All Entries |  Monthly Archives |  Tag Cloud |  New entry |  Up load | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■全ては“L”から始まる  『Lの世界』 の魅力

大学時代、snowwhiteは美術部に在籍していた。

一人、アンニュイな繊細な感じでsnowwhiteのときめきの対象となった先輩がいた。

かなりのイケメンだったが、snowwhiteでは彼の恋愛の相手にならなかった。

彼の恋愛の対象は常に男性だった。

彼はゲイだった。

周囲にカミングアウトしたゲイであり、そのため家族と疎遠になっているなどの話も聞き、色々と思ったものである。




前置きはここまで。

『Lの世界』

今朝、DVDが届いた。

Lの世界DVD

シーズン1の1話だけですがw

DVDパッケージの裏面はこんな感じ。

Lの世界DVD裏面

中はこんな感じ。

Lの世界DVD中

察しの言い方はお気づきでしょうが、これはレズビアンの世界を描いたドラマです。

アメリカで大人気のようで、snowwhiteも以前から気になっていましたが、なかなか見る機会が無く・・・そのまま月日が流れていましたwww

今回、ブログタイムズ様から最終章リリース記念として、『Lの世界』を鑑賞後、『Lの世界』の魅力を発信してください。という依頼があり、猛烈に感激!


噂ではケッコー色々な意味で過激と聞いていました。実際に過激でエロティックな場面もありましたわ。

でも、それ以上に人間としての付き合いや愛の形、それぞれのカップルのあり方など心の揺れを真剣に描いており、その人間模様が非常に魅力的。

恋人ティムと一緒に暮らすためLAに降り立った新進作家のジェニーは、これから始まる新しい生活に胸を躍らせていた。そんなある日、彼女は隣家のプールで愛し合うビアンたちの姿を目撃する。そして隣人のカップル、ベットとティナが主催するパーティに招かれ、魅惑的な女性マリーナと出会う。マリーナな熱い視線にこれまで感じたことのない胸の高鳴りを覚えるジェニー。この日を境に、彼女の人生は大きく動き出すのだった。


基本、ノーマルであるsnowwhiteや他の視聴者たちはこのジェニーの立場からレズビアンの世界を覗いていく感じになるのだろう。

一方、ペットとティナはベテラン(?)のビアンカップルになり、“二人の子供”を作ろうとするがなかなか簡単にいかない。

その中で生じるすれ違いと葛藤、そしてお約束の仲直り。


愛するパートナーが誰であれ、どんな性であれ、喜びも悲しみも楽しみも苦しみもある。



 わたしが愛した人はたまたま女性だった。



そう、ただ、それだけ。

そして、わたしはその世界に違和感はまったくなく、非常に楽しんで彼女たちの恋愛劇と群像劇を眺めた。



登場人物のほとんどがわたしには誰か分からない。

唯一分かったのが、ジェニファー・ビールスぐらいだわ。

懐かしいな~と思いながら、眺めていましたが、『フラッシュダンス』の頃よりも美しくなっており、感激します!

わたしもかくありたいものです。

この他、このドラマでは経済的に自立した、美しい女性たちが次から次へと出てきそうな予感があります。




ちょっと話は変わって・・・

ゲイの世界を描いた本・映画は何本かほとんど思い浮かべることができます。

でも、それらはいわゆる男性同士をメインにしたもの。

女性同士、つまり、レズビアンの恋愛を真正面から取り上げた本や映画といわれるとたちまち思い浮かばないsnowwhite。

そういった意味でこのLの世界からみえることには色々とはっとさせられます。



わたしたちと変わらない普通の女性が仕事をし、運動し、食事を食べ、地域社会に溶け込んで生活をしている。

ただ一つ。


 違うのは愛するパートナーが異性か同性かということだけ。


本当にごく普通のキレイ、カワイイ女性たちが女性をパートナーにし、楽しく生きていこうとする世界を描いている感が強くにじみ出ていました。



個人的にはこの続きが気になります!

プロポーズを受けたジェニーはどうなるのか!?

永遠の愛を誓い合ったペットとティナは子供を持てるのか!?

などなど。

時間ができたらレンタルをしてじっくりと見なきゃ!!!!


