All Entries |  Monthly Archives |  Tag Cloud |  New entry |  Up load | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■う~ん、いい香り 西寺林スイーツ ~奈良市西寺林町

ならまちをテクテクと散策。

京都に比べると奈良は圧倒的に歩く町です。そんなこたー分かっているさ!!!ってばかりに二人とも完全武装だったのですが、ちょっと疲れ、甘いものを求めて入店、西寺林スイーツ。

紅茶と林檎のタルトを注文。

すると下記の葉が登場。

西寺林スイーツ

それぞれ、葉の香りを堪能後、お気に入りの香りを選びます。

こうやって比べてみると本当にそれぞれの香りの個性が際立ちます。

わたしは下記。友人はエデンの果実。

西寺林スイーツルビーのような林檎

葉はそれぞれ本当に香りが異なります。それを楽しむのもまた一興。基本的に甘い香り、オンナノコ好みの香りと可愛いネーミングが多かったかな~。

西寺林スイーツ紅茶の葉

さてさてお目当ての林檎のタルト。

素朴な味わいです。

林檎の酸味が嫌味でないほど利いており、ほっとします。

歩きつかれた体にほっと染み渡る優しい酸味と甘さのハーモニー。

西寺林スイーツりんごのタルト

紅茶はたっぷり3杯分。

きちんと出したものを提供してくれるので時間が経っても苦くならない美味しさ。

そう、甘い香りそのままの美味しさです。


白を貴重とした店内は落ち着く佇まいを見せています。

またなんといってもお値段の手ごろさ!また来たいな、と素直に思わせてくれる素敵なお店でした。


ならまちのカフェ 西寺林スイーツ

西寺林スイーツ


楽天にも出店されております。

 とても美しくおいしいタルトです。タルト・ポンム(りんごのタルト)

 濃厚な甘さが心地よく遠ざかる醍醐味をお楽しみくださいタルト・シトロン(レモンのタルト)

スポンサーサイト

■小さい、可愛い Nico Style ~奈良市西新屋町

腹が減っていては動けぬ!というわけでまずはランチ。

訪問したのは友人オススメ、小さい、可愛い、Nico Style。 

nico style店内


本当に小さいです!

店内は10席ほどでしょうか。

テーブルが3つ、カウンターで2席ほどといった感じ。

あまりの狭さにびっくりしました。

友人とわたしはメインを分けて季節のランチ(1,050円)を注文しました。

以下、料理の写真がずらり。

nico styleランチ前菜

3種の前菜の一つ。苦手な冬瓜がペロリといけちゃいました。

ヤマトポーク味噌リンゴソテー

友人が頼んだヤマトポーク味噌リンゴソテー。

旬魚の幽庵焼き

わたしが頼んだ旬魚の幽庵焼き。小骨が多くて食べるのに苦労しました・・・。

nico styleランチご飯

nico styleランチそうめんおすまし

全体的に優しいお味。

きっとうちの旦那ならば「うがーっ」と怒り狂うことでしょう、ええ、絶対に。

そういう意味でがっつりといきたい方にはオススメしません。あくまでも小食の女性向き。

ま、ある意味、パンチのない味、といった感じですが、体には優しく、好きな女性は好きなのではないでしょうか。


お野菜の味は本当に美味しかった!

奈良の伝統野菜にこだわっているということですが、葉物は本当に瑞々しく、もっと食べたい!と思ったし、ごぼう、古代米なども普通に美味しかったです。


隣のカップルがカプチーノを注文していましたが、それが可愛かった!多分、それがこの店のウリなのかな?

鹿プチーノとか大仏カプチーノとか名前があるのですが、実際にふわふわの泡のところに鹿さんと大仏さんの顔が描かれています☆ラブリー

詳しくは下記の食べログでチェックを~!



最後に個人的な感想。

接客態度がイマイチ・・・若いオンナノコでした。忙しさにてんてこまいなのかもしれませんが、有無を言わせずお皿を取り下げています。その態度も雑、雑。

一言でいい、「お下げしてよろしいでしょうか」という言葉があってもいいのでは!?と思っちゃいました。最後の精算のときも「おいおい・・・」と思ったし・・・

まー、笑顔は可愛い子でしたが、もう少し接客のなんたるかを学んだほうがいい、とお姉さんは思いました。

和モダンキッチン Nico Style 徒然日記
今、ブログを拝見していて知ったのですが、わたしたちがランチを食べて出た後にズームインの撮影をしていた様子。
ますます混むのでしょうか!?

和モダンキッチン Nico Style





最近のsnowwhiteの美容関連はこちら

 >>>ゆるゆると美人になりたい!

マイワールドに入っております。。。

■初めて、結婚相談所に潜入。

昨日、友人と奈良市へお出かけ。

わたしも彼女も共に奈良生まれの奈良育ち。

奈良の道ならそれなりに互いに知っている。

というわけでちょっとブラブラしているとふいに友人が・・・

「あそこにほら・・・」

見上げると、結婚の二文字が。

「結婚相談所?あそこで相談したの?」

「そうそう」

へぇーと思って「あ、そうなんやー」ぐらいに済ませたのですが・・・友人が言った次の一言。


「あそこに返したい釣書があるのよね・・・」


たちまちキラリーン☆☆☆

ええ、ええ、snowwhite、結婚相談所に足を踏み入れたことがありませんの。

この日、会った友人も含めて何人かが結婚相談所の話をするたんびに、

 「中はどんな感じなの?」
 「何を話しするの?」
 「ええ人いそう?」

などと興味津々。

前もって電話したほうがいいかなーなどという友人を押しとどめ、



「大丈夫。わたしも一緒に行ってあげるから行こうよ!!!」



などと根拠のない断言をし、彼女のあとをおとなしく、いえ、スキップしてついていきましたことよ。



エレベーターの扉が開いた瞬間、結婚相談所の文字が・・・わおー

テンション高く、何故かわたしがドアを開けました。


・・・


・・・・・・


なんか想像と違う。。。

入ってすぐ左手にPCルーム(検索用?)、奥のほうに社員っぽい方々がオフィスとして使っており、その横で半パーテーションの個室がちょこちょこ。

もっと華やかなイメージをしていたけれど、普通のオフィス+派遣の面談室みたいな感じです。

派遣の面接を経験したことがある人なら分かると思いますが、決して都市にある派遣会社じゃない。

奈良とかの地方にある支社で受ける面接って感じです。

オフィス機能が完全に分断しているわけではないから、相談とか面談とかしていてもプライバシー漏れまくりみたいなwww

ちょっとそこに抵抗感を感じましたが、これぐらいさっぱりとしたオフィスのほうが男性とかは着やすいのかしら?とも思いました。



で、相談員の女性。

こちらはわたしの想像通りの女性でしたわwwwww

ええ、どういう想像かはお任せしますとして・・・彼女が言っていることを聞いていると、妙な説得力があるわけですね。


「人数を搾らないと!」

「何百人もあうものじゃない。おおくても何十人の中から選ばないと」

「そのときのあなたの状態によって、結婚に前向きになれるか、なれないかがあるしね」



などなど。

言っていることはケッコーまともだし、そんなにきつくないわ。わたしが常日頃、言っていることと大差はない感じですwww

以前、別の友人に関して■34歳の婚活模様でも書いたけれど、このときの相談員はむっちゃきつい人だったことにびっくりしたもん、わたし。

うん、他人事だからかもしれないけれど、そんなに変なことむちゃなことを言っている感じはなかったです。

彼女がいちいち言っているのを横で聞きながら、「ああー、わたしも相談員やってみたいなー」などと思いましたわwww



特にしつこい勧誘もなく(彼女は正式な会員ではない)、あっさりとした引き際だし。


帰り際、わたしに向って「お友達も是非」とお声掛けをいただきましたことよwww


商魂たくましいというのはこのことを言うのかしら?


ともあれ、人生初の結婚相談所訪問はかようにて終わりました。


帰宅後、旦那に「結婚相談所に行ってん!!!」と報告したら、目を白黒、何故かオタオタされておりましたわwww

これもまた楽しwww



最近のsnowwhiteの美容関連はこちら

 >>>ゆるゆると美人になりたい!

マイワールドに入っております。。。

■初めての結婚相談所。


今日、友人と奈良を散策。

その際、人生で初めて、結婚相談所に足を踏み入れました・・・www

何かがあったわけではないけれど、詳細はまた明日~。

コメントもありがとうございます。

それも明日、返事しまーす。

おやすみなさい。

snowwhite

■機種変

snowwhiteはDOCOMOユーザー。

で、この4月で2000ポイントほど消えるので、携帯の機種変を考えていた。

土日とか旦那と何度か家電量販店やドコモショップを覗いていたが、人が多くて、多くて・・・ザーッと見るだけで終わりました。

で、本日、近くの家電量販店に一人でぶらーりと訪問しましたことよ。

改めて思ったこと。



携帯って高いのね・・・



びっくらこいたわwww

前回、機種変したのがかれこれ4年ほど前のこと。しかもmova→FOMAだったから安かったのよwww

今回はFOMA→FOMAだからべらぼうに高い!!!

となるとスマートフォンよね!

