All Entries |  Monthly Archives |  Tag Cloud |  New entry |  Up load | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■関西人の証!? ~あなたは納豆を食べられますか?

本日、相互リンク仲間である甘塩さんの「うまいまずいは塩かげん」を読み、関西風天麩羅と関東風天麩羅の違いについて初めて知りやした!

■関西風天麩羅 
 ・卵を入れない衣をサラダ油で揚げる
 ・結果的に、白い天麩羅になる

■関東風天麩羅
 ・卵を入れた衣を胡麻油で揚げる
 ・こんがりキツネ色に仕上げる

【結論】
もともと関東では江戸前でとれた魚を天ぷらにしていたので、
魚の臭みをとるために胡麻油で揚げるようになった言われています
一方関西では野菜中心であったため、
自然の味を生かすため天つゆではなく食塩をつけて食べるようになったと言われています

(いずれも日本文化いろは事典より)

いやー、天麩羅にもそんな違いがあったのね~と妙な感心をしてしまいましたわ(汗)
水の違いによる、うどんの出汁(大阪うどん薄味の謎)に関しては認識しておりますが、それ以外の料理に関する差異は本当に分からない
甘塩さんのように関西生まれで関西育ちの後に東京
もしくは
その逆、関東生まれの関東育ちの後に大阪
などというルートを辿ると食文化の差異を感じることができるんだろうな~
それにしてもこの関西と関東の味覚の違い、というか食文化の違いを探ったらおもろいやろなーとちょっぴり考えておりました

で、思ったこと


「あなたは納豆を食べられますか?」


わたし?

もちろん、大阪育ちの母と奈良育ちの父の間の子としてこの世に生を受けた純粋な関西人として…


食べられません!


納豆を食べることを考えることはできません
考えるだけで×××してしまいそうになります…(自主規制)
が、同じように育てられた妹や弟はまぁー美味そうに食べること←人間じゃないやい
弟は分かるのです
関東の大学と院に通い、関東に6年ほど生活の根をおろしていたのだから(気味の悪い標準語も身につけて帰ってこられた時は卒倒しそうになりやした…すみません、偏見です)
妹は結婚相手が不味かった!
納豆を食べる男だったのだ
そのせいか、甥の好物は納豆かけご飯

…いかにラブリー甥といえども納豆を食べた後の彼にキスはできませぬ!!!ごめんよ、甥、意気地のないおばちゃんで…トホホ

今までで納豆を食べようとしたことは一度だけあります
あれはまだ22歳の頃…
匂いにノックダウンを喰らい、どうあがいても口に箸を運ぶことはおろか、かき混ぜることすらできなかった…
オクラや山芋、もずくなどのネバネバ系が大好きなわたし
きっと、納豆も食べたら好きになれるはず!?
最近は関西人でも納豆を平気で食べる人がたくさんおられますよね~
が、いかんせんわたしには勇気がでません…



「あなたは納豆を食べられますか?」



お頼みもうす! 気が向いたら(?)、押してやってくだされ~。
FC2ブログランキング ブログランキング
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。