All Entries |  Monthly Archives |  Tag Cloud |  New entry |  Up load | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■久しぶりにミニスカ(死語)を履く(//∇//)

ミニスカ(死語)を履く・・・



いやー、勇気いりますなー汗


今日、久しぶりに膝上20cmほどのミニスカを着用




・・・



・・・・・・





何歳まで許されるのでしょうか?( ̄~ ̄;)




・・・



・・・・・・



まーもう生足を見せることはできない

夏にミニスカートを履くことは決して、決して、決してできない!!!

膝&生足を見せたくないからねw

となると、ミニスカ(死語)を履くのはになるのだw

分厚いタイツとレッグウォーマー、毛糸のパ○ツで完全武装した後、




 ミニスカ(死語・・・)にチャレンジ




こんな格好・・・

こんな感じで・・・※上記写真は楽天から引っ張ってきました
ミニスカというよりも膝上20センチのストーンワンピースだったのですが…わたしにとっては頑張ったミニスカなのよ・・・

タイツ、レッグウォーマー、毛糸のパ○ツ効果か意外とあったかいw
+毛糸の帽子も被っていたしね・・・



しかし、どう考えても若い子のファッションだよな・・・


旦那に聞いたら「似合っていたらええんちゃう」とのこと
自分でもそう思う

思うが・・・






似合っていると思っているのは自分だけだったら・・・






Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン

・・・ただのイタイ人

それにしてもたまにスカートを履くとやっぱり気分が変わるもんだわ

実用性とか寒さ対策とか考えてズボンばっかり履いているけれど、スカートを履いて女らしさを取り戻したいもんだわ~とシミジミ
にしても・・・


膝丈より短いミニスカートって何歳まではけますか?
ミニスカートは、何歳まで・・・・?
ミニスカートは20代前半まで?
あなたのイメージで、、女性がミニスカートをはく年齢は何歳以下でしょうか?


世間的には厳しい意見も多いけれど(涙)、履こうと思って履ける(と自分で思い込んでいる間)うちはチョコチョコ履いてみようかな、と思う今日この頃なのでしたw

イタイ人になりませんよーに!!!

IMAGEnet
スポンサーサイト

■謎深きもの、それはママ友の世界・・・

昨日、妹の家に遊びに行った

可愛い盛りの甥二人と遊び、おばちゃんは大満足

妹は20代の半ばに結婚した

snowwhiteが働き、遊び、呑んでいる間に二人の子供を出産し、専業主婦として家庭を守ってきた

彼女を見ていると「よき母」「よき妻」という言葉が浮かぶ



そのことに、結構、コンプレックスが刺激される



未だに我が母はsnowwhiteに向かって「妹を見習いなさい!きちんとやっているでしょう!!」とうるさい、うるさい

ええ、どうせ、わたしは行き当たりばったりがたのマイペース女ですよ・・・
悪かったわね・・・




で、妹
幼い頃から優等生でならしてきた妹
姉のわたしよりもよっぽどお姉ちゃんのような妹
弟もわたしも妹にはひれ伏していた(by怖かったからw)

ま、ともあれ、妹を見ていると、娘として、恋人として、妻として、母として全てをそつなくこなすイメージがあって、ちょっと羨ましく思っていた

snowwhiteはあんまり人間関係を築くのがうまくない
うまくない、というか、面倒くさくて放り投げる、というか、割り切る、というか、もともとうまくやろう、という意識があんまりない
うわべ程度の付き合いでいいわ、と思ってしまうのだ
特に大人になってからは
できるだけ深入りしないことをモットーにしている部分もある
自分が対人関係に関して、うまくないことを分かっているから、あえて意識してそうしている部分があるのだ、と思う


それに引き換え、妹は誰ともうまくやっていく子だと思っていた
恐ろしいイメージがある(?)公園デビューも軽やかにこなし、ママ友軍団ともランチをたしなみ、そりゃもう優雅な主婦ライフを送っていると思っていた
でも、それは表面的なこと
彼女は彼女なりに悩んでいる


昨日、妹の話を聞いて思ったこと

子供が生まれると付き合いの世界も変わってくるのだ、ということ

今までの人間関係は一対一の交渉だった
特に独身時代は
そして、結婚後、snowwhiteに被っているのは旦那だけ
旦那は大人である
ジェットコースーターのように乱落下するsnowwhiteに比べるとはるかに大人のオトコ
旦那の悩みはそりゃまー多少は自分にかかるけれど、基本的には彼は大人としてなんとかして自力で解決する
「旦那のために何とかしなきゃ!」という切羽詰ったもんはない
要するに旦那に関してsnowwhiteの悩みはまー、浅いもんだわw



でも、子供は違う



子供ができると子供の全てが我が事のように感じる

 子供が笑うと親も笑う
 子供がなくと親も泣く

そして、

 子供が悩むと親も悩む

そう

妹の長男はもう悩む年なのだ

そして、その悩みを妹とその旦那は我が事のように受け止め、悩む

子供の気持ちはストレートに親に伝わり、その逆もまたしかり

そこに相手の子供、その母親も絡んでくる

ママと子供の人生はどうしてもクロスオーバーしてくる




傍から聞いていると、別に深刻な悩みではないけれど、子供を介して付き合うママ友の世界の一端を垣間見た感じ




子供同士のトラブル(?)がママ友の世界に跳ね返ってくる
その逆もまたしかり
って感じで考えてしまいました


ところで、ママ友の世界ってどういうもんか分からんけれど、個人的にはちょっとびびる(ものがある)
発言小町を読んでいるとマジでヘトヘトになるもんな~
いつか子供を持つことがあってもママ友の世界には深入りしないでおこうと既に決めている←汗・・・
だって、だって、Googleの検索バーに「ママ友」って入力しただけで下記のプルダウンが表示されるんですよ・・・

ママ友検索

(ノд・。) グスン
あな、恐ろしや
悩んでいる人が多いな・・・
ママ友の世界に限らず、女の世界が怖いものなのかしら・・・?

ママになった友人とは付き合いが疎遠になりがちなんだけれど、皆、色々と悩んでいるのかな~
と一人思いを馳せました


ウィメンズパーク-ベネッセ-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。