スマートフォンならば、1万ソコソコであるし!!!と意気込んだのですが・・・店員さんと話をしているうちにやっぱりFOMAにしようと思ったわ・・・

彼女、はっきりといってくれた。


「わたしならFOMAにします!」


と。

わたしにはスマートフォンを持つ意味、メリットが分からない、と。

PCはお持ちなんでしょう?携帯でフルブラウザを見ることがありますか?何より、月々の料金を考えると絶対にFOMAをオススメします。スマートフォンはあくまでもセカンドなんですよ、セカンド。と言われました。

今はFOMAにしておいて、で、2年後、もう一度見直して。

その頃にFOMA→スマートフォンにすればいい、と。その頃には新しい料金体系が出てきているかもしれないし・・・。

その方が賢い、と思うと言われました。。。。


あと、今、時期的に機種変はよくない。

携帯が壊れているわけでなければ、6月7月まで待ったほうがよい。

その頃にまた新しい機種が登場し、現在、展示されている携帯が安くなるから、それを待ったほうがいいのでは?

今は前のモデルが一通りはけた段階で、いいのがないのよね~とのことでした・・・

なるほどね~。

それも一理あるわ、と思ったわ。

というわけで電池パックの交換だけドコモショップで依頼して、あとは納得いく値段の携帯が出れば買い換えることにするわ。

携帯に5万も出す趣味はないのよ・・・それだけあるなら、わたしはネットブックでも買うわよ・・・で、スカイプでもつないでそれを携帯代わりに使うわよ・・・

携帯は願わくば3万円以内で・・・当初は2万円以内で考えていた(汗)



ちなみに、皆様、携帯本体にいくらまでお金を出せますか?



あ、ドコモユーザーの方、マイドコモページを開設していますか?

>>>http://www.nttdocomo.co.jp/

snowwhiteは開設しています。

結婚の際に開設したのですが、たまに覗いています。これがケッコー重宝しますよ。

自分の無料通話があとどれだけ残っているとか・・・せっせと確認して携帯から電話をかけるようにしています、たまに。


[追記]
あと、携帯をネットで買うと安い、という話を以前から聞いています。

が、snowwhiteの周囲ではそういった購入をした人がいないんですよね~今日、店員さんとその話もしていたんですけれど、やはり明らかに安いみたいです。

ただ保障の問題とか自分で手続きとか面倒なことも多いみたいですよ・・・とのことでしたが、実際はどうなんでしょうか?

ネットで携帯を買ったことがある方がおられましたら、どうぞご教授のほどを。

■わたし、年をとったのね・・・


はぁー



ため息がこぼれます・・・



再度



はぁー




わたし、年をとったのね・・・





白髪を発見しました

白髪・・・

分かりにくいかもしれませんが、写真の通り・・・



はぁ、今はただ、ただ、もう衝撃のきわみ



はぁ、ゆるゆると白髪対策を考えます・・・

わかめ、食べようっと♪

ひゅるるる~





皆様・・・


白髪対策を絶賛大募集中ですので、よろしく♪



ま、白髪対策はまた落ち着いてから考えるとして・・・


わたし、男の人の白髪はあんまり気にならない

というか、微妙なグレーがかったロマンスグレーという感じでケッコー好きなの

旦那も白髪は普通にあるけれど、気にならない

むしろ、萌え~の対象になるほど

しかし、オンナゴコロとして自分にあるのはいかんのう~

まだ35歳なのに!?とパニックに陥りそうよ・・・幸い、まだ1本しか発見していないので、この段階で頑張って手を打つことを検討することにしよう・・・

ええ、明日から、明日から考えよう

全ては明日からwww




最近のsnowwhiteの美容関連はこちら

 >>>ゆるゆると美人になりたい!

マイワールドに入っております。。。

■わたしたち、年をとったのね・・・

昨日は大学時代の友人と久しぶりに夜ご飯。

梅田に7時待ち合わせ。

店は食べログで探したクチーナイタリアーナ ニョッキ 梅田店。

クチーナイタリアーナ ニョッキ 梅田店

ともあれ、店に到着する。

飲み物と料理を注文して女の会話に花を咲かせる。

いつもと変わらないリズムと楽しさ。

ええ、美味しい料理に美味しいお酒、学生時代からの変わらぬ友人たち。



で、最後の結論。


わたしたち、年をとったのね・・・。


ということに・・・

大学卒業後13年。

まず、わたしがアラフォーに突入したことは友人たちにとっても衝撃だったようで・・・



「ええっ!!


アラフォーって37か38からじゃないの!?」




とわたしとまったく同じことを叫んでおりました・・・

その後、二人で「わたしたちはアラサーよ、アラサー・・・」と必死に言い合っている姿に何やら哀れみ、いえ、最後のあがきが見えたようで何やら切なくなりましたことよ・・・


おほほほ、あなたたちも1年も経たないうちにアラフォーの仲間入りよwww


加えて、やたらと指示語が多くなった・・・

「ほら、あれ、あれ」
「あそこ、あそこ」

更に加えて、知識がかなり曖昧になってきた・・・

「パンチェッタって何?」
「ベーコンじゃないの」
「ええーパンやで、パン」

とコントのような会話を繰り広げておりました・・・

ああ、なんたること・・・

とこれまた愕然(笑)


最大の驚きは・・・


前回、いつ会ったのか誰も正確に覚えていないこと。


老化現象にはちと早すぎるわ・・・

頑張ろう・・・

何を頑張るのか分かりませんが、何かを頑張ろうと思った夜なのでしたwww


久しぶりの女の夜でしたwww

■布ナプキン

あらかじめお断りしておきます。

本日のお話はデリケートな内容になります。

特に男性の方、未知の世界に踏み入れる結果になるかもしれませんので、ここでお引取りを。


ちなみにテーマは布ナプキンです。

赤裸々に女のリズムが入ってきます(?)ので、くれぐれも男性の方、ここでお引取りを~。

興味を持っていただける女性の方だけ、続きをお読みください。

続きを読む

■ブルース・チャトウィン著『どうして僕はこんなところに』


最近、何かのきっかけでチャトウィンの『ソングライン』が別の翻訳者によって再販されたことを知った。

ブルース・チャトウィンの『ソングライン』。

彼の本に初めて触れた日のことをいまだに鮮明に覚えている。

それほど強烈、鮮烈、忘れがたい記憶を残した。

この新しい訳がケッコー評判がよいらしく、アマゾンでは星5つがズラリ。>>>こちら

となるとウズウズ。

とはいえ、簡単に買えるお値段ではないので、ここは指をくわえて眺めておきます(笑)。




で、今、手元にあるのは左記。

「どうして僕はこんなところに」

チャトウィンが「死とせめぎあう日々」に編纂された本。

そこには散漫とした、つかみどころのない、チャトウィンの世界が、うっとりとするような旅と出会い、別れ、眼差しが広がっている。

以下、そでより。

旅を愛し、特異な眼差しで世界を凝視しつづけた永遠の旅人ブルース・チャトウィン。簡潔に研ぎ澄まされていながら、周到に巧まれている彼の言葉は、旅に見出した“奇跡的な何か”を記しつづけた。偉大なる冒険であり、類まれなる紀行作家だった夭逝の天才が、旅の果てにくずおれる前に残した、最初で最後の自選短編集。


わたしがはじめてチャトウィンの本を読んだのは『ソングライン』。

大学時代だった。

ただ、ただもう面白く読んだ本であった。その後、就職し、読書に割く時間が少なくなった頃、ふと立ち寄った本屋で『どうして僕はこんなところに』を発見。

そのとき、わたしはブルース・チャトウィンってこんな顔をしているんだ、と新鮮な気持ちで眺めたことをいまだに記憶している。。。。

綺麗なオトコ。

好みもあるかと思いますが、そう思いました(笑)。事実、彼は素晴らしい美男だったようで、その容貌が彼の人生を容易くも、難しくもした様子。←ちょっと妄想が入っております(汗)。


『どうして僕はこんなところに』

チャトウィンが旅の果てにくずおれる前に残したモノ。

そう、文字通り、我が身の死を覚悟した上で編纂されたモノ。



色々な人と場所、時が出てくる。

もはや歴史になった人。名も知れぬ人。

その曖昧さ、唐突さが面白い。

チャトウィンの簡潔で切り詰めた文章にかかるとたちまち、頭の中に次々とイメージがわいてくる。

個人的にはマドレーヌ・ヴィオネの記述が面白かった。

シャネルについては、昔さぞ苦々しい思いをさせられたに違いない。こんな調子だった。「センスのある人だった……そうね、それは認めなきゃならないわ。でも帽子屋でしょ。つまりね、あの人がわかっていたのは、帽子くらいだってことよ!」
私は別れ際に、カメラマンが来るのは迷惑ではないかと心配して尋ねた。
「迷惑なんてとんでもない。喜んでお会いするわ。ただし、私の頭の中は撮れないわよ……!」


こういうのをフランス女のエスプリというのだろうか。

ここに登場する彼女は粋で、自分に誇りを持つマダムそのもの。


あと、中国に関するところ。武帝に関してここまでまじまじと読んだことがあっただろうか?とちょっと考えさえられた(笑)。

前漢の第7代皇帝武帝は、馬を手に入れることに史上まれにみる執念を燃やした。最果ての地の名もなき王の持つ馬をなんとしても手に入れたいと望み、そのために国家をあわや滅亡の危機にさらした。




正直に告白する。

今、読むと退屈した。

記録の羅列を読んでいるよう。

若い頃のワタシはこの本に感銘をうけ、素晴らしいイマジネーションを喚起させられ、世界を見たい!と思い、海外に旅をした。

でも、今のワタシはこの本から受け取る、鮮やかなイメージで満足している。そして、どこか物足りなさを感じた。

それが大人になったということなのかもしれない。


もう、この本を読んでも「どうしてわたしはこんなところに」と思うことはない。




最近のsnowwhiteの美容関連はこちら

 >>>ゆるゆると美人になりたい!

