All Entries |  Monthly Archives |  Tag Cloud |  New entry |  Up load | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■賀名生(あのう)梅林 ~奈良県五條市西吉野町

梅1

さてさて、日曜日、うららかな春日和
まさに花粉満開の中、賀名生梅林へ出かけてきました♪
広橋、月ヶ瀬と並ぶ奈良三大梅林の一つですね
先日の月ヶ瀬梅林が残念な結果だっただけに、今度こそは!という思いがありました
期待を裏切りませんでしたわw
目にも艶やかな薄桃色の世界が目の前に繰り広げられていました
約2万本といわれる梅がまぁ、それぞれ色とりどりに自己主張をしておられました♪
↑特に一番上の写真がお気に入り
我ながら素晴らしい出来栄えと一人自画自賛をしておりまする…ちょっと暗いのが難点かな~
梅2

↓遠くに教蓮寺を臨む
遠くに教蓮寺を臨む

↓白梅と紅梅
白梅と紅梅

写真では対比がはっきりとしませんね~残念
実際にははっとするほどの対比で、しばしうっとりとさせられましたよん

甘~い匂いが漂う中、
一目千本⇒見返り千本⇒東雲千本⇒奥の千本⇒西の千本⇒振返り千本⇒口の千本
を歩きました
結構、距離があります(汗)
ヒールを履いている女の人をちらほら見かけたけれど、ハイキングという格好で来たほうが安全かも
梅が山の斜面に沿って植えられているため、
急勾配な道をてくてくと歩く必要があります
でも、舗装をされていて歩きやすいですけれどね
山の下手にある一目千本や口の千本は今がまさに見ごろ、盛りといった風情でうっとりとします
けれど、てくてくと登った先はまだもう少し先が見ごろといった感じでしょうか?
後1週間ほどは余裕で梅を楽しめると思います!

↓賀名生皇居跡
賀名生皇居跡

賀名生は、南北朝時代に、南朝の皇居の地として、
また、南朝の軍事活動の拠点ともなっていた地だそうです
延元元年(1336年)12月、京都を逃れるようにした後醍醐天皇が、
吉野に潜行され、賀名生へ来られたそうです
後醍醐天皇は、わずか1週間程度、この地に滞在されたとのことですが、
その地の郷士 堀孫太郎信増が、自分の館に天皇を迎え入れています
これが、写真の堀家宅だそうですよ
前もって予約をすれば中も見学をできるそうです(はず)
いつもしよう、しようと思いながらも忘れてしまいがち(涙)
それにしても門前の枝垂れ桜の見事なこと!
桜の季節も是非、拝見したいものです♪

ともあれ、大変、充実した一日でした!

ランキングに参加しています♪ポチッとよろしく☆
FC2ブログランキング ブログランキング

行きたいけど・・・

あのうも毎年いってますけど、いつも車でいって、山をドライブ一回りして帰るだけなので、写真がねぇ~汗。
今年も行きたいのですが、ちょっと子どものヤ○ハ発表会が終わるまでは身動きが・・・涙。
さとりんのほうが落ちこぼれているのでね。

sisiのTBありがとうございました!
そりゃ、革に比べたら布は軽いでしょ~笑!
私、以前、旦那にコーチのバッグもらったのですが、実は重くて嫌いなブランドやったのがバレテ、ちょっと苦い思い出に・・・爆。

おぉ~!ここはすばらしいですね~♪
写真も美しいっ☆
追分梅林と違って、周りの環境もよさそうですね(笑)
ほんとは今年は月ヶ瀬に行きたかったんですけど
まだ咲いてないようなので近場で済ましちゃいました^^;
でも賀名生もすばらしいんですね。
来年、覚えとかなくちゃっ!

☆コメントありがとうございます☆

■よりりんさん
賀名生はお気に入りの場所です♪
もう少し車を走らせると大塔村に入り、何やらロマンティックな気分になれるし
お子さんの発表会、楽しみですね~
カフェアンジュに近い例のヤ○ハですね(笑)
わたしとよりりんさん、知らない間に会っていそうですね~

そうそうカバンとかをプレゼントしてくれるときは前もってこっちの趣味を聞いてほしいですよね
コーチはわたしも惹かれん
重たいし、固いし、で何がいいのだろうか???

■ナラランさん
追分梅林の周辺はそんなに都会化されているのでせうか???
ブログでもそのことを書いておられましたよね~
賀名生は駐車料金の300円だけで満開の梅と甘い匂いを楽しめましたw
オススメですよ☆
ナラランさんの家からは大分遠いかもしれませんが、是非、機会がありましたらどうぞ!


管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。