All Entries |  Monthly Archives |  Tag Cloud |  New entry |  Up load | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■『カラダで感じる源氏物語』 ~誰が一番、好き?

源氏物語

今年2008年には源氏物語が登場して1000年を迎えるらしい
源氏物語千年紀委員会
紫式部という宮仕えの女性によって記された世界最古の長編小説

わたし達世代の女性は意外と源氏物語に詳しい
その一端を担ったのが下記↓
あさきゆめみし―源氏物語 (1) (講談社漫画文庫)あさきゆめみし―源氏物語 (1) (講談社漫画文庫)
(2001/08)
大和 和紀

商品詳細を見る

もちろん、わたしは文庫本を全巻取り揃えています!
これのみならず、与謝野晶子、田辺聖子、円地文子の訳したものも読みました
皆、女性ばかりですね(汗)源氏物語は光源氏や薫君を主人公としながらも、やはり彼らを通して女性を描いた物語だと思うのです
その世界観を壊したくない~と男性の手による現代語訳本は読んでいません~
個人的には田辺源氏が一番好きです!
何せ、読みやすい~!
これらの現代語訳を比較した面白いページがありました
下記へアクセスをどうぞ!
源氏現代語訳のススメ

さて、本題
先日、本屋で下記の本を購入しました
カラダで感じる源氏物語 (ちくま文庫)カラダで感じる源氏物語 (ちくま文庫)
(2002/10)
大塚 ひかり

商品詳細を見る

わたしは古典エッセイストである大塚ひかりの本が好きです☆
で、いつも見かけると購入をしてしまう
彼女の本を読むと憧れだけであった平安時代がたちまち現代のワイドショーさながらに変身し、その新鮮な視線にいつも「おおー」と感心をしてしまうのです
今回も「おおー」と思わせていただきました

まず、源氏物語とは?
光源氏君
帝の第2皇子として生を受けながら、母親の桐壺更衣の身分の低さ故に臣下にくだり、源氏という姓を賜る
また、幼い頃から光り輝くように美しかったため、光源氏と呼ばれる
彼の生涯を描くと同時に彼と関係を持った女人との関わりが描かれている

で、今回も「おおー」と思ったこと
末摘花や花散里、空蝉(わたしにとっては美人なイメージだった!)などブスなオンナに対する紫式部の筆の冴え渡ること!
そして、エロ小説として「ぬれる」こと
衣擦れの音、たきしめた香の香り、全てがそのものずばりセックスにつながる事実
経済力(貧しさ)による女人の寄る辺のなさ
何よりも一大不幸絵巻である事実を次から次へと突きつけられ、「そうだった。源氏では心から幸せになった女人などいるだろうか」と改めて考えさせられたぜ

そして、何よりも宇治十帖に登場する浮舟の気持ち
好きでも嫌いでもない二人の男(2人とも絶世の美男子であり、皇族に連なる大金持ちのぼんぼん。時の女人の憧れの的)に交互にやられるオンナ、それが浮舟
が、世間知らずの浮舟はそれを積極的に受け入れるでなく、ただもう流されるがまま
世間の女性がその事実を知れば、「あの匂宮と薫中納言君のお2人に愛されるなんて!」と嫉妬で悶え苦しむだろう
しかし、浮舟にとっては違うのである
薫には最愛の女性、大君の依代として愛されるが事あるごとに身分の違い、育ちの違いを突きつけられる
匂宮は熱烈に浮舟を愛するが、所詮は姉の旦那であり、パトロンである薫の親友(甥でもありますがね)
彼女はこの二つの事実に固執し、ついには母の「中君(姉)が夫である匂宮のオンナに苦しめられて…」という言葉を聞いて死を選ぶ
何故、源氏物語の最後に浮舟か?
大塚ひかりは言う

…長い長い『源氏』にうたかたのように現れては消えていった大勢の女達。その最後発の女として、物語の終わりになって突如姿を現した浮舟とは、どういう女だったのか。
そのプロフィールを見ていくと、生まれも育ちもせいかくも『源氏』の女君の集大成、それも容貌意外は「負の集大成」であることに気づく。