マイワールドに入っております。。。

■命令する妻、従う夫

最近の口癖



「あれ、取って」


「これ、持っていって」


「それ、どけて」



・・・



・・・・・・



ええ、これがsnowwhiteの口癖のよう(汗)。


Ψ(-◇-)Ψオッホホホッ~






 「・・・最近、命令口調やな~」






と言われちゃいました(汗)

いわゆる、可愛げがなくなったそう・・・滝汗

なくなったというか、少なくなったというか・・・遠い目

要するに「お願い、ダーリン♪うふっ」という雰囲気が消え去り、薄くなり、「それ、これ、あれ」の指示語の簡潔表現になったようす・・・汗

ああ、いかんなーと思いながらも・・・ついつい

でも、親しき仲にも礼儀あり、というし、やっぱり「お願いする」という感覚を忘れちゃいかんと思うのです・・・

言葉に出さなくても態度だけでも可愛げがあればいいんだけれどー(棒読み)

可愛げも消えていったわ・・・



その点、旦那は優しいし、大人だし、そんなに何かを言うことはない

常に冷静で穏やか、わたしにも常に一定のリズムで優しく、優しく接してくださる

一方、snowwhiteはそうはいかない

月のリズムというか、気分のコロコロにあわせて、不機嫌にもなるし、むっつりともするし、それが言葉や態度に結構、遠慮なく現れている様子(汗)

・・・

・・・・・・

ええ、自覚しています

何かにつけちゃー「生理前やねんっ(だから気を使え!)」「やーめーてー!!」「怒るでっ!!!」というのを控えるよう努力しますwww

まー、最近のわたしたちはそんな感じですwww

とはいえ、喧嘩はまだ一度もしたこともありませんことよ、おほほほーっ

ひとえに旦那様が大人だから

ありがとう、いつも耐えてくれて

感謝しています(心の中でだけ)

■奈良へおいでまし。 『奈良 寺あそび、仏像ばなし』

今年は遷都1300年祭
いまだに何が行われるのか良く分かっておりませんが、先日、駅のホームで『平城遷都1300年祭公式ガイドブック版』なるものを入手

平城遷都1300年祭公式ガイドブック

それによると・・・


・・・


・・・・・・


結局、メインイベントはどれなの?と甚だ疑問に思ったが、まー読んでいるだけでそれなりに面白い。

現在、ただっぴろい原っぱだった平城宮跡にいろいろとできてきているそうで、テレビや話では聞いていた。

このガイドブックによると、確かに色々とできているそう。

それは皆様のお目でお確かめあそばせ☆snowwhiteもまだみていないので・・・近々、晴れたら、奈良散策に行こうっと♪テストも終わったし~


『奈良 寺あそび、仏像ばなし』


わたしはまーもともと寺巡りが好きでした。大学時代からあちらこちらを巡っていたものです。

20代の頃は京都にもよく行っていたしね。京都のほうが華やかで洗練されていて、羨ましく思っていた時期もあります。

でも、今は奈良のほうが好きです。

年を重ねるにつれて、この野暮ったさ、田舎くささがある奈良の風情がいいな~と思うわけです。

それに気づかせてくれたモノのひとつに吉田さらささんの『奈良寺あそび、仏像ばなし』があります。


この本を読んだ時に思ったこと。

「わー、奈良県民でよかったなー」

ということ(笑)。

アマゾンでの評価も高いですね。>>>こちら


著者の吉田さらささんは日本で唯一のテラタビスト(寺旅研究家)。

allaboutにも[寺・神社]のページを持っておられます。>>>こちら

ガチガチの専門家が書いた本ではなく、仕事に疲れ、早期リタイアした元キャリアウーマンが癒しを求めて・・・というスタンスで全体の文章を貫いておられます。

どこか“ゆるゆる”とした感じがこの本にはあります。奈良の持つゆるゆる感と重なるのかしら?

でも、上記の本はきちんと細かい所にまで目を滑らせ、書かれています。

奈良に生まれ、奈良で育ち35年。←そうです、いつの間にかアラフォーになりました。皆さん、どうぞ宜しく。

そのsnowwhiteが知らなかったなーということが満載(汗)。

今までぼんやりと訪問し、手をあわせていた場所が吉田さらささんの文章にかかるととても不思議で謎めいた、歴史のある場所に変わるのです。

そして、仏像の眺め方、見分け方もこの本で勉強しました。

我が知識の浅薄さを恥じるばかり><

この本を読んで、女一人、寺巡りもいいもんだ、と思いましたことよ、ええ、本当に。


わたしにとっては普通に奈良公園の中に興福寺はそこにあり、春日大社はそこにあり、東大寺も二月堂もそこにあるものだった。

でも、『奈良寺あそび、仏像ばなし』を読んで、歴史の変遷の中、生き抜いてきたことをただ、ただもうすごいことと思った。

ここで問題。

東大寺南大門にある金剛力士像は鎌倉時代、運慶・快慶によって作られました。
でも、何故、鎌倉時代の傑作が奈良にあるの?
当時は既にもう都ではなくなっていたのに・・・。

答えは本の中にありますが、「へー」とか「ほー」とか歴史の側面を勉強させていただきました。

本当にこの本を読むと、奈良の寺巡りが楽しくなりますよ!


奈良に点在するあちらこちらのお寺・神社が取り上げられています。

大概の方は奈良の北部で帰られると思いますが、snowwhiteのおすすめは長谷寺・室生寺、大神神社ですことよ。いずれもこのブログでも何度か登場しております。

ちょっと鄙びた感じがなんともいえない風情をかもし出しております。

是非、奈良へようこそ!


1300HP.jpg

せんとくんも見慣れるとどうってことないわね~汗

決定した当時は職場のオンナノコたちと非難ゴーゴーだったんだけれど・・・かえって話題になってよかったかも!?

【平城遷都1300年祭】
http://www.1300.jp/
遷都1300年!奈良の旅 特集

■資生堂 『ザ・コラーゲン エンリッチド』を飲む。

先日の日記で書いたように、Blingさんから資生堂の『ザ・コラーゲン エンリッチド』をモニター品としていただきました。

ザ・コラーゲン・エンリッチドリンク当選♪

2009年@COSMEベストコスメ大賞受賞した美容ドリンクでもあります!
 >>>参考までにこちら

@コスメは美容にうるさい女性なら誰しも知っていますよね?美容に関する口コミサイト。
snowwhiteも本当にお世話になっています。
新製品を試すとき、なんかええ商品がないかなーと探すときに重宝するサイト、それが@コスメ

その@コスメで堂々の一位に選出された実力。

ちょっとワクワクしてきます。

だって、snowwhite、この『ザ・コラーゲン エンリッチド』を飲むのは初めてなので・・・


飲む。生む。美人エネルギー。


この『ザ・コラーゲン エンリッチド』の最大のウリはなんといっても下記。

コラーゲンの補給だけでなく『肌自らが、コラーゲンやヒアルロン酸を生み出す力を高める』ということ。

この生み出す力。

コラーゲンは体内に入ると1度分解され、再度、線維芽細胞により生み出されたコラーゲンが肌に吸収されるというメカニズムがあるそうです。

この再度、生み出す力を高める美容成分をリッチに配合しているそう。

ザ・コラーゲン・エンリッチド成分

上記成分表は資生堂のHPより引用。>>>こちら

一日1本を目安に毎日、飲み続けるとお肌に嬉しい効果が!?


飲んだ感想。


飲み始めた時期が生理の始まった頃。

肌のバイオリズムでいうと、これからしばらくは絶頂期ですね♪

ただでさえ(?)調子があがる時期に、普段は飲まない高機能美容ドリンクをあわせると・・・


 ええ感じです。


ええ、嘘偽りなくええ感じです。

snowwhiteが感じたのは肌の潤いそのものよりも、肌の感触がプルンっとあがった感じがするってことかな。

プルンっによって毛穴が目立たなくなった感じ。

普段は内から美のために何かをしているわけではないので、本当にソッコー効果が現れたことを実感します。

また、昨日の日曜日、一日、外に出ていました。

久しぶりに結構、がっちりと化粧をしたし。

でも、朝の外出してから家に戻った5時前までお化粧直しゼロ!ちょっとハンカチで押さえたぐらい。

すごーい!!!

普段は結構、油浮きとか気になってマメになおすほうなんですが、昨日は見た感じも触った感じもいけるかな?と思うと化粧直しをする必要性を感じなかった。

肌が潤いを感じている証なのかな?油浮きも乾燥もまったく感じませんでした。

すげーぜ、『ザ・コラーゲン エンリッチド』!!!今後も楽しみです。あと18本もあるんだしー♪


口当たりは正直、そんなによくもない。でも、飲みにくい!ということもない。外見に騙されて(?)甘いのかなーとか甘い期待をしたけれど・・・

でも、良薬口に苦しというしね~ちょっと独特の風味がお肌を再生させてくれるんだ!と信じたいと思います♪


あなたも試せる。


ここまで読んで「わたしも試したい!」「なんでsnowwhiteばっかりがおいしい思いをしやがって・・・きーっ」と思われた方、大丈夫です!