【 Lの世界をもっとよく知るために 】
http://www.l-word.jp/
http://happy.woman.excite.co.jp/lword/
※いずれも6月7日にオープン予定。

[PR by ブログタイムズ]
スポンサーサイト

■『セックス・アンド・ザ・シティ』の世界

映画、『セックス・アンド・ザ・シティ 2』(SATC 2)が公開されたようですね

連日、ワイドショーで目にしていたので嫌でも知りました(汗)




元はドラマなんですが、snowwhite、ドラマはちょこっと見ています、実は

仕事を辞めて、暇だった頃、例によってギャオでシーズン1と2の途中まで見たかな・・・・

結論



 よく分からんかった・・・il||li_| ̄|○il||li



世代の差?とも思ったけれど、わたし登場人物たちと年が近いはず・・・

うーん、そうね~、うーん、時折、こぼれる言葉にはっとすることはあっても、それ以上の感動とかときめきがいまいちなくて・・・というか、どこに共感したらいいのか分からなくてw

という感じがありました

逆に

恋も含めて全ての展開が早すぎて疲れるのよ・・・

と思っちゃいました



筋金入りの海外ドラマ好きの友人と話をしていた時、思ったこと

彼女はSATCはたいして好きではない様子

で、そう、思ったの

海外ドラマ好きにはあんま評判よくないのかもしれんけれど、ある種の女性には評判がいいのかなーって



例えば、これをわたしが独身で働いている頃に見ると激しく共感したかもしれない

でも、退職し、暇をもてあました専業主婦が見るとたちまち面白くない

そんな構図になるのかしら?

だってSATCを見ていると全てが過剰な欲求と欲望の塊にしか見えんのだわ・・・

それに夢と現実が違うでしょー!!!と突っ込みたくなるばかり・・・

ああ、悲しい・・・


ま、ともあれ、これでサラ・ジェシカ・パーカーの人気が不動のものになったわけだが、わたし、昔からサラ・ジェシカ・パーカーのどこに魅力があるのか分からんくてね・・・ファンからたたかれそうですが・・・

とほほ

多分、これもSATCにのめりこめない要因のひとつかな~



とはいえ、左記のような関連商品も含め、すごい人気であることは認めます・・・これ、ドラマで使われていたんですか???

わたしには気づかない、いえ、気づけなかった魅力がSATCにはあるんだろうな、と思います。。。


☆ SATC関連サイト ☆
映画『セックス・アンド・ザ・シティ』
オフィシャルサイト
wikipedia




★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★

snowwhiteの最近の美容日記は・・・

ゆるゆると美人になりたい!

になります。興味を持っていただける方は是非。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★


■伝説のマーシャルアーツ(?)『フィギュアスケーターⅡ』

ちょっとおもろい動画を発見

これを楽しめる日本人(?)でよかったwww



ただいま、絶賛発売中(笑)


じゃなかった


近日発売?!



必殺技や特別数式など細かいところにうける、うける(笑)

ちゃんとバンクーバーの結果も反映しているしwww

詳細はこちら


ⅡというからにはⅠもあった
詳細の説明によると・・・


2作目の説明に入る前に1作目について軽く触れておこう。ミドリというキャラクターが主人公だった前作『フィギュアスケーターI』(スケワン)は、一部でカルト的な人気を博したが、いかんせんハードが8ビット機だったせいもあって、キャラが寸詰まりで動きもぎこちなく、2作目ほどファン層を拡げることができなかった。

スケツーから入ったプレイヤーには、今はただのテンションの高いおばちゃんでしかないミドリの偉大さ、ずんぐりエルビスの空手馬鹿っぷり、イリアはデカプリオにはそれほど似てなかったこと、規格外の裏ワザの宝庫スルヤ、ステップだけで世界を制したユカ、ナンシーとトーニャのイザコザ、カタリナが脱いじゃったショック、「タラ」といえば、タラソワではなく、口のでかいリピンスキーという選択肢もあるのだ、という様なことを熱っぽく語られても、何のことだかさっぱりわからないだろうし、ジャネットと言えば、ジャクソンじゃなくてリンだった時代まで遡ると、もはや神話の世界、雲をつかむような話だろう。しかし、実際スケツーのキャラクターたちの能力の高さと個性の豊かさに鑑みれば、そんな昔のことは特に勉強しておく必要もないので、忘れてしまって良い…なんて言うとベテランフィギュアウォッチャーに怒られるので注意しよう。



・・・


何気に・・・




うけるんですけれどーwww




ちなみに高橋大輔と帝王、エフゲニー・プルシェンコの戦いの場面はこんな感じですだwww

daisukevsp.jpg

この訳分からん!世界が何気にツボにはまって、はまって・・・
お、お腹、痛い・・・涙


ちなみにⅢも開発中(笑)
http://ja.uncyclopedia.info/wiki/%E5%88%A9%E7%94%A8%E8%80%85:%E4%B8%8D%E5%9F%92%E3%81%AA%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%81%E3%83%8A

