All Entries |  Monthly Archives |  Tag Cloud |  New entry |  Up load | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■34歳の婚活模様

土曜日、旦那を放り出して、友人とまったり



・・・



過ごす予定でしたが、なかなか濃い一日だった

会わない間に友人は唐突に“婚活”に目覚めていた
ま、ようするに土曜日はその話を好奇心半分に聞きにいったのだ

今までも「誰かいい相手いないかな~」「どっかに男が転がっていないかしら?」と呟きにつかいことは言っていたけれど、基本、軽い口調だった


 いい人がいれば結婚する
 いなければ・・・まー、どうにかするべさ


という感じだったのが、家庭の諸事情により、猛烈に“婚活”に目覚め、
いわゆる結婚相談所への相談、複数のネット婚活会社への登録

そこでいろいろと話していて実に深く考えさせられたわ・・・


何よりも・・・





 婚活は金がかかる"/(*▽*) イタイノダ





ことに驚いた
いわゆる結婚相談所に関しては料金が高いんだろう、と漠然とした知識を持っていた
その漠然とした知識は友人が持っていた見積書によってよりはっきりとした





 マジで高い・・・( ̄ω ̄;) ブヒ~





詳細は省きますが、登録料、毎月の料金(定額)、一件につきの紹介料、成婚料・・・などなど
ありとあらゆる名目で料金を徴収するシステムになっている
 ※結婚相談所・結婚紹介サービスのいろいろ比較(4)などを見ていただければよりはっきりと分かるかも!?


いや、もう参る高さです(ToT)


ところが敵(結婚相談所のコーディネーター)もさるもの







「これで結婚できたら安いもんじゃない」







ぽかっ(._+ )☆\(-.-メ) おいおい







 意味が分からないんですが!?






と思っちゃいました
いやもうほんまに意味が分からない
結婚できたら安い!?どういう理屈なんでしょうか?
是非、丁寧に解説をしていただきたいものです~(>_<。)\ イタタ

おまけになんでかしらんがコーディネーターのおばちゃんは妙に高飛車



「あなたね、婚活市場で自分は不利だという自覚、ある!?」※彼女はバツイチ…不利だそうです…
「あなたが望むような男性はあなたに目をかけない。もっと視野を広げて!」
「生理的にダメという人以外は全て会いましょう。そうしないと結婚できない!」
「40代、50代の男性にも目を広げていきましょう!」




・・・


無理です(/--)/ オテアゲ
snowwhiteは無理ですwww

友人もクラクラした様子

が、そこは逞しい(?)友人
結婚相談所の言い分はわかった
ともかく自分の市場価値を調べるわ!と一気に3社のお見合いサイトに登録
このお見合いサイトも金がかかるシステムなのね~シラナカッタ
一人にメールを送るのに2,000円~3,000円かかるよう
その貴重なメールを送ったにもかかわらず断られたら、そこで終わりだし。。。涙


で、まーその画面を二人で眺め、「あ、この人ええやん」「これはあかん・・・」などとやりとりをしている時、
友人のPCにスカイプが入る

友人と相手のやり取りがわたしにもまる聞こえ状態だったのですが・・・・




これ、また重たい話・・・(хх。)



友人に電話をかけてきた相手のオンナノコは子供を連れて最近、バツイチになった様子
で、まーその離婚と離婚後に絡む重たい話を二人でやりとりしているのですが、
とてつもなく疲れた

聞いているだけで疲れた

離婚の原因など詳細は知らないが、こんなウジウジとひつこい女、友達としてもあかん!!!と思っちゃった

でも、あとで考えると離婚のショックがそれほど大きかったということなのだろうか?

とも思った
友人も離婚の痛みを知っている
それだけに電話の相手の子が泣いても怒っても根気よく付き合っていた
「今はまだ旦那さんに未練があるから難しいのよ・・・」
とのこと
なるほどね・・・


来週はかっての独女仲間とクリスマスパーティ


そこでも多分、婚活の話が出ると思う

女、34才ともなれば、周囲には結婚、離婚、再婚もチラホラ

結婚が幸せばかりでないことは理屈でわかってしまう
おまけに婚活市場に出れば楽しいことばかりでもない
屈辱もあるだろうと思う(話に聞いていると酷い仲人もいるしね・・・)
snowwhiteも30歳の時にお見合いをした→詳しくはこちらの ■ザ・お見合い日記(1) ~きっかけは? へ
その時に言われた言葉を未だに鮮明に覚えている
「女性は年齢があるからね。早く決断を下したほうがいいよ」
とのこと
仰ることごもっとも
でも、大きなお世話よ、とむっとしたな~

それでもコンカツに励むオンナゴコロって切ないな・・・と思った一日なのでした

ベルメゾンネット
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。