さすがは資生堂。

大手の面子にかけて、太っ腹なキャンペーンをやってくれています。

ザ・コラーゲン エンリッチドプレゼントアンケート
ドリンク10本セットを100名様にプレゼント


受付が5月7日からということでまだちょっと先なんですが、またこのブログで予告しますので、今はこういうキャンペーンがあるんだわ~ぐらいに思っておいてください☆

■試験が終わった。

今日、試験の日だった。

久しぶりに大学という構内に足を踏み入れる。


大学のキャンパスの雰囲気はさりながら、試験を受けるという雰囲気に心躍らされた。


3時間近く、みっちりと机に釘付けで問題冊子とマークシートに向き合う。


本当に疲れたし、本当に頭を使った。

最近、ほとんど感じたことのない疲れと達成感とちょっぴりの後悔。

実は・・・今回の試験、ほとんど一夜漬けだったからw

昨日の夜、旦那と二人で必死に参考書に向き合ったよ。




試験の合間、「うーん」さっぱり分からない用語の連続に頭がパニックになり、投げやり気味になりそうになる><

でも、最後のほうでまた分かる問題が出てきてほっとする。

帰宅後、速報で答え合わせ。

うん、多分、二人とも通っている。

旦那は余裕で。snowwhiteはかろうじてという感じ(汗)。今までの仕事経験とPC知識が役に立ったわwww

あとはマークシートの記入ミスとかがないことを祈るばかり。



昨夜、二人でパニックになりながら、勉強をしていたのだけれど、結構、楽しかった。

試験後の答えのつき合わせも楽しい。

自分が分かって相手が分からないことを教えるのも楽しい。

まー、ほとんど教えてもらっているのですが・・・汗



今回の試験。

snowwhiteにとっては自分のPCスキルの確認。

旦那にとってはsnowwhiteが受けるなら俺もついでに。という感じ。



今回の結果がどうであれ(万が一落ちていても・・・)、次は秋の上級試験を二人で目指す。

snowwhiteは死ぬ物狂いで頑張る。

旦那もそこそこ頑張る。

そうしないと通らないからwww←当たり前?



昨日の夜、思ったけれど夫婦二人で頑張るって意外と面白いよ。

まー、そんなことを思った今回の試験でした。

正式な結果はもう少し後。

楽しみに待とう♪



最近のsnowwhiteの美容関連はこちら

 >>>ゆるゆると美人になりたい!

マイワールドに入っております。。。

■モニター当選。ザ・コラーゲン・エンリッチド。

今朝、9時前にピンポーンと。

お待ちかね。

ザ・コラーゲン・エンリッチドドリンク当選♪

Blingさんでモニター募集をしていたので応募したら、見事に当選!

とりあえず、20本あります。

一日1本ということなので、20日分、あります☆

最近、あんまりこんな風に贅沢に美容ドリンクを飲んだことがなかったのでむっちゃ嬉しいー!!!

ピンク色の概観がオトメゴコロをアップしてくれます。

しばらく、このモニターに関する記事が続きそうですが、どうぞお付き合いのほどを・・・



これに関連して(?)一時的にコメント欄を復活させます。

状況を見て、また閉じたり、開放したりするかと思いますが、どうぞご理解の程を。

■料理の腕前

最近、料理ネタが続きますが、最近、旦那から言われたこと



 「料理の腕前があがったなー」



ってこと

「あら、そうかしら?うふっ」という喜びと「もともとうまかったんじゃん!?」という怒り(?)が複雑に混ざり合いました

とはいえ、確かに「慣れた」=「要領よくできるようになった」という感じはあります、ええ、確かに

結婚当初もそれなりに料理はできかたもしれんし、工夫ももっといっぱいしていた

今のほうがちゃっちゃって感じで料理をしている

やはり毎日、料理をしていると自分なりの勘やら、要領やら、手際がでてきて、それが料理に反映されているのかなーと思った

毎日やっていることはやっぱり強みになるんですね~

などと思う日々なのでした


にしても、今日、寒ーい

これでまたお野菜の値段が跳ね上がるのかしら・・・

ただでさえ高いのに><

あー、つくづく野菜作りを趣味にしている(?)お父さんがいてよかったなー



最近のsnowwhiteの美容関連はこちら

 >>>ゆるゆると美人になりたい!

マイワールドに入っております。。。

■ばんごはん。 ~キャベツのペペロンチーノ。

お父さん、ありがとー!!!ごはん。

春キャベツのペペロンチーノ。

二玉もらったので、贅沢に一玉の半分を投入!!!

キャベツのペペロンチーノ

今のキャベツは柔らかいね。

瞬く間に小さくなりました。

奥のサラダもサラダアカリとサラダ水菜。byお父さん。

更にスープのお野菜も・・・

お父さんに足を向けて寝ないよ。



密かに新しいブログを運営中。
>>>ゆるゆると美人になりたい!
角質培養実践中。手作りコスメなどなど。

■希望軒のピリカラーメン

大分前の話になりますが・・・

旦那と昼ごはんでラーメンを食べに行きました。

かなり、ご無沙汰、希望軒

希望軒_ピリカラーメン

ピリカラーメン、ごま味噌です。

久しぶりに訪問して「普通でいいですか?」と聞かれて咄嗟に「はい」と言ったらこんな状況に・・・

ちゃんと確認をしてみたら、チャーシューを半分にし、煮卵をつけてくれるそうwww

次はそうしよう!と肉が苦手なsnowwhiteは思ったのであった・・・

ちなみにチャーシューは普通に美味しいようです・・・by旦那談

あ、見た目の割りに辛さはマイルドです ※ちなみにsnowwhiteは辛い食べ物、大好きです。。。



希望軒_炒飯


で、炒飯もかなりご無沙汰

久しぶりに食べるとここの炒飯、こんなにうまかったんだ~と感動しました

また行かなきゃ!!!

希望軒 葛本店





密かに新しいブログを運営中。
>>>ゆるゆると美人になりたい!
角質培養実践中。手作りコスメなどなど。

■せりのおひたし


土曜日、実家に帰り、例によって父の野菜を大量捕獲(笑)


その中にせりがあった


snowwhiteはせりを食べた記憶があんまりなくて・・・汗

料理の仕方も分からんwww


で、断ろうとしたら、旦那が欲しそう

父の野菜は大概、草と食べる野菜の仕分けをしなくてはならない

それも面倒だし・・・と渋っていると、旦那が「俺がやるからさ~」と泣きつく

でも、料理はわたし

初めてのせりを使った料理はこんな感じに・・・


せりのおひたし


レシピはこちらから

かつおだしの甘さとせりの苦味がいい感じです♪

せりってこんな味なんだ~と思うと同時に過去に食べたことがあるな・・・と(汗)

美味しかったです♪

またチャレンジしようっと

ベルメゾンネット

■ばんごはん。 ~マグロのづけとアボカド丼

先日、近鉄百貨店に行き、地下1階の食料品売り場をウロウロ

で、思ったこと。


近鉄百貨店も最近は安いのね~


ってこと。

いや、全体的には高いけれど、安いものは安い。

というわけでアボカド3個298円なり~。


しかもどの色を見ても、熟している、というのがよくわかった。


近所のスーパーは1個128円もとるし、色は怪しいし、実際に1度失敗したし・・・でトラウマになっていたのですが、さすがは百貨店!というところでしょうか。

今のところ、2個食べましたが、外れ無し。

悶絶するうまさなんである。

マグロのヅケとアボカド丼

で、昨日はマグロのアボカド丼。

レシピはこちらから。

はー、幸せ☆

アボカドは色々な食べ方があるんだろうけれど、わたしは基本的にこの食べ方、わさび醤油を用いた食べ方が好きです。

ちなみにアボドですよ、アボドではないですよ~

 『世界一の美女になるダイエット

読んでいないんですけれど(汗)、この本でも取り上げられているみたいですwww

とかように(?)女性には嬉しいアボカド。

濃厚でコクがあり栄養価が高いことから「森のバター」と呼ばれているアボカド。 アボカドに含まれる豊富なビタミンCには、コラーゲンの生成を促しハリ・弾力をアップさせる働きや、美白作用でシミを予防する働きがあります。このためうるおいのある若々しい美肌を保つ効果が期待できます。

またビタミンEには強力な抗酸化作用があり、細胞の老化を防ぎシワを予防する働きがあります。さらに豊富な食物繊維が腸の蠕動運動を活発にすることで、お通じを促し便秘を改善。腸内環境を整えることで、ニキビや肌荒れの予防に最適です。

他にもビタミンB群やβ-カロテン、余分な水分を排出しむくみを予防するカリウム、骨や歯を丈夫にするカルシウム、貧血を予防する鉄分などがバランスよく含まれています。

だそうです。

是非、せっせと食べたいところだけれど、飽きそうだな・・・。



初めて食べたのはいつかもう忘れたけれど、家ではなく、どっか外で食べたと思う。

で、いつの間にか外食の際、アボカドという名前があれば注文するようになり、その濃厚な触感、料理バリエーションの豊かさにトリコに~。

なんとなく、大人の味と思っちゃったの(汗)

ともあれ、大変、美味しかったです♪

残り1個、どう調理しようかな~笑

■春は出会いと別れの季節

お気に入りのブロガーがしばらくブログの更新を休止されるとのこと。



四季大和路



管理人のpeechan様とはブログを通してのお付き合いでした。

毎回、本当に素敵な写真と素敵な文章にいつもうっとりとさせてくれました。


そして、主人がpeechan様の写真の大ファンでした。

もちろん、snowwhiteも大好きでしたが、わたし以上に主人が大ファンでした。



わたしたち夫婦は共に奈良生まれの奈良育ち。

peechan様の写真を二人で眺めながら、「この風景はどこやなー」「この写真はあそこやで」と話をするのがまた楽しみでした。

仕事で疲れた時、主人はいつも四季大和路を訪問していたようです。

わたしよりもpeechan様のブログに詳しく、今回のこの休止のお知らせも仕事中の主人から届いたメールで知りました。




また、いつか再会できる日を楽しみにしています!


peechan様、ブログはそのまま置いといてね!ふっと気になったときに訪問するから!




snowwhite同様、現在、ブログのコメント欄を閉じておられるようなので、トラックバックにてメッセージを送信~!

