All Entries |  Monthly Archives |  Tag Cloud |  New entry |  Up load | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイスティックの7原則

普段の日常生活の会話において気をつけていることってありますか?
まぁ、大人となればそれなりに気を使って会話をしているものですよね~
以前に言われた最高の褒め言葉(?)は頭の回転が早そうってこと(笑)
ほほーっ
隠し切れない知性が会話のあちらこちらから滲み出ているってことですよね
さすが、わたし(汗)
と言っても一度しか言われていないのですが…
しかも言った相手は見合い相手ではのう…それはおそらく営業用に作ったわたしですな(大汗)
普段のわたしがよく言われるのは天然?ってところです
天然…コレは本当によく言われる
今では開き直って認めます
そうです、わたしは天然です!
漫才でツッコミはできません、ボケ専科です(汗)
で、彼もボケです、二人でゆるーくボケて会話しています…誰か突っ込んでください…

ま、ともあれ、会話の中で意識すること
それはバイスティックの7原則です
わたしのバイブル
会話はキャッチボールとかテンポとかリズムとか言われますが、まぁ、その通りなんですが、それを達成するためにどうするか?
それがわたしにとってはバイスティックの7原則です
福祉や介護、心理学などを勉強している子は皆、知っているのかな~
ま、要するに援助者と被援助者のあり方というか、関わり方を説いているのですが、これがなかなか日常生活にも応用がきいて便利
わたしゃ、この会話術で大人社会を乗り切っているといっても過言ではありません(笑)

さて、バイスティックの7原則とは…
①個別化の原則
②意図的な感情表出の原則
③制御された情緒関与の原則
④非審判的態度の原則
⑤自己決定の原則
⑥秘密保持の原則
⑦専門的援助関係の原則
を指します
個々の細かい技術の解説はこちらに任せるとしまして…
非常に乱暴な言い方をすると、ま、要するにはいかにして会話相手にわたしは「あなたを受け入れていますよ。わたしはあなたの話を聞いていますよ」ということをアピールしつつ、自己の主張をさり気なくアピールするという会話術です(笑)
当然、面接の練習(勉強?)などもするわけですが、まぁその時に周囲の仲間に色々と言われるわけですよ(笑)
「もう少しゆっくりと会話したほうがいい」
「足を組んでいると攻撃的に見える」
「身振りが大げさだ」
などなど
あんまり冷静とはいえないわたしゃ、この面接が苦手でした(爆)
感情的ゆえに、特に③の統制された情緒的関与ってどうするわけよ~と常に悩みの種でしたのう
ま、その後、わたしの進路は大きく変わり、
マスコミ業界へ就職したので大して約にたたなかった…といえず、一時期、本当にこれを重宝しました
いかにして上司やら取引先、取材先の話を聞くかというときにこのバイスティックの7原則を思い出して、
相手の顔をしかっと眺めて、適度に(過剰に?)頷いて、ありがままに受け入れて…と繰り返しておりました
なかなか役に立ちました

さて、会話の難しさは言葉の些細な行き違いだと思う
メール文やブログの文章になるとますますそれが顕著になる
言葉って些細なことのように思えても本当に大きな重要な意味をはらんでいるから怖くも楽しい
自分ではそんなつもりはなくとも、相手にとっては傷つく言葉であったり、悲しい言葉であったり、怒る言葉であったり、喜ぶ言葉であったり…と色々想定される
それが分かるときと分からないときがあって難しい
最近のわたしはかなり天然な自分のままに生きているけれど、
久方ぶりにこの原則を思い出す機会があり、何やら色々と思いました
この原則の通りに周囲の人間関係と関係を築けば、問題はないのかもしれないけれど、やはりどこか突き放した感じがあるんだよな、と
まぁ巧く言えないのですが、会話の難しさってありますよね~


ランキングに参加しています♪ポチッとよろしく☆
FC2ブログランキング ブログランキング


管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。