この笑いのツボが分かる方、是非、スケツーの世界へようこそwww


それにしても・・・元はなんかのゲームなんですかねー
出だしのタイトルのところはまんまインディ・ジョーンズのパクリじゃね?と思ったのですが・・・
それ以外の場所でも映画のパクリがチラホラ・・・
映画とフィギュアの知識、アーンド、ゲームの知識があれば非常に楽しめるのでは???
何にせよ、これを作った人は相当なフィギュアの知識があると思われます・・・それだけに細かい設定がイチイチおもろいwww
ま、寛容な気持ちでみることをオススメします

【追記】
旦那曰く、ファイナルファンタジー、すみません、旦那から指摘が入りました。ストリートファイターの真似では?とのこと・・・多分
snowwhiteも旦那もゲームには疎くてね・・・遠い目

■やっぱり、ヒュー様は素敵

最近、ワイドショーでやたらとヒュー様を見かける
ヒュー様・・・





そう、ヒュー・グラント!!!





wikipediaではこちらのページへどうぞ

映画『噂のモーガン夫妻』の宣伝で来日をしている様子

噂のモーガン夫妻HP

『セックス・アンド・ザ・シティ』のサラ・ジェシカ・パーカーと夫婦役ね・・・
ちと合わない気もしますがねー
でも、気が強いアメリカ人女優と組んでダメ男を演じたらピカイチのヒュー様
きっと今回もロマンティックな世界(?)を繰り広げてくれるのでしょう



snowwhiteが十代・二十代の頃ってまさしくヒュー様の全盛期だったわ
毎年、毎年、彼の顔をスクリーンで観たわ

まずは『モーリス
原作者はイギリスが誇る著名な作家E・M・フォースター
わたしが見たイギリス映画の多くが彼が原作者、ということが多々あった
原作はほとんど読んだことがないのに、何故か親しみを持っている作家、それがE・M・フォースター
※実は、『インドへの道』読んでみましたが、挫折しますたwwwww

 『モーリス HDニューマスター版 【DVD】

原作者のフォースター自身も同性愛者であり、そのことについて生涯苦しんだ様子
それを元に書かれたのがこの『モーリス』だといわれている


ケンブリッジ
上流階級の子弟
美男
同性愛
・・・


当時、どっぷりと腐女子(?)だったsnowwhiteはたちまちこの世界にのめり込んだわ
その後、モーリス役を演じたジェイムズ・ウィルビーはどうしているのか知らんが、ヒュー様はスターへの階段をのぼった
と、同時に様々なスキャンダルを提供してくれていますが、それすらもダメオトコであるヒュー様の魅力の一つ

全てを許してあげたくなる!

熱烈に彼が好きというのではない

ただ、彼が出ている映画を観ると口がゆるむのよ(笑)

愛すべきダメオトコをここまで軽やかに見事に嫌味なく演じられる俳優が他にいるだろうか!?

例えば、映画、『フォー・ウェディング
goo映画のあらすじによると・・・

チャールズ(ヒュー・グラント)は生粋のイギリス人気質が災いして、自分の気持ちを素直に表現することの苦手な32歳の独身男性。ハンサムでリッチで、女性にもモテるのに、隣にいる女性が本当に生涯を共にする相手なのか自信が持てず、結婚となると逃げ腰になってしまう。・・・


 『フォー・ウェディング

これ、これですよ!
ヒュー様が得意とする役は、ハンサムでリッチで申し分ないオトコなのに、イマイチどこか間が抜けている根性が足りん、というか・・・
その抜けている部分に胸キュンですよ、胸キュン(笑)
手遅れ、手遅れの連続
でも、最後にはちゃんと収まるところに収まるんですけれどねー


また、自身そのままに演じた、ハリウッド女優、ジュリア・ロバーツと冴えない古書店店主ヒュー・グラントの恋を描いた『ノッティングヒルの恋人



世界的女優を相手に思いを素直に伝えられない不器用なオトコ
自分に言い聞かせ、周囲に言い聞かせ、ぐるぐると一人、暗黒の世界へ・・・?
うんもう!応援するしかないやんけっ!!!と一人、悶絶