この思いが届きますように!!!

■ばんごはん。 ~あさりの和風パスタ

今、野菜、高いね~

あほらしくて買う気になれませぬ

ここは是非、実家に野菜をもらいにいかねば!!という決意を新たにするばっかり

もしくは道の駅だね、ええ、道の駅

そっちのほうが格段に安いもん


というわけで、昨日は野菜に食指が動かず・・・

あさりの和風パスタ

あさり♪あさり♪

あさり満載のむっちゃ贅沢な和風パスタ

旦那と先を争うようにして、あさりの身をハグハグ



うまー!!!




ええ、自分で言うのもなんですが、




わたしって天才なのでは!?





と言いたくなる旨さwww

梅の酸味がなんともいえませーん

ああ、ここに大葉があれば・・・と思ったけれど、ま、これはこれでうまいwww

味付けとレシピはテキトー

粉末の和風だしと醤油、みりん、酒、サラダ油、水100ccぐらい(?)の中に砂抜きしたあさりを放り込む

強火でグツグツ

あさりがぱかっと口を開いたら、バターを適当に放り込む←バター醤油の要領かな~

で、最後、茹でたパスタをすばやくからめるー

それだけ



ああ、それにしてもわたしの成長振りときたら!

去年の今頃、■新米主婦、あさりの塩抜きにあたふたであたふたしていたとは!

片腹痛い!!!おほほほーっといいたくなる・・・

とまー大変、満足したよるごはんのでしたwww


ベルメゾンネット

■ばんごはん。 ~筍ご飯と伊勢うどん


昨夜の晩ご飯♪

お義母さん、ありがとー!!!ってな感じ

筍ご飯♪

筍、鶏、あげさん、と材料全てを分けてもらいました(汗)

作ったのはsnowwhiteですがwww

ああー、うまい

春やなーと実感します

伊勢うどん

この伊勢うどんも頂きました(汗)

というか、買ってもらいましたwww

出汁というかタレというか、醤油がついています

それを全部かけると濃そうなので、少し減らしてみました

そうしたら、辛さとか塩っぱさはマシで苦手なはずの伊勢うどんもまーそれなりに食べることができました

昨夜はメニューを考えないで済んで楽チンだったわ


あー、毎日、こんな感じだといいんだけれどwww

さて、今夜の材料の買出しにでかるとするか・・・

■田村明子著『パーフェクトプログラム 日本フィギュアスケート史上最大の挑戦』


田村明子さんの『パーフェクトプログラム』を改めて読みました。

率直に読んで良かったと思います。

選手それぞれの思いと信念、そして、その先に見える『パーフェクトプログラム』

その流れを読んでいると単純に面白い。

個人的にはロシアのペアスケーター、川口悠子のくだりが新鮮で面白かった。

日本を出て、ロシア国籍を取得し、ロシア代表としてバンクーバーに出場した彼女のことを本当に何も知らなかったな、としみじみと実感。



さて、出版社、新潮社のHPから・・・

プロローグ 万華鏡のフィギュアスケート
第一章 スケート強国にっぽん
山田満知子コーチの原点/連盟と強化活動の難しさ
第二章 採点をめぐる水面下の攻防
新採点システムがもたらしたもの/音楽の力

第三章 その道はバンクーバーへ
浅田真央という選手/鈴木明子の復活/安藤美姫、再び五輪の舞台へ/高橋大輔の「パーフェクトプログラム」
第四章 決戦前、欧州にて
タリン欧州選手権、欧州の世界王者たち/国籍を越えて、川口悠子の挑戦

第五章 バンクーバー五輪決戦
川口悠子の新たな決意/男子の熱き戦いの幕開け/男子決戦のとき/五輪で露見した、終わらぬ冷戦/華やかな女子の決勝

エピローグ 戦いを終えて


全体の構成として色分けをしたような感じになっている。

まず青。
バンクーバーにいたるまでのスケート環境の現実と流れ。

緑の部分は日本選手を中心に各選手の『パーフェクトプログラム』へ至るまでの苦難と戦い、そして、彼ら・彼女らの思いとひたむきさが描かれている。

最後、赤はバンクーバーでの決戦を描いている。ここは非常に面白い。
熟練のライターの目から見たオリンピックという舞台とそこで戦う選手、そして、その周囲が非常にドラマティカルに描かれている。
テレビの前で見ている自分では気づかなかったこと、それが田村明子さんの筆によって描かれている。

例えば・・・

・・・(高橋選手のSPの時)
音が低い。咄嗟にそう思った。
パシフィックコロシアムに響いたこの曲は、ベースのリズムがメロディラインより大きく、そして全体的にボリュームが小さくて、音楽に迫力がなかった。P157より抜粋。


・・・(小塚選手のSPの時)
最後のポーズを決めるはずだったビートが、鳴らない。


そう。

色々と勘繰りたくなる。

何故なら・・・

(2003年スケートカナダ大会にて)
「こんなことをされるのならジェーニャ(エフゲニー・プルシェンコを指す)は2度とカナダの大会に出場しません」
エフゲニー・プルシェンコのエージェント、アリ・ザカリアンがそう言って憤慨したことがあった。
(一部略)
「こんなこと」とは、音響だった。プルシェンコが滑走したときき、音楽のボリュームが異常に低かったのだという。
(一部略)
・・・実をいうと、カナダが自国のライバル選手の音楽のボリュームを低めにかけるというのは、かねてからスケート関係者の間で囁かれていた噂だった。P64-P65より抜粋。


だそうです。

この噂が真実か否かは分からないが、色々と考えられる内容である。

ともあれ、今回の大会では選手によってかなりのバラツキがったそう。



また、ジョゼフ・インマンなる人物によるEメール事件。

概要や知識としては知っていたが、この本でより深く理解した、というか、させてもらった。

日本であるわたしには分からない。

北米の『ロシア憎し』の感情。

そんな中、戦ったプルシェンコ・・・

オリンピックの数日後、田村さんの取材に応じたプルシェンコは

「SPの点数を見たときに、ぼくはフリーでどんなに完璧な演技をしても、おそらく勝たせてはもらえないだろうという予感がありました。」


と述べた。

ソルトレイク銀、トリノ金メダリストは良くも悪くもフィギュアスケートの内幕を良く分かっていたのだろう。

そして、彼の言葉通り、プルシェンコは銀メダルに終わった。

これに関連して、ジョニー・ウィアーの得点が何故、低かったのか?などなど。

北米対ロシアでは未だ冷戦が続いているよう。



一方、金メダリストはエヴァン・ライサチェク。

彼の滑りは確かにクリーンで綺麗だった。

まーそれだけという気もするが・・・

で、彼が何故、金メダリストになれたか?

snowwhiteは綺麗に演技をまとめたからかいな?と単純に考えていたのですが、この本によると、「振り付けの勝利」だった様子

新採点方式にのっとった振り付けの勝利

そう身も蓋もなく言われると・・・悲しいけれど、そうなんだーとストンと納得しました・・・

と、かように男子については詳細に事細かに書かれており、「ふんふん」と頷くことが多かった



一方、女子

こっちがフラストレーションの残る結末となった。

しかし、これが今の現実なのだろうか、とほろ苦く思った。

というか、田村さんは男子が好きなんだろうなー笑、とよく分かりましたwww



ま、それを差し引いても、この本は面白かったです。


 『パーフェクトプログラム

bk1では24時間以内発送が可能のよう。

ベルメゾンネット

■伊勢グルメ紀行(?)

今回はお義父さんとお義母さんが一緒

となると、いつものようにペースがとれるわけもなく・・・

数々の写真を撮り忘れています

口には出さないけれど、いちいち料理の写真を撮る嫁を不思議に思っているようだし・・・www

参拝前にたこ棒を食べました

練り物ね、これがまたむっちゃーうまかった~♪写真を撮ればよかったよ、ほんま



では、昼ご飯

おかげ横丁で



当日は大変、混んでおり、たまたま席があいていた店に猪突猛進しました(汗)

で、店の名前とかもう忘れています・・・

ひょいっと飛び込んだ食堂といった趣のお店

観光地にしては、お値段もお手ごろ

てこね寿司

snowwhiteと旦那は念願のてこね寿司

てこね寿司とは、鰹などの赤身の魚を醤油を中心としたタレに漬け込んだ後、寿司飯とあわせて食べる。好みにより、大葉や生姜、海苔などをちらして頂くようです

うーん、美味www

大葉がいいアクセントになっており、さっぱりと食べられます

また付け合せにしょうががあり、それも口直しにまたうまーという感じwww


お義母さんは下記・・・

伊勢うどん

天麩羅がのった伊勢うどん

一口欲しかったけれど、とても言い出せませんでした

snowwhiteは伊勢うどんが正直、苦手><

醤油が濃すぎ!!!と思うばかりで美味しい伊勢うどんに巡りあったことがないの

でも、お義母さんは美味しかったみたいで、帰りにお土産も買っていたし、ついでに我が家の分も買ってくれました(喜)

1度、家でチャレンジをしてみよう♪



伊勢神宮参拝後、パールロード、鳥羽展望台へ

海無し県に住んでいるとやはり、海を見たくなるのwww

で、まー、適当にドライブ後、黒潮市場

1度、ここで丼を食べたいなーと思いながら、一度もチャレンジできていない・・・

今回は牡蠣がお目当て・・・っていうか、いつも牡蠣なんですがwww何か?

