All Entries |  Monthly Archives |  Tag Cloud |  New entry |  Up load | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■結婚してはいけない10のオンナ

相互リンクを結ばせていただいているnanaさんの「ナナとブーの旅日記」を読んでいると、
面白い記事がありました

結婚してはいけない10のオンナ

…日本でも夫をバラバラにした“セレブ妻”がいたが、
最近はその予備軍なのか、「壊れかけの女」が結構いる。
20代30代女性の“生態”に詳しいジャーナリストの持丸千乃氏に解説してもらった。


ということで、下記の10パターンに分類されたようです(?)

結婚してはいけない10のオンナ
ルブタン女自宅の家賃より高い靴を履く女が続出しているんだとか。仏「クリスチャン・ルブタン」。真っ赤な裏張りがトレードマークのハイヒールだ。
「階段を上るときに、この赤い底がチラッと見えるのがステータスになる。その“チラッ”を求め、手取り18万円の派遣OLが夕食をオニギリにしてまで、買いに走るのです」 1足6万~8万円する、らしいw
“絶食”女「過剰なダイエットブームのせいで、朝は水だけ、昼はカップサラダ、夜はオニギリ1個だけといった、年中ほぼ“絶食状態”の女性はザラにいます」
一汁三菜の手料理なんて望むべくもない。
エコバカ女無添加や無農薬に凝るなら、まだかわいい。
「あるブランドの、販売価格2100円のエコバッグ人気が過熱し、ネットオークションで2万~3万円で取引されました」 エコとは何かよく考えてほしいものだ。
クーガー女クーガーとはピューマのこと。北米では、家畜を狙うピューマ被害が後を絶たないことから、年下の男を食い散らかす女をこう呼ぶそうだ。
「若いツバメを囲う有閑マダムはいましたが、最近はキャリア系を中心にフツーのOLもクーガー化している。彼女たちは、旺盛な性欲を堂々とカミングアウトし、体力もルックスも盛りの年下男を求めます」
デートDV女横浜市が行った調査によると、男子高生、大学生の27.5%が、デートDVの被害に遭ったと回答。男に暴力を振るう「猟奇的な彼女」は現実に増えているのだ。
「小さいころからわがまま放題に育った女性は、我慢がきかずにキレやすい。この手のタイプは、暴力で相手の関心を引こうとし、支配しようとします」
ギーク女ギークとは、ネットやPCオタクのこと。いまや、ブログやプロフ(プロフィルサイト)の流行で、女のギークも増殖中。
「Lの世界」女いま女だけにバカ受けなのが、レズビアン(L)の群像劇を描いた米人気ドラマ「Lの世界」
「ドラマに出てくるのは最先端のイケてるキャリアのLばかり。日本ではキャリアでもないくせに、形だけレズを気取る女が続出です」
週末変身女都内のクラブでは「サルサナイト」が毎週催されるほど、ラテンダンスがブーム。普段は地味なOLが、週末はド派手な衣装に身を包み、踊り狂っているという。異常な変身願望。夫に隠れ、裏でコソコソ何をしでかすか分からない。
通い婚女結婚してからも、夫とは別々に暮らす。自分のキャリアとかライフスタイルのほうが、ずっと大事だからだ。
「夫の転勤について行くなんて真っ平ゴメン、なんてキャリア女性はゴマンといます」 老人になってからが、つらそうだ。介護は期待できそうもない。
プチ整形女数年前から小じわを伸ばすボトックス注射や、唇をふっくらさせるヒアルロン酸注射などが人気。
「1万円台のボトックス注射が登場し、20代OLまで美容整形外科に押し寄せ、いま5時過ぎの予約は取れないくらいです」

全て「結婚してはいけない10のオンナ」より

ふーんってな感じですな
余計なお世話じゃ!と叫びたいほどです

で、改めてみると当てはまるものがチラホラ(汗)
特にデートDVオンナなど他人事と思えませぬ
「猟奇的な彼女」とまではいかなくても、わたしも彼を叩く、叩く(大汗)←彼氏へ。それはね、心を許している証よ♪
ほか、エコバカオンナもひょっとしたら当てはまるかもー(エコバックに2万も3万も出すことはまずありえませんが…)
そもそも、一番初めに出てくるルブタン女って…何!?
こんなブランドの靴、知りませんでした…⇒知りたい人はこちらへ(English)
また、友人などを見ても、絶食女とかクーガー女、通い婚女などに当てはまる人がチラホラ…
っていうか、これぐらいのことを耐えられないオトコなんかこっちから願い下げだよなー←!?
要するに、価値観の問題ですよ
あることを「許せる」「許せない」の範囲は個々それぞれによって違うし、
それを分類されてこうもっともらしく書かれると何やらカチーンとくるんだな

しかし、この分類、同じ女性(定かではない…)が書いたとは思えないほど独断と偏見に満ちているー
逆にわたしは聞きたいね!

結婚してはいけない10のオトコをね!!!

でも、わたしが思い当たるのは2個だけ…
・エロ系のアニメやフィギュアにはまっているオトコ
・己の気分で暴力をふるうオトコ
↑どう考えても恋愛対象になりませぬ

いつもポチッと押してくださって、ありがとうございます~♪これからもよろしくね☆
FC2ブログランキング ブログランキング 

男の俺から見ても、エロ系のアニメやフィギュアはちょっと・・・って感じです。てゆうか、フィギュアに手を出すと止まらなそうですね(苦笑)
 まあ、趣味も程々にってことかな。

いや、snowwhiteさんの仰るとおりで、こうゆうのは価値観の問題。好き嫌いは個人によって変わるんだから、いちいちランキングっぽくしなくていいですよね。

自分の意見をまっすぐに伝えられる、snowwhiteさんは魅力的な方だと思います。周りに流されやすい俺は、なんだか尊敬します(笑)

☆夕凪さん☆

お久しぶりです☆
オトコなんだから、多少のエロにはまるのは許そう
普通のフィギュアやアニメも趣味の範囲として理解はできる
しかーし、エロのフィギュアとアニメはあかーん!!!
近づきたくもない…

普段のわたしはおとなしい、地味なオンナノコ(?)です←図々しいw
自分の言いたいことも言えない…本当、慎ましいオンナですのよ、ほほほー←!?

素直にありがとうと言わせてください
最近、あんまり誰も褒めてくれないので、夕凪さんに優しいことを言われるとホロリといきます(涙)
今年は受験かな?就職かな?
また、時間があったら遊びにきてね~

本当にそうだよね、勝手に括って悦に入っているヤツ、女、いやいや人間というものをわかっていないんじゃない。
まあ程度ってものはあるけど多少叩かれたほうが円満に行くカップルもあるだろうし、ブランド物に血眼になるがために稼ぎが良くなったり普段のウサ晴らしができたり。
人それぞれの生き方をこんなふうに定義してしかも結婚に不向きとは失礼にも程があります。
なんだか自分で記事を書くよりも他人の記事にコメするほうが言いたいことが言えるみたい。
綺麗にまとめられた記事にウットリしつつ失礼をば。

人それぞれ

基準なんてモノは、人それぞれですよね。
こういう「10の条件」的な本や記述は、偏見に満ちてるものが多いなあ。。。
変身願望やらオタクやら、いいじゃんねえ?
そういうの一緒に楽しめる人だったら問題ないし。
でも暴力だけは、イカンと思います。そこは共感!

☆コメントありがとうございます☆

■nanaさん
そうですよね~愛の形は人それぞれ
ブランドを手に入れるために頑張る人やパソコンの趣味が高じて金儲けに結びついたりとか色々な変遷も予想されますしね
結婚に向き、不向きはないと思います!
nanaさんのところで読んでいた時は、うひゃうひゃと笑っていたのですが、いざ、自分でこのネタを調理する段階になって腹がたってきて、こんな記事になりやした~
ま、そういうことです…?
綺麗にまとめられています????自分的にはもっと言いたいことがあるのに言えてないーって感じなんですがね(汗)でも、ありがとうございますw

■たくみんさん
そうです!何であれ、基準は人それぞれ
>こういう「10の条件」的な本や記述は、偏見に満ちてるものが多いなあ。。。
ま、そうやって独断と偏見でばっさりと切って記事にせなあかんということでしょうかね~そこまでしてまとめなくても…という気もしますが
変身願望とかオタク的要素とかは自分にもちょっとある(笑)
一緒に楽しんでくれる人がいれば(!?)、いくらでも変身をするのに~


管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。