く剃り、メガネをかけ、気弱な笑みを常に浮かべていた
クラゲみたいな、ふにゃふにゃしたオトコで当時、30を少し超えた頃だったと思われる
わたしの感想
「これで、この会社はやっていけるのだろうか?」
と24歳のオンナに疑問に思われるほど頼りなく見えるオトコであった(この印象、最後まで変わらず…)


もう一方のアドバイザーに対しては全く別の印象を持った
率直な感想


ヤ○ザみたい…


こちらも頭は潔く剃っている
体格は代表の2倍は軽くあろうかという貫禄
何故か、この暑いのに、法衣っぽい服(あくまでも、「っぽい」ね)を着ているし…
背も高く、威圧感バリバリで道ですれ違ったら、間違いなく避けてしまう類のオトコである
名刺交換の時、手が震えましたよ~…初心だった
が、ふいにその名刺に書かれている肩書きを見た瞬間、
わたしの頭の中はめまぐるしく動いた(営業もカメラマンも恐らく同じ感想だっただろう…)


?⇒???⇒どういうこと?


立ち直りが早かったのはさすが、営業という名のオンナである(彼女もこの日、初めてこのアドバイザーに会った模様)


「本職はお寺さんなんですか?」


アドバイザー、満面の笑みを浮かべて、
「そうですね。普段は坊主をやっております。」
と仰った

わたし、営業、カメラマン「はぁ…」
↑それ以外に返事のしようがなかった(汗)
3人とも頭の中に「なんじゃ、そりゃっ」と考えていたが、
表面上はにこやかにやり過ごし、迎えに来ていただいたクルマに乗り込んだ



何故、お坊さんがお見合いパーティに!?



頭の中でぐるぐると考えていたのですが、間もなく、その事実を凌駕する???の世界に放り込まれましたよ!
それにしても、今、思い出しても笑えてくる~




伝説の(?)お見合いシリーズはこちらへ
■ザ・お見合い日記(1) ~きっかけは?
■ザ・お見合い日記(2) ~出会い編
■ザ・お見合い日記(3) ~初デート編 海遊館へいく
■ザ・お見合い日記(4) ~お見合いのルール編
■ザ・お見合い日記(5) ~揺れるオンナゴコロ編
■ザ・お見合い日記(6) ~2回目のデート編
■ザ・お見合い日記(7) ~親編
■ザ・お見合い日記(8) ~終わる、そして、その後編



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。