目からウロコです
でも、言われてみればその通りかも…
夕顔と似た体型と性格、紫の上のような寄る辺のなさ、玉鬘のように田舎育ち…
だからこそ、浮舟はラストヒロインとなったのだろう
浮舟という女性があまり好きではなかった
しかし、浮舟は最後に意思を持った
死を選び、助けられ、生き返った浮舟ははっきりと薫を拒んだ

余談ですが、上記の源氏物語千年紀委員会にあなたはどの女性に共感する?というページがあり、
「朝顔の君」に投票しようとしたらなかったので、宇治の大君に投票しておきました…

考えたら、わたしが源氏で好きなのは最後まで優雅にオトコを拒むオンナである事実は何を意味しているのかしら?
そういう意味では大君も好きなのです…
拒むオンナ…大変、魅力的です
わたしもそうなりたいものだ!←?

ランキングに参加しています♪ポチッとよろしく☆
FC2ブログランキング ブログランキング
久しぶりです

お邪魔します!
以前ここに遊びに来ていたすすきです。
覚えてるかな?
やっと派遣事務の仕事が決まったので報告!
異業種の就活をしてたけど、全く脱出出来ず。
結局派遣で事務をすることになりました。
つーか、派遣も派遣会社にウソつかれて前職の仕事で売られそうになったり、
散々でしたがやっと前職と関係ない会社に行けるよ。
これからは派遣しながら事務の正社員目指すわ!!

見た見た

私も、チラッとこの本みましたよ。
あさきゆめみしは、普通のコミック版を全巻もっていたのですが、人に貸している間に行方不明に・・・苦笑。
なぜか手元にあるのは宇治編だけ・・・宇治編きらいやのに!
ちなみに、うちの高校、古典は源氏物語が読本やったのですが、おっさんの先生、「訳がわからなかったら『あさきゆめみし』読んでください」って言ってた(爆)。
モチロン、図書館にも「あさきゆめみし」が置いてあったw
世間で一応進学校と言われた割に、自由な校風・・・苦笑。

そうそう、私も、空蝉は美人イメージやったんやけど、年増ってことか(爆)?!
浮舟は、きらいや・・・ひたすらきらい・・・友達にしたくないタイプ(苦笑)。
私、朧月夜とか好きかな~笑。

↓化粧してた日の散策は、子どもと私だけw
旦那は仕事でした~。

☆susukiさん☆

お久しぶりです!
どうしておられるかなーと時折、考えていました
が、無事に就職が決まり、おめでとうございます
本当に嬉しい
ブログの閉鎖もあったりして、心配になってはいたのですが、連絡のとりようがなくしばし落ち込んでおりました
でも、susukiさんは何とか自分で自分の道を切り開こうとしておられると感じていました
今後、新しい道でもsusukiさんのよさを発揮してマイペースで歩いてください
また、ブログを立ち上げられたら連絡をしてくださいね♪

☆よりりんさん☆

浮舟は友達にしたくないですよね~その気持ちは分かる
浮舟に彼氏を紹介したら、いつの間にか彼氏と浮舟がくっついていそうなイメージがあります
主体性の無さ、それでいて美味しいところをちゃっかりもっていくところ、などなどオンナとして「かちん」とくるところがあります

でも、この本を読んで浮舟のような女性は当時、多くいたのかもしれない、とあわれに思いました
そして、彼女は彼女でもがき、その末にあの決断を下したのだろう、と
朧月夜はわたしも好きです☆
で、思うのは朧月夜の気の強さ、男好きをするところ、とかはどこか彼女の一族の権勢の強さゆえのものだと思うのだw
浮舟も朧月夜の立場なら、あんなふうに生きれたのかもしれなないな、と今にして思います

私は浮舟が一番好き

瞬く千年浮舟の語りを読みました!昔から浮舟は大好きでした。理由がやっと自分でも分かりました。

☆奈良の田舎娘さん☆

今、思うと浮舟は大層魅力的な女性だったのだろうと思います
だからこそ、薫、匂の宮といった当代随一の殿方に愛されたのでしょう♪
最後に意思を持って、薫を拒んだ彼女は魅力的でしたね~


管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。