All Entries |  Monthly Archives |  Tag Cloud |  New entry |  Up load | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おふさ観音 ~奈良県橿原市

さて、宇宙茶廊 soraから、奈良県橿原市にあるおふさ観音に行きました
以前から行きたいと思っていてなかなか行く機会がなく、
ようやく訪問をしました
バラの寺として有名ですね

近くの万葉ホールの駐車場に車をとめ、おふさ観音に向かってテクテク
10分もかかりません
町並み 町並み
この辺りは重要伝統的建造物群保存地区に指定されている(?)今井町に近いため、立ち並ぶ家々が歴史の重みをかもし出しているように感じられました
おふさ観音入り口 入り口
境内1 境内
境内2border= 境内
金魚♪ 金魚♪その大きさに驚きます
さて、本命のバラ☆
全体的に見ごろを過ぎている感じはありましたが、それでも一つ一つの可憐さにうっとりとします
バラ1 
バラ2
バラ3
マダム・バタフライ マダム・バタフライ
一番下のマダム・バタフライ
本当にいい匂いでした
他のバラとは桁が違う香りで、これぞ「バラ!」という感じです
うっとりとしばし堪能させていただきやしたぜ
また、境内のあちらこちらにバラ以外のハーブが所狭しと植えられていました
軽く葉を握り、その香りも堪能しました
意外とお寺とハーブもあうもんだなぁと意外な発見をした気分
紅葉♪


その後は考古学マニアの聖地(?)、橿原考古学研究所博物館(通称・橿考研)へ
現在は…
 秋季特別展
 金の輝き、ガラスの煌めき-藤ノ木古墳の全貌-

が展示されています
奈良県斑鳩市、法隆寺に程近いところにある藤ノ木古墳は埋葬者は未だ定かではありませんが、
発掘された装身具の多さ、馬具類の多さにおいて、考古学史上では他に類を見ない古墳といえるでしょう
古代において輝いていた金や鉄、ガラスを復元したことにより、
現在のわたしたちにより強く古代の権力者の勢力をまざまざと見せ付けてくれます
そしてその製鉄技術の高さなどに感動させられました、単純に

そう、わたしは歴史が大好きなのですよん
『天上の虹』は愛読書です!
橿原神宮や神武天皇領も近いですし、散策にもいいと思いますよん

ランキングに参加しています♪ポチッとよろしく☆
FC2ブログランキング ブログランキング
スポンサーサイト

布のカバン

先日、ならまちをぶらぶらと散策した時、SiSiで布カバンを購入
これが思わぬ大ヒットになりつつあります
個人的にね
購入したカバン♪


わたしにとって、カバンといえば、仕事用、デート用、お出かけ用、常に革のカバンでした
ヴィトンやらグッチやら、コーチやらのブランドには興味がない(事実、これらのカバンや財布は一切持っていません)
わたしは、ただひたすら革の感触をこよなく愛していた
特に子牛の皮の柔らかさには常に一目惚れのように愛していた
一方で豚革で作られたカチッとしたカバンも好き☆
値段は張るけれど、いつまでも本物の革を持つという感覚で好んで購入
が、布カバンを?年ぶりに購入して目から鱗、という心境に陥りました(大げさ…)

とにかく軽い!軽い!
その軽さにまずやられました
いやーもう、今まで革のせいでいかに重たかったのか、ということに気づかれましたよ、マジで
肩にかかる負担が全く違います
次にその柔らかさ!
子牛以上の柔らかさ
くたっとよれても気にならないし、いや、もう感動の極みです
何よりも値段の優しさ(笑)
革の10分の1ですよ、奥さん!

話はそれて…
いきなりですが、わたしは肉を食べません
いわゆる、魚はオッケーというフィッシュベジタリアンです
これはひとえに動物愛護という気高い精神からきています(ほんまか?)
この理屈をカバンにもあてはめよう
ということで目覚めました☆
今日からわたしは動物愛護の意味を込めて布カバン!
そう、今後、わたしは布のカバンを買います、愛用します!
革のカバンはもういい、もう十分に持っている、今後一生困らないぐらいに持っている
布のカバンを愛用するぞ☆
ここに宣言します!

とはいえ、ウィンドーに飾られている革のカバンを見るとついフラフラしてしまいそうになるのも事実ですが…

ランキングに参加しています♪ポチッとよろしく☆
FC2ブログランキング
ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。