All Entries |  Monthly Archives |  Tag Cloud |  New entry |  Up load | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ハーレクインロマンスっ

わたしはミステリー小説に限らず、活字になっていればなんでも読む(詳しくはこちらへ

で、若かりし頃は古本屋によく通っていた
BOOK-OFFなんぞなかった時代から、難波の球場の下にあった古本屋さんによく通っていました
わたしの青春の場所…キラリ~ン
難波球場はもうなくなったけれど、古本屋に通う癖はやめられませぬ
古本屋はわたしにとって宝の山なのだ~w
30円ぐらいから売っていたしね~
失敗してもOK、OKって広い心で本を買っておった
そんな中の一つにハーレクインロマンスがあった
大抵の古本屋ではコーナーを設けてどーんっと置かれておったのだよ
そう、実はわたし、結構、愛読をしておったのだ( ̄Д ̄;;
ほんまに安いしねー(汗)
人によって違うと思うけれど、わたしにとってハーレクインロマンス小説というのは
ワイドショーを見るノリというか、週刊誌を読むノリと同じであった
頭を使わずにサクサクと眺められる、と( ̄Д ̄;;


で、いつ読むのか?
お風呂で長~く入浴をするときに2、3冊(なんせ1冊30円~)を持ち込み、のぼせそうになりながら読んでおった
お風呂に入るときというのはリラックスする時でしょ?
小難しい本はパスっ
というわけで雑誌を持ち込んでいたときもあったけれど、
重たいし、何せすぐに紙が湿気でパサパサになるし、で却下
かといって、普通の本ではもったいない!
そーんな時に重宝するのがハーレクインロマンスっ!!!!
濡れても痛くもかゆくもない(しつこいが30円~)
何よりも流し読みするだけでいい、というのがよかった
内容なんか頭に残らなくていいのだヾ(・・;)ォィォィ
ただ文字をおっているだけ…それがわたしにとってリラックスの一つだった
結末も分かっているし、何よりもオンナの欲望を描いたハーレクインに嫌なことなど何もなーいっ
で、ハーレクインロマンス小説とは何ぞや?
まー、金持ちで格好いいヒーローとヒロインが生涯を乗り越え、そして、最後には結ばれるラブストーリーが手をかえ、品をかえ、描かれています
その想像力の巧みさというかわたしも含めたオンナの欲望というか願望が如実に分かって面白いなー(笑)
分かるよ~ってなもんどすなっ
そう、分かりやすさとストレートさ、それがハーレクインの魅力☆


ハーレクインはオンナの夢の集大成ですっ(笑)


何故、今頃、そげなことを?
実は少し前から、本屋の翻訳本のコーナーに異変が…
シルクの言葉 (MIRA文庫 SB 1-17)シルクの言葉 (MIRA文庫 SB 1-17)
(2008/01/15)
サンドラ・ブラウン

商品詳細を見る

女狩人と竜の戦士 (扶桑社ロマンス ロ 6-60 光の輪トリロジー 2) (扶桑社ロマンス ロ 6-60 光の輪トリロジー 2)女狩人と竜の戦士 (扶桑社ロマンス ロ 6-60 光の輪トリロジー 2) (扶桑社ロマンス ロ 6-60 光の輪トリロジー 2)
(2008/03/28)
ノーラ・ロバーツ

商品詳細を見る

上記のような女性向けと思われる、表紙の本がやたらと目に付く
何年か前にはミステリー仲間(オトコ)からは「サンドラ・ブラウンって意外と面白いよ~」(上記の二つのうち、上の本の作者)と言われる(1冊だけ読んでみたが、ミステリーとしては甘すぎるっ)
違うっ!わたしはばりばりの硬派のミステリーを読みたいのだっ!!
と一人、憤っておりましたが、この春、ふいに買ってみましたの(汗)
だって、オンナですから…

恋のたくらみは公爵と (ラズベリーブックス ク 2-2)恋のたくらみは公爵と (ラズベリーブックス ク 2-2)
(2008/01/10)
ジュリア・クイン

商品詳細を見る

そのとき、彼も一緒におり、「マジで買うのかっ!」と驚かれた
そう、わたしは平気よっ

で、読んだ感想
久々に読むと面白いわ~恋のアドレナリン(?意味不明)が放出される感じ?
舞踏会、プロポーズ、海外生活、子爵令嬢、公爵などという言葉がワンサカ(ちなみに舞台は19世紀初頭のイギリス)
余りにも初すぎるヒロインに?になりながらも、そこはそれ、うまいこと結ばれるんですよっ、奥さん
最後には子どももできていたような…あやふやで済まぬ
もっと詳しいストーリはこちら恋のたくらみは公爵と

それにしても、この話の流れ方、どう考えてもハーレクイン?
と思って調べてみたのですが、?????
…よく分かりませんでした∑(; ̄□ ̄A アセアセ
現在、女性向けのロマンティックな燃えるようなラブストーリーに各社が参戦って感じです
ちょっと調べただけで相当、名前がでてきましたね~すごいなー
それにしても、ほんま、最近の本屋さんでは平積みされている翻訳ものはこの手の本は多いんだよなー
それって売れているってことですよね?
だから、各社が参戦するのでしょうが…
ためしに「恋のたくらみは公爵と」をブログ検索かけてみたのですが、こりゃ、また結構ヒットする
こちら
わたしが知らない間に市民権を得ていたんやな~と妙な感心
昔、古本屋でハーレクインを買うとき、ちょっと恥ずかしかった
でも、こうやって文庫で普通の翻訳本のコーナーに並べられると手をとりやすいというのは分かる気がします
たまにはこんな本を読むのもいい
「はぁ~」とうっとりとするか、ため息をつくかは定かではありませんが…
それにしても、こんな妄想ならいくらでも頭の中で繰り広げているsnowwhite(!?)
わたしもラブストーリーを書こうかしらっヾ(- -;)

世の男性陣、是非ともこれらの本を読むことをオススメします
オンナの夢や願望が手に取るように分かります
あなたもここに登場するヒーローのようになれば、あーら、不思議、たちどころに運命の相手と運命の恋に落ちます(…多分)

最後に本日、ズボンが届きましたよ~早っ(意味が分からない人はこちらへ)
zubon.jpg
ちなみに…


無事に入りましたーヾ(@^▽^@)ノ ワーイ


しかし、手触りががちょっとだけ気に入らなくて…
返却するかもー( ̄  ̄ )ノ” ⌒* ポイッ!
何よりも丈が長いっ!
この長さをカットするとデザインが変わってしまうような気がするしね…
ラインが綺麗なだけにちょっと惜しいな
はぁ、チビがズボンを買うときは悩むのよ~

IMAGEnet


ランキングに参加しています。ポチッとよろしくね☆
FC2ブログランキングブログランキング

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。