 『ノッティングヒルの恋人

はたまた『ブリジット・ジョーンズの日記
主人公レニー・ゼルウィガー演じるブリジットの上司、ダニエルとして登場

 『ブリジット・ジョーンズの日記 / レニー・ゼルウィガー

こりゃまたどうしようもないダメオトコ(浮気オトコ・・・)
それを嬉々として演じている様子にこりゃまた胸キュン胸キュン
弁護士、ダニエルを演じたコリン・ファースも何気に格好いいけれど、ヒュー様のダメオトコっぷりにはかないません(笑)
いいね~いいね~
と一人にやけてしまうのです


最後、イギリス首相を演じた『ラブ・アクチュアリー



若くハンサムなイギリス首相
でも、国民の期待をよそに、彼は仕事に身が入らない・・・
何故なら、恋をしているから・・・

 『ラブ・アクチュアリー

これぞ、ヒュー様
この映画にはイギリスが誇る美男おじさま俳優が出まくり
それを眺めているだけでsnowwhiteの胸はウキウキします
基本的にアメリカの俳優よりもイギリス俳優が好きなんです、ええ、そうなんです(?)
貴族とかオックスフォードとかいうパブリックスクールとか青い血とかに弱いんです、ええ、すみません、すみませんっ(?)


それにしてもヒュー様ももう49歳になっていたのね
プレイボーイぶりが話題になっているから、まだまだ若いと思い込んでいたわ
いえ、もちろん、まだお若いけれど、この先、彼が結婚する日はくるのかなー?と余計なことを思ってしまいました
あと、今回、検索をかけて知ったこと

>>>パニック障害と闘うヒュー・グラント、病状語る 引退説は否定

引退はしないでほしい
ペースダウンをしてでも、永遠に愛すべきダメオトコをサラリと演じて欲しい、と思います!


むっちゃヒュー様が好きと言うわけではない(すみませんっ!)
でも、あなたが映画の世界にいないと寂しい
スクリーンで困ったように笑ってほしい
「俺」じゃなくて「僕」と言ってほしい
いつまでもクスリと笑わせてくれて、ちょこっと泣かせてくれるラブコメをよろしく!!!


ああ、久しぶりにヒュー・グラントの映画にひたり、胸キュンとしたくなったwww


【追記】
現在、ギャオで『ボディ・バンク』をやっています。
主役はヒュー・グラント。
このとき、既にサラ・ジェシカ・パーカーと競演していた様子。
ヒュー様にしては珍しく、サスペンス。
結構、しっかりとしたサスペンスです。
お時間がありましたら、一度、見てみては?

話題の映画は、お近くのワーナー・マイカル!

【お知らせ】
現在、コメントは受け付けておりません。
三十路女の日々是生活in管理人 snowwhite



■エキシビジョン

終わりましたー


長かったようであっという間




何気にエキシビジョンが一番、好きかも(笑)
戦いが終わった後の選手のリラックスした表情がなんともいえません!!!

個々の感想を書こうかな~と思っていたけれど、シンプルに




楽しかった!




ミキティのレクイエムはムードたっぷり、情感たっぷり、つややか、うっと~り
高橋選手は正直、?というか、面白かったです(汗)
浅田真央選手のカプリースはええですねー
解説者の方(八木沼さん?)が「この曲で試合を踊っているところを見てみたいですね」とおっしゃっておられましたが、何気に分かるー!と一人、納得

中国のペアの選手
金メダリストの夫婦は喜びにあふれていましたねー
待ちに待った金メダルという感じでウキウキしましたー

ランビエール!
色男満開のランビエール!!!
うっとりとしました
今大会の後、どうするのか知りませんが、いつまでも見ていたいいいオトコでした(惚れ惚れ)

プルシェンコはどこまでいってもプルシェンコ
躍動感溢れる見事なスケーティングだったと思うけれどなー良くも悪くも王者の貫禄たっぷり
4年後のソチ五輪で会えることを信じています!

金の二人に関しては省略!
タイミング悪く見れていないので・・・汗
ライサはチラッとだけ見たけれど、やっぱり手足ながーいと感動しまくり
キムヨナは衣装がええな~と思いました
可愛い☆

【エキシビジョンの動画】
浅田真央
安藤美姫
高橋大輔
エフゲニー・プルシェンコ
キム・ヨナ
エヴァン・ライサチェク
申雪 趙宏博
選手紹介
エキシビジョンフィナーレ


ともあれ、今日は閉会式

ゆっくりと眺めたいと思います

BBパーフェクトクリーム(ライト&ダーク)(468×60)

【お知らせ】
現在、コメントは受け付けておりません。
三十路女の日々是生活in管理人 snowwhite

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。