All Entries |  Monthly Archives |  Tag Cloud |  New entry |  Up load | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホームレス中学生

さて、流行というか、ブームというか、話題というか、そういうものにのせられて購入してしまいました
『ホームレス中学生』田村裕著

ホームレス中学生 ホームレス中学生
麒麟・田村裕 (2007/08/31)
ワニブックス
この商品の詳細を見る


読み終えた感想
一言
感動しました、単純に(笑)

で、田村裕って誰やねん!と仰る方はこちらへ…ちなみに左側ね
実を言うとこの二人の漫才とかはほとんど聞いたことがないので、
本で語られている話は全て新鮮でした

「ご覧の通り、まことに残念ではございますが、家のほうには入れなくなりました。厳しいとは思いますが、これからは各々頑張って生きてください。………解散!」
家の前に出された家具の山
「さしおさえ」という札
父親の解散宣言
これをきっかけとして主人公(語り手?)田村は中学1年生にしてホームレスになる
兄と姉とも別れ、田村は公園で寝泊りをし、空腹と戦い、自然環境と戦い、周囲の子どもたちと戦い、サバイバルの日々を過ごす
それが全て実話というところが怖くも悲しくもそしてほんの少し笑えてしまう
その後、田村は周囲の人に助けられ、
兄・姉と共に生活をし、
いかにしてお笑いの道を目指すことになるのか描かれている
ひょうひょうとした文章にスピーディーな展開
飽きさせずに最後まで一気に読ませる

途中何度も亡き母への思いが綴られているが、
それも全て胸をうつ
そして、「解散」と叫んだ父への思い
しっかり者の兄・姉への思い
同級生への思い
その両親への思い
お世話になった教師への思い
全てがストレートで非常に分かりやすく、違和感なく涙と笑を感じることができました

最近流行の芸人本と馬鹿にするなかれ
読めば何かを感じると思います


ランキングに参加しています♪ポチッとよろしく☆
FC2ブログランキング
ブログランキング
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。