牡蠣♪牡蠣♪

牡蠣中身~

当たり前ですが、うまい

醤油すらかかっていない

海の塩が味付けwww

牡蠣。ネギバター焼き

趣をかえて、ネギバター焼き

もう、最高すぎる!!!

はー、幸せwww


ここはお土産屋も併設しています

お土産を買って帰ったのですが、これまたうまい


ああ、伊勢のグルメは尽きることがありませんwww


また行こうっと♪


おかげ横丁
黒潮市場



■春うらら、桜満開の伊勢神宮

フィギュアスケートの話が続いていたので気分転換

満開の桜

昨日、伊勢志摩に行きました

正確には伊勢神宮です

snowwhiteが伊勢神宮に行くのは4回目かな~

一度目は家族と、その後、20代の半ば頃に女友達3人と行った記憶

3度目が・・・わたしと旦那の初デート(笑)

が、後ほど、知ったのですが伊勢神宮はカップルで行くと別れるというジンクスが・・・

とはいえ、別れずに無事に結婚にまでこぎつけたのでお礼参りに行こう!というわたしと旦那

一方、お義母さんは「行ったことがあるのかなー?」とのこと

記憶があやふやではっきりとしない様子なので、一緒に行きますか?という話になりました



というわけで、昨日はわたしたち夫婦、義理の両親と4人で伊勢神宮に向いました

朝の8時半に出発する

行きは下道を通る

今回、snowwhiteは初めての道

166号線を通り、高見山を眺めながらゆっくりと~

道中ののどかな田舎の風情もさりことながら、桜のたなびく様がなんともいえず・・・

天気もよかったし、本当にのんびりとドライブ~って感じ

それにしても義理の両親、道中、ずーっとハイテンションでしゃべりっぱなし(笑)

思っていたよりも(?)楽しいドライブでした


11時ごろ、伊勢神宮(内宮)に到着

駐車場から伊勢神宮に向う道中

桜も満開だからか、駐車場は素晴らしい混み具合です・・・

今までここまで混んでいるのは初めて見たwww

満開の桜2

宇治橋を渡って・・・

第一鳥居

第一鳥居

この第一鳥居をくぐり、しばらく歩くと、右手に五十鈴川御手洗場が見えてきます

五十鈴川

ここで手を清めて、あとはひたすら本殿というか、御正宮(ごしょぐう)に向って歩きます

伊勢神宮内部

伊勢神宮木々


確実に1000年以上の歴史を有する伊勢神宮にある木々の幹はたくましく、葉の色のは濃い

素晴らしい自然が残っていることを実感する

それにしても、今まで空いている時期しか訪問をしたことがなかったので、この混み具合には辟易・・・

また時期を改めて来よう!と思いましたwww


伊勢神宮で見た鶏

綺麗なにわとりがいたりします

伊勢神宮ではにわとりは神様の使いだそうです

古代は”暁を告げ闇を払う鳥”ということで太陽に関係ある霊鳥として尊ばれていました

ちなみに伊勢神宮の祭神である、天照大神は太陽神です



最後、第一鳥居の横に子安神社がありました

地図によると、木華開那姫命(このはなさくやひめのみこと)をおまつりされており、縁結び、安産、子育ての信仰があるそうです

わたしと旦那が向ったとき、3人の若いオンナノコが真剣にお祈りしていました

縁結び効果があるといいねーとしみじみ


次はおかげ横丁でランチ♪

■田村明子著『パーフェクトプログラム 日本フィギュアスケート史上最大の挑戦』

田村明子著『パーフェクトプログラム 日本フィギュアスケート史上最大の挑戦』

フィギュアスケートファンならお馴染み、田村明子さんの新作『パーフェクトプログラム 日本フィギュアスケート史上最大の挑戦』

今、確認をしたら、アマゾン、楽天両方とも在庫がないようですね・・・><

3月30日に発売されたはずなんですが・・・早いっ!!!

驚きです

それほどフィギュアスケートに対し、何らかの強い思いを持っている人が多いんでしょうね~



まだきちんと読めていない


ざっと読んだ感想


 クラクラする(笑)


個人の主観が入った採点競技である以上、生じる諸々のことと不可解なこと、そして嫌なこと

あと、Numberを読んでいる人には重複する箇所があるかも?と書かれていたブログがありましたが、確かにかぶっている・・・?でも、記憶力の悪いsnowwhiteにはノープロブレム(汗)


まー、もう少し読み込んでから感想を書きますが、正直、「おおー」と思う部分と物足りない部分がある


とはいえ、考えさせられる本であり、読んで損はない、と思います


ベルメゾンネット

■検索キーワードを見て・・・フィギュアに関する思い

昨日の訪問者数が550人を超えました

トータルアクセスでは900を超えています。

いつもなら200人から300人しか訪問しないこのブログに・・・ちと恐ろしいわwww

ちなみに4月1日にアップした記事はこちら → ■審判の公平性はどこにある?

4月1日の検索キーワードは下記

4月1日検索キーワード

上位4位までが実にフィギュア選手の名前・・・

そんなに使ったっけ?と思って改めて、4月1日にアップした記事をマジマジと読んだ

まー確かに一部、使っていますね・・・



snowwhiteはフィギュアスケートが大好きです

ペアのユニゾンや迫力ある技やアイスダンスの優美さ、エレガントさ、セクシーさももちろん、好きです

が、何よりも愛しているのはシングルです


snowwhiteが10代だった頃、伊藤みどりの全盛期でした

彼女への憧れ、尊敬の念がフィギュアに対しての関心を向かわせました

祈るように見つめたアルベールビル五輪が未だに記憶に残っています

それから佐藤由香、荒川静香、村主章枝、安藤美姫、そして、浅田真央・・・

男子では本田武史が大好きでした(高橋大輔も織田くんも小塚くんももちろん、好きです☆)

もちろん、海外の選手でも好きな人はたくさんいます


今でも鮮烈に覚えているのは日本で開催された長野五輪でのタラ・リピンスキーvsミッシェル・クワンというアメリカ勢の戦い

そして、当時15歳だったタラ・リピンスキーの踊りにわくわくしたことも覚えています

クワンの大人の情感漂う演技とリピンスキーの若さ爆発のはじけるような演技

本当に魅了された戦いでした

ちなみに、男子はなんといってもキャンデロロ!

ニコ動、お茶の間実況中継で今尚、活躍されており(?)、笑わせてもらっていますwww



氷上の上で舞う彼女、彼らの演技が本当に好きです



でも、


今回の世界選手権における点数にはクラクラしました。


何度でも書きます


見た目的には完璧でクリーンな演技で終えた浅田真央とガタガタだったキム・ヨナの点数と順位の不思議さ


それが納得できない



素人のわたしが見ても分からない、何かがあるのでしょうね、きっと・・・

そう思わないと納得のできない点数と順位です



ともあれ、今シーズンは終わりました!

選手の皆様、お疲れ様です



最後に下記、田村明子さんの『パーフェクトプログラム』が発売されましたよ

 『パーフェクトプログラム

例によって、アマゾンで書評だけをチェックして、楽天で購入(汗)

>>>アマゾンでの書評

売り切れが予想されますので(多分・・・)、興味のある人は早めに~

読み終えたら、また感想をアップします☆

■審判の公平性はどこにある?

フィギュアスケート世界選手権、終わり、結構、ボーっとしています。

色々と思うところがありすぎてね・・・

そんな所にタイムリーなブログ記事が・・・

フィギュアファンにはお馴染み(?)、やっちママさんのブログからの転用です。

快く了解してくださり、やっちママさんに感謝です。

 >>>元はこちら、やっちママのなんとなく・・・

バンクーバーオリンピックのフィギュア競技でジャッジを務めたパトリック・アイベンスという方のインタビュー記事とのこと。

ジャッジに関することが結構赤裸々に語られています。

非常に長い記事ですが、興味のある方は是非、どうぞ!

"完全に公正な審判は、全体の10%だけだろう"
オリンピックレベル・フィギュアスケート審判:パトリック・アイベンス

Tony Wheeler: こんにちは、パトリック。私の質問にお答え下さる時間を取って頂いてありがとうございます。 まず、あなた自身のフィギュアスケートの経歴とこのスポーツに関わって何年経つのか教えていただけますか?

Patrick Ibens:今年でフィギュアスケートに関わって40年になります。五歳の時にスケートを始めて、十八歳で背中を痛めた時まで続けました。ここベルギーには他の男子スケーターがたった数人しかいませんでした。Eric Kroll, Tom Dujardin, Carl Dujardin, Hendrick Sassen,Danny Dillen, Patrick Van Reethそして私。Eric Krollがユーロでなんとか24位になったことが私が選手時代のベルギー選手が成し遂げた一番の成功だったのです!

TW: 長年に渡って、どんな国際大会の審判を務められたのですか?

PI: いくつかのユーロ、四大陸、世界選手権に加えて、ジュニアおよびシニアのグランプリを。同時に2006年のトリノと2010年のバンクーバーの二つのオリンピックにおいて男子競技の審判を務めました。残念な事にバンクーバーで私が担当したのはショートプログラムだけでしたが。(注:現在ショートとフリーで審判団が変更される。ショートプログラムの9人の内 5人の審判が無作為に選ばれてフリーの審判を務めるが、Ibensは選ばれなかった。)

TW: 全4部門で審判をされるのですか?

