All Entries |  Monthly Archives |  Tag Cloud |  New entry |  Up load | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■義父の初訪問

友が初訪問


結婚前に会ったのが最後だから2月は1日も会っていなかった!←わたしたちにとってこれは大変、珍しい
3歳の頃からとして幼馴染として実に30年に渡る付き合いのある彼女
実家にいた頃、彼女の家は我が家から徒歩5分のところにあった
何かと理由をつけて会い、何かと酒を飲み交わし、何かとごろごろとしあった友
お互いの生活、仕事、家庭、恋の裏表を知り尽くしている彼女

彼女が到着したのは12時を少し回った頃

お土産のワインを手にしている



家に帰ったら、早く料理をしないとヨチヨチ( *´д)/(´д`、)アゥゥ



とばかりに家にかえるやいなや、パスタを茹で、パンをあたため、スープをあたため、サラダを仕上げ、とバタバタしていると何やらインターフォンの音が


時は土曜の昼間

我が家でインターフォンが鳴る

これは何かの勧誘ね!



と三段論法で一気に飛びついた
友人もそう思った模様
わたしは火を使っていたいし、何よりもインターフォンには彼女のほうが近かかったので、彼女に出てもらった
インターフォンの向こう側
「佐藤(仮名)です」
友人はなんか怪しいおっちゃんと思い、「はぁ!?どちらの佐藤さん(仮名)」とむちゃくちゃ高飛車な物言いで失礼な対応
インターフォンの向こう側が、再度、行った
「佐藤(仮名)です」

友人曰く「誰やねん!絶対になんかの勧誘やろう。でも、ま、一応、snowwhiteに聞くか・・・」と思ったらしい


・・・


友人は「佐藤さんって言っているけれど、知ってる!?」

わたし、「ふーん・・・









(」゚ロ゚)」おぉ(。ロ。)おぉΣ(゚ロ゚」)」おぉ「(。ロ。「)おぉ~









ヤバイ!!!!!!






玄関に猛ダッシュ!!!!!





猛烈な勢いで玄関をあけましたことよw

そこには御座候を手に持った義父の姿が



びっくりした!(汗)



わたしたちがこの家に本格的に住むようになってから、義理の両親はどちらも訪問をしていない
というか、わたしたちが物乞いに(?)義理の両親の家にいくことがほとんだだった
土曜のその瞬間、義父の訪問を全く想定していなかったワタクシ
友との久々の再会に心踊り、リラックスしまくりだったワタクシ





おだおたとしてしまったぜ( ̄▽ ̄;)!!ガーン






何の会話を交わしたのか覚えていない(汗)
でも、義父が御座候を差し出し、「あたたかいうちに食べたほうがいいから」と言ってくれたことと


「誰か来ているの?」


と言ってくれたことが救い
そう、あの失礼な対応はわたしではないのです!!!!!
とばかりに
「ええ、ええ、友人が遊びにきてくれているんです!」
と猛アピールをしたことだけを覚えている・・・


タハハ


脱力して部屋に戻ったワタクシ
そんなワタクシに友人が一言

「大家さん?」

とのたまう

「・・・違う、お義父さん」

友人

「Σ( ̄Д ̄;)がーんっ!

謝りにいこうか!?」



・・・いえ、いいわよ






気を取り直して作ったお昼
ランチ
パスタ、サラダ、スープ、パンのコース内容
加えて白ワイン
昼間から飲むワインほど背徳の香りがするものはないわw
優雅なひと時でしたことよ
昼食後、コタツでゴロン
二人ともよく眠りました
片付けもしないままに、子どものころのように並んで眠りました
幼馴染の強さ
気を使っているんだろうけれど、気を使う度合いが低い関係

華やかな美人で交際範囲も広く、自由奔放な彼女

わたしの人生がちょろっとした嵐に遭遇しただけなのに対し、
彼女は荒れ狂う大海に投げ出され、また船か港に戻り、なのに、海に放り投げられ・・・という激しいジェットコースターのような人生だった
それでも今は穏やかに笑っている彼女がそばにいる
それだけでほっとしたなー

オンナの友情は難しいところもある

でも、それ以上に嬉しい喜びと悲しみ、苦しみを分かち合うオンナトモダチはかけがえのない存在
これからも仲良くしてね~と思った瞬間でした



↓気が向きましたら、押してやってくださいませ☆
FC2ブログランキングブログランキングにほんブログ村 恋愛ブログ 結婚・ブライダルへブログランキング参加中!


夜、彼が実家に顔を出す
友の対応は笑い話だった模様なので一安心
∑(; ̄□ ̄A アセアセ
たはたは
次回からは必ず、自分で出ることにしよう!

ベルメゾンネット
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。