All Entries |  Monthly Archives |  Tag Cloud |  New entry |  Up load | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『病める狐』 ~ミネット・ウォルターズ~

わたしはミステリー小説オタクです…

あ、今、雷が凄い
今夜は涼しくなるかなぁ…
やや淡い期待

で、ミステリー小説オタク
それも翻訳ミステリーならジャンルを問いません
で、本日はアガサ・クリスティーやP・D・ジェイムズの流れを汲む英国女流ミステリーの新女王ミネット・ウォルターズの新作『病める狐』

病める狐 上 (1) (創元推理文庫 M ウ 9-7) 病める狐 上 (1) (創元推理文庫 M ウ 9-7)
ミネット・ウォルターズ (2007/07)
東京創元社
この商品の詳細を見る


いいね~
ウォルターズは好きか嫌いかでいうと好きです。それも非常に。
いかにもイギリス的な陰湿さと明るさが共同している世界と文体にいとも容易く魅了される。
非常によく練られたプロット、複雑な人間関係、謎の小出しの仕方、全てがウォルターズのウォルターズたる世界を作り上げている。
好みの別れる作家かもしれませんが、ひとたび彼女の世界に入れば、 悪夢のような(?)人間の底意地の悪さと暗さにワクワクすること間違いなし。

今回、あえてストーリーの解説はいたしません
読んでください
読めば分かります(きっぱり)


今回は最後がハッピーエンドなので安心して読めますよ

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。