PI: 私が審判をするのはシングルとペアだけです。アイスダンスは私向きじゃありません。私は"ホンモノの審判"ですから。

TW: というと?

PI: フィギュアスケートの内輪の冗談ですよ。アイスダンスでは、誰もがジャッジする前から結果を知っているにも関わらず、審判たちは朝の5時から夜遅くまで全てのセッションが終わるまでじっと座っている、ってね。

TW: それじゃあ一体誰がアイスダンスの結果を決定しているんですか?

PI: おおかたは、以前に行われた競技の結果と、あなたの出身のお国(アメリカ)が決めてるんですよ。それからまぁ時には、スケーティングの質も関わってくるでしょうね。しかし、それに関しては私の分野ではありませんので。

TW: 2002年ソルトレイクシティ・オリンピックのペア部門で、あるフランス人審判が、所属するフランスの連盟のプレッシャーを受けて特定の投票行動をした事を認めたスキャンダル以来、ジャッジングはより公正になったのか不公正になったのか、あなたはどう思われますか?

PI: 全く以前と同じだと思いますよ!どんなシステムを使っていようと、人間は常にいかさまの方法を見つけ出すでしょう。それだからこそ私はバンクーバーの男子シングル・ショートプログラムのような、素晴らしい審判団が組まれたことが嬉しいのです。そこに議論の余地はありません!

TW: 何パーセントのジャッジが完全に公正であると(あったと)思われますか?

PI: 完全に公正?10%くらいでしょうね。

TW: ええっ、そんなに低いのですか?その理由は?

PI: ええ、理由は色々ですが。現在匿名性が採用されているのにもかかわらず、いまだにジャッジは自分の所属している連盟を恐れて、(国家というバイアスがかかった状態で)自国選手をランキングが近い他国選手から守り、有力選手をプッシュします。ジャッジは権力の回廊から外れることを恐れ、審判役として招聘されるために、ある国の選手を推そうとする。そうでなければ、自分たちがなにをしでかしているのかまったく分かっていないか、ですよ!

TW: 個人的にかつて他の審判や連盟から一選手の得点を高くしたり低くしたりしてくれと依頼されたことはありますか?

PI: 一度だけ。でも高いレベルの大会ではありませんでした。実は、ユーロ大会に出場するために勝つ必要のある選手がいたある国の国際大会で起きた事です。その時でさえ、私は言いなりにはなりませんでした。結果として、私は二度とその国には招かれませんでしたけれどね!

TW: 審判を引退した時に、公に自由に意見を述べることは許されているのですか?

PI: 私が審判した場合は自由に話しています。開催中の大会についてその審判が話すことは規則に反しますが、大会後のレビューミーティングが終了すれば、望まれれば誰にでも見たことは何でもコメントすることが出来ます。私たちは自由な世界に生きているんですからね!

TW: 長年審判をされて来て、あなたの好きな選手は誰ですか?

PI: う~ん、それは難しい質問だ!ミシェル・クワン,マイケル・ウェス,ジェフリー・バトル,アレクセイ・ヤグディン,ジェイミー・サレー&デイヴィット・ペルティエです。近年ではアリョーナ・サフチェンコ&ロビン・ゾルコビー,パトリック・チャン,フローラン・アモディオ,デニス・テン,ハビエル・フェルナンデス,ヤニック・ポンセロそれとジョアニー・ロシェットですね。

TW: もしそれらの特定の選手をジャッジするとしたら、ジャッジし難いと思うでしょうか、それとも出来る限りより厳しく見ようとするでしょうか?

PI: 正直に言って、彼らをジャッジすることに何も厄介な事はありませんでした。何故ならば、私は彼らのことを個人的に知っているし、彼らも私を知っています。彼らに何か私に聞きたいことがあれば、正確な答えを私は彼らに与えるし、私に出来る事ならば彼らを助ける、と彼らは分かっています。しかしながら、私が審判になった時には、全ての個人的な関係は消滅して彼らはジャッジすべき選手となり、 演技に見合った得点を受けるでしょう。良かろうと、悪かろうとね!審判として人としてより一層の尊敬を受けるには、そうする以外無いでしょうね。

TW: あなたが審判をした中で、一番のシングルの演技はどれですか?

PI: '99スケートアメリカでのサレー&ペルティエの“Love Story”です。ジャッジしながら、涙が出ました。

TW: ではジャッジングそのものに関するいくつかの疑問を質問させてください。2003年秋の国際大会中に新採点に移行した際、審判たちはどの様なトレーニングをした/受けましたか?

PI: ISUセミナーを受けましたし、今でも受けています。最新のルールと古いルールの変更と同時にジャッジする際に求められる事が説明されます。それには見て直ぐ分かるエラーと分かり難いエラー、ダウングレード、つなぎ、シングルのショートプログラムの要素であるソロジャンプに入る時の入り方などに加えてそのほか多くの事柄が含まれます。同時に、SPとLPの違い、構成要素をジャッジする際に求められる事も説明されます。もっとも、ルール変更を読んでおくのは各国連盟と審判達の負うべき責任ではありますが。ルールはISUのウェブサイトで誰でも自由に閲覧できます。あらゆる競技会において、審判は最初に総則を読み返す会合を持ちます。全てに競技の前一時間、私たちは再び全てのルールとプログラムの構成要素の基本を読み返すのです。

TW: シングルとペアの5つのプログラム構成要素の、あなたの定義を手短に述べて頂けますか?実際上の定義を諳んじておられるのでしたら遠慮なくそれを生かして下さい。ただし、カンニングするのならむしろあなたご自身の言葉に置き換えてお聞かせくださるようお願いします!(注:引用文を彼は元の文章から変更することなく即座に答えた。彼が答えを考えることに時間をかけず、即座に定義を答えたことの方が私にとってはより興味深いことに思える。)

PI: (以下、アイベンスの答えたこと)

スケーティングスキル
1. よどみない、見事な滑りと、エッジの深いステップとターン
2. 多様なスピードと加速度
3. 他方向のスケーティング

つなぎ
技から技へ移行する際の動きがあること、そしてそこに多様さがあること。いつも同じ動きであってはいけない。例えば、ステファン・ランビエルのFS。彼はつなぎの際にいつも同じ上半身の動きをする。他にもたくさん動きを持っているというのに、だ。

パフォーマンス/仕上がり
1.『私は~/私は~になる』という感覚を抱かせる選手
2. パーソナリティー(競技を見た5分後にその選手のパフォーマンスを思い出せないようなら・・・彼らにはパーソナリティーがないということだ)
3. 表現
a) 審判席や観客席に飛び込んでくるかのようなジャンプ
b) 自分の世界に観客を引きずり込む
4. それぞれの動作の質の高さ。各動作は、途中で切れぎれになるのではなく、一つ前の動作の終わりに始まるべきだ。

振り付け
1. 美しい振り付けのある良いプログラム、そしてプログラムを通して良いレイアウトであること。
2. 良い選曲

解釈
1. 選手が旋律にきちんと乗っているか。
2. 音楽が盛上がったら動作も上がっているか、そして盛り下がったら動作も下がっているかどうか。
3. スケーターがキャラクターになりきっているか。
4. ただ技術を披露するのではなく、スケーターがきちんと音楽を解釈しているかどうか。


TW: あなたの定義を基準にすると、あなたが審判を務めた今季の男子競技のなかで、どの選手が一番優れていたと思いますか?

PI: スケーティングスキルでは高橋。つなぎと振り付けではチャン。パフォーマンスではライサチェク。解釈ではアボット。

TW: ライサチェク対プルシェンコですが、2人それぞれの長所と短所について、個人的にどう思われますか?

PI: プルシェンコは自分にとても自信があり、また自分のやっていることに信念を持っていますね。彼の短所は、彼がまだ6.0採点システムを捨てきれておらず、一つ一つの動作の重要さを計算できていないところですね。しかし、それが今のやり方だから。ライサチェクはファイターであり、頑張り屋です。いつか、『あぁ、この子には絶対無理だ。素質がないな』と思ったことを覚えています。それを考えると、自分にできるベストを尽くすという彼の情熱が勝ったと言えますね。彼の短所?なんだろうな。多分、トリプルアクセルの踏切りをするときのズルでしょうね。時々、彼は踏切り時のスキッド(あるいは前回転)に半回転以上かけるので、言うなればトリプルサルコーになっているのです。彼について言える問題はそれくらいですが、まぁ大した問題ではありません。いつも起こるわけではないですから。

TW: プルシェンコ自身を含め、たくさんの人から、『両プログラムで4回転ジャンプ(トゥループ)を決めたにも関わらず、それに値する評価がされなかった』と非難の声が上がっています。前述のコメントで、あなたはプルシェンコが『全体図を見ていない』とおっしゃいましたが、これについてはどう思いますか?また、この新システムについてのあなたの意見は?

PI: 彼は4回転トゥループを試みたこと、そして着地したことについては、それに値する評価を受けましたよ。しかし同時に、それらのジャンプの着地の悪さで得点も失いました。しかし、1位と2位を分けるのが4回転ジャンプだけだと言うなら、スウェーデンも文句を言い出すでしょうね。なぜなら、スウェーデンの選手エイドリアン・シュルタイスはあの夜最高の4回転トゥループを決めたにも関わらず、5位にも入らなかったんですからね!(シュルタイスはFSで13位だった)一方、たいがいの言語で、"フィギュアスケート"には"アート"という言葉が入っているのですから、やはり、ただ氷の上で飛び回る以上の何かが求められるのです。カタリナ・ビットがカルメンで勝ったのを覚えていますか?他の選手が様々なジャンプを決めていたにも関わらず、彼女はトゥループとサルコーの2つのトリプルだけでしたが、彼女はまさに氷上のアーティストでしたよ!

TW: ではあなたは6.0システムよりこの新システムがお好きということですか?詳しく教えてください。

PI:う~ん、複雑な心境ですね。どちらにも良い部分と悪い部分がありますから。新システムの良い部分は、選手たちがようやくフットステップに力を入れなければならなくなったことです。きれいなエッジ、などなど。それから、先ほども言ったように、ただ難しいジャンプだけでなく、全ての動作を評価されるようになったことですね!悪い部分は、全ての要素が似通ってしまったこと。特にスピンとステップです。それから、独創性にかける時間が減ってしまいました。

この新しいシステムで嫌いなのは、あまり能のない審判たちを助けるために作られているところです。優れた審判たちは、ただ平均点をつけるのではなく、審判自身に対する査定を受けるリスクを負ってまで、各コンポーネントを別個にきちんと判定し、選手が受けるべき評価をきちんと下そうとしています。能無しの審判は、点数を適当に推測したり平均点をつけるのです!しかし、コンポーネントの間で大きな票幅を持ちたい者は、のけ者にされたりするんです。たとえば、国際選手権で、最初の3グループを判定する際、5.50から7.00の間をつければ安全なんです。そして最後のグループが滑るときには、7.00から8.50の間をつければ、その人はまた安全、というわけなんです!
そしてまた、ある意味でこのシステムは世界的スポーツをスポーツの域から外してしまったとも言えます!二人のブライアンの戦いを覚えていますか?ボイタノがプログラムの最後で2つめのトリプルアクセルを加えて、結果、金メダルを取りました。しかし今日のスケーターたちが同じように何か技を追加しても、追加のポイントを得る事はできません。意味などないのです。決められるジャンプとスピンの数が限られているのですから。

TW: プルシェンコの話に戻りましょう。プルシェンコが彼と彼のライバル選手(ブライアン・ジュベール)が『つなぎを全く』行わなかったのはジャンプに集中しすぎたせいだ、と明確にコメントした際には、大きな議論が巻き起こりました。この時あなたは大会後にこの件に関して行われたプレスカンファレンスに出席されていましたか?

PI: いや、私はユーロには行かなかった。だけどこの件については何もかも聞いたよ!

TW: 彼のコメントについてどう思います?

PI: バカげたことだと思うが、プルシェンコはブロンドだったよね?(ブロンドは概して脳みそがないという欧米のジョーク)彼の言いたかったことはわかるけど、そのコメントで彼はジュベールの格をも引き下げてしまったね。あり得ないよ!私はジュベールのファンなわけではないが、ライバル選手をネガティブなスポットライトに引きずり出すことは、アスリートとして一番してはならないことだと思うね。

TW: フランスのメディアで報道された、ジョセフ・インマン氏が送ったとされるプルシェンコの採点を妨害する旨のEメールを、あなたも彼から直接受け取りましたか?そうだとしたら、バンクーバーの男子競技の審査のされ方に何らかの影響があったと思いますか?あなた個人の判定には、影響がありましたか?

PI: ええ、そのEメールは受け取りましたが、私を知る誰もが、私がそんなものに影響されることはないと知っています。このインマンのEメールと同じようなメールは以前にも一度送られてきたことがあります。冒頭で言った通り、私は本物の審判ですから、自分の意志を決めるのに誰のEメールもコメントもいりません!自分でちゃんと出来ますからね。誰を審査するんであれ、私は自分の見たものを審査します!

TW: あなたはショートプログラムの審査をされましたね。プルシェンコとライサチェクのショート演技はどう思われましたか?また、トップの3人の差は、ショートにおいては1点差以下だったことを考えると、高橋大輔はどう採点されました?このショートの採点が良くも悪くもメダルの結果に響いたか、結果があなたの判定と大きく違っていた者がいましたか?

PI: ショート演技を観終わってすぐ、私にはトップ3が1点差以下の差しかないということがわかっていました。審判団が良い仕事をした、ということもね!ショートの時、あの3人はそれぞれ違う理由で同じくらいに良かった。私の個人的な意見をいうと、ショートでは高橋が勝ったと思ったが、今はどんなことでもあり得るからね。レベルと評価下げにおいては、私たち審判はテクニカルパネルがどんな決定を下すか知る事ができないからね。それに、審判は自分が前に下した得点を見ることができないから、うっかり別の選手に高い得点を下すこともあり得る。まぁ、優れた審判であれば、打開策も知っているがね。

TW: その最後のところを詳しく教えてくださいよ。

PI: もし私が、そうだな、選手Aに7.25をつけたとする。そして選手Bが10人後に滑ったとして、彼の方が上だと思ったのに7.00をつけてしまったとしたら、私は間違った選手に1位をあげてしまったことになる。だが、優れた審判なら、最初に滑った選手の演技の得点の合計を出す。平均合計点7.00と言っておこうか。そして、それを覚えておいて、次の選手の時も同様の基準で採点する。演技が全要素において優れていれば、あなたの基本平均点数は7.00より高くなる。

TW: しかしこのシステムは選手対選手の比較採点ではなく10ポイントスケールの採点なわけでしょう。それなのにこういうことが起こるということは、様々な面を一度に見なければならないからでしょうか?

PI: イエスでありノーだと言える。さっきも言った通り、フィギュアスケートはスポーツの域から外れてしまった。比較以外に結果を出すことは出来ないんだよ。スピードスケートなら時計があるが、技術と芸術面の採点はない。速ければいいんだからね!競技を10ポイントスケールで採点するなんて、土台無理なことだ。

TW: あなた、もしくは審判たちの多くは、演技での選手たちの能力を先読みするために、ランスルーや練習を観るのですか?

PI: 個人的な話をすれば、私は自分の仕事にフォーカスできるように、自分のムードを正しい方向に持っていくために、練習をひとつ見るようにしている。特に細かい部分を注視することはない。どうせ、彼らは競技のストレスの中では違った動きをするからね!審判のなかには全ての練習を観に行く人もいる。どうしてかは知らないけどね。私は練習中には細部を気にして見ないから、本番の演技のイメージはとくに湧かないね。

TW: あなたは演技がフェアに判定されていると思いますか、あるいはただ形ばかりの物だと思いますか?あなたは先ほど、このシステムは結局、基本的に選手と選手を比較するだけに使われているとおっしゃいましたが。

PI: 演技がフェアに判定されているとは思わないが、形ばかりのものだと思うからではない。審判たちのなかに、芸術的バックグラウンドに欠けている者がいるということ以上に、馬鹿げた平均点の安全圏にぬくぬくと浸かっている者たちがいるということだ。

TW: では、あなたは、競技後の査定でこの先の審判に招致されないかもしれないリスクを恐れる審判たちが、全5要素に似通った採点をし、審判『温室』に籠っている、と思われるわけですね?

PI: まさにその通りです!!

TW: オリンピック男子競技の王者は誰であるべきだったと思いますか?その理由は?

PI: 私としては高橋であるべきだったと思うね。彼は全てを持ち合わせているよ!スケーティングスキル、カリスマ、そしてテクニック。彼がジャンプに問題があり、一度転んでしまったことは残念だった。

TW: わかりました、彼は彼のベストを出せませんでしたから・・・ではライサチェクとプルシェンコではどちら?!

PI: 高橋!

TW: どうやらこの質問には答えてもらえないようですね。

PI: あぁ、ライサチェク!その2人のどちらかと聞くなら、迷いはないね。だがあの夜の全分野のスケート王者に関していうなら・・・高橋だ。

TW: バンクーバー中、他の競技は観ましたか?2014年ソチ大会にむけて、次の4年間で注目したいのは誰ですか?

PI: 唯一観たのはペアの演技と男子のFSした。審判を務めなかったからね。注目すべきなのは、パトリック・チャン、デニス・テンとフローラン・アモディオ。ハビエル・フェルナンデスも忘れちゃいけないね。

TW: 審判をお辞めになったあなたの今後の予定は?

PI: まだ決めていませんが、国内外のスケート選手たちにアドバイスを与えていきたいですね。それから、新米審判たちのために、新しく審判を始めるにあたってどんなことに気をつければいいか、などのマニュアルを作りました。100ページ以上あり、審査のありとあらゆる側面を網羅しています。また、来たる世界選手権のベルギーテレビのコメンテーターを務める予定です。

TW: ありがとうございました!


読み終えた後、率直な感想。

クラクラします。

フィギュアの審判の公平性は以前からとやかく言われていましたが、それでもこうあからさまに言われるとクラクラするしかありません。

そして、審判基準の曖昧さときたら!

もやもやが生まれるのもいたしかたないのでしょうか?


世界選手権女子フリーの点数の摩訶不思議さ

見た目的には完璧でクリーンな演技で終えた浅田真央とガタガタだったキム・ヨナの点数と順位の不思議さ

もう何も言えないわ、とため息、ため息、ため息、ため息


ともあれ、真央ちゃんは金メダルを獲得

2回目の世界女王となったわけであり、その喜びは感慨深い


来年は東京で開かれる、とのこと

3度目の世界女王なるか、と今から楽しみです


 >>>上記引用の元はこちら、やっちママのなんとなく・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。