All Entries |  Monthly Archives |  Tag Cloud |  New entry |  Up load | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■あれから15年

阪神淡路大震災から15年


わたしにとって震災といえば、阪神淡路大震災である

15年前の日の詳細なんかほとんど覚えていない

でも、この日は違う

15年前の1月17日、わたしは何をしていたのか

はっきりと覚えている



未明のことだった

奈良も震度4か5ほどあったのだろうか?

図太いわたしは目を覚まさなかった

が、母に叩き起こされ、地震が起こったことを知った(汗)

当時、我が家にはアメリカからの留学生がホームスティしていた

彼女は生まれて初めての地震だったという

二人で「わお!そうなんだ~」「これが地震よ、Earthquake!」と辞書を片手に会話した

なんか何気に笑っていて、彼女の初めての貴重な体験を面白がっていた

そして、テレビをつけた

その瞬間、呆然となった



 ・・・これは何?



当時はまだネットがそれほど普及していなかった

わたしたちが手に入れる情報はラジオとテレビであった

そして、テレビは生々しい情報を送ってくる

その日、仕事の関係で大阪に向かっていた父と必死に連絡をとる

電話も通じない

全てが信じられない出来事だった



神戸に友人がいた

彼女の家に何度も電話する

でも通じなかった


そして、当時、アメリカにいた妹はテレビで流れる神戸の惨状に涙した

それは我が家にホームスティしていたオンナノコの親も同じ

国際電話が通じない

テレビの画面から神戸、大阪、淡路島などの惨状を伝えてくる



 で、奈良は?



ようやく電話が通じたとき、安堵したことだろう




・・・




あれから15年


それでも今尚、わたしの記憶にあの震災の記憶は生々しく残っている


最後に犠牲になられた方のご冥福をお祈りしたいと思います


そして、わたしはあの日を忘れない
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。