All Entries |  Monthly Archives |  Tag Cloud |  New entry |  Up load | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■30を超えた独身オンナは…

30を超えた独身オンナは卑屈になる必要があるのか?



などと考えておった



金曜日の夜、わたし、友人A友人Bの3人で食事の約束をしていた
が、結果
食事はわたしと友人Aの二人で済ませた
この食事の目的は友人B友人Aにオトコを紹介するから、その詳しい話でも、ということだったのだがw
金曜の夕方、わたしと友人Bはメールで激しく(?)静かに喧嘩を繰り広げた結果、友人Aとの二人食事になった



何故、喧嘩?



喧嘩というよりも、言い合い、というか、わたしの今までの不満が爆発して友人Bとやりあった感じ
友人Bとわたしは長い付き合いだ
近所に住む幼馴染としてわたしたちは長く、親しく付き合ってきた
わたしも彼女も気まぐれで気分屋
そんなことは重々、承知しておる
しかし、それを発揮するのは二人で出かけるときだけにしてほしかった
「疲れているかえら、場所を変更してほしい」だとっ!?
今日のために場所などを下調べし、セッティングをしたわたしの労力はどうなるっ!?
金曜の夜はわたしの友人Aも約束をしていたのだ
しかも、わたしの友人Aにオトコを紹介すると持ちかけたのはあんたでしょ!?
今までの幾度もあったドタキャンの恨みを思い出して、それも含めてがーんっと怒りをぶつけた
すると…



紹介してあげるからと考えていたわたしが間違い?



とメールがきた
紹介してあげる?紹介してあげる?あげるって何!?
それにカチーンっときたsnowwhite
オトコを紹介してあげるのがそんなに偉いんかっ!?

ま、何度かやり取りをした彼女のメールからわたしが読みとった意図は…


30を超えた独身オンナは状況が厳しいから、完全な買い手市場
多少の無理を我慢してでも紹介を喜んで受けるべき
紹介してもらうだけでも喜ぶべき



実際には違うのかもしれない
でも、「紹介してあげるからと考えていたわたしの間違い?」という内容に胸が痛んだ
わたしは悲しくなった
30を超えた独身オンナにオトコがいないというだけでそんなに卑屈にならなければならないのか?
友人Aは紹介をするあんたの意図を汲み取り、動く必要があるのか?
結婚をしたくても出来ない人、恋人がほしくても出来ない人はいっぱいいる
真面目に仕事をし、趣味を楽しみ、生活を楽しみ…それでも、パートナーがいないというだけで軽く見られる、ということなのか?
パートナーがいない、30を超えた独身オンナ、というだけで?
「オトコを紹介してあげる」と言われ、喜んで受けたら、紹介者が言う多少の無理(その程度に関わらず)も引き受けなくてはならなのか?



確かに若い頃に比べ、30を超えたら恋人を作ることに色々と考えてしまう
わたしが相手に費やす時間のこと
結婚のこと
将来のこと
この人でいいのだろうか?
揺れ動くオンナゴコロ
そして、それは相手も同じこと
特に出産を考えているオトコとなると30を超えたオンナはどうなのか?と考えるオトコは実際にいるだろう
いいオトコは皆、片付いてしまっている、ということもあるだろう
出会い、付き合う確立は確かに若い頃に比べると低いのかもしれない
でも、パートナーが欲しい、でも、できない
ただ、それだけの事実で人間性を判断をされるのは耐えられない
こんな考え、結婚が決まっているsnowwhiteには関係のないことなの?



友人Aは短気なわたしに比べると鷹揚な性格である
その彼女は仲人さんに
「30を超えて独身でいるオンナはどうか、と思うわ」
と言われたよ、とおっとりと話す
わたしなら、間違いなく、その場で喧嘩になるねっ
その場でお見合い話など破談よ、破談っ



三十路独身オンナ、パラサイトシングル、負け犬…
色々とカテゴリー分けをされてきた
今までは笑っていた
でも、身近の友人に「三十路オンナがパートナーを探すのは厳しい」とカテゴリー分けをされるとかちーんっときちゃったんだな…(友人Bは自分のことも含めて言っているのだと思いますが…)
今にして思うのは彼女の言うことはきついけれど、一理はある
一方、それに憤慨したわたしも間違っていなかったと思う


今後、この紹介話はどうなるのか知らんけれど、友人Aのためにはうまくいってほしい、と心から願っています(これ、ほんま)


いつもありがとうございます。今日もポチッとしてくださいね♪
FC2ブログランキングブログランキング


尚、食事(?)は大和八木駅近くにあるラブレへ向かいました
その詳しい模様は奈良でくうみるあそぶにアップしましたので、興味のあるひとはそちらへ~
ついでにおふさ観音風鈴祭りの様子もアップしました
おふさ観音5
風鈴の音色は素晴らしい…でも、暑いっ(詳しい記事はこちらへ)

見合いパーティ日記はあらためてアップします(汗)

ファンケルオンライン
No title

人と人の間に入るのってちょっと神経使いますね。
それを察して欲しいところですね。

三十路ってさ~、色々厳しいわ…ホント。

☆ゆんゆんさん☆

オンナの友情は楽なようでいて、ふいに足をすくわれる
恋とは違うスリルがありますなっ

三十路女の厳しさ…それを一番、実感しているのは三十路女だと思いますわw

No title

初めまして (^_^)/ヒロシと申します。
うーん、僕は三十六の時あるスナックでママから同じようなことを言われて腹が立ちました。

なぜならママはバツ一だったからです。

結婚に失敗したおまえには言われたくないよっていうかんじでした。

僕の両親の世代は離婚を極端に嫌いましたので、僕も結婚には慎重になってました。

小泉元総理ですら、離婚には結婚の十倍のエネルギーがかかるって言ってたほどですからね。

お二人ともまじめすぎるんですよね。

チャランポランに遊んでいる人はいくらでもいるけれど、そのチャランポランができないのでしょうね。


親友には恵まれると思いますが。

卑屈?

なぜ卑屈になる必要があるのか?逆に問いたい。
私は男なので「あなたに何がわかる?」といわれればそれまでだが・・・。
今の会社にも以前の会社にも三十路・独身・明るい女性はいっぱい、いたぞ。
私がノーテンキなのでそう見えるだけなのか・・・?

やっと…

今、四つの嘘を
二回目まで録画で見ています。
日曜の深夜に、
明日から シゴトというのに。。
今、派遣先のシゴト内容が 気の強いおばハンのせいで つらいっス(>_<)

ところで、友人Aさんは きっと おおらかな素敵な女性に 文面から感じられました。
私の友人にも、見た目も中身も素敵なのに、何故パートナーが居ないの!?と不思議なコが居ます。
何故、このコが幸せをつかめるの~!?ってコが居ますし(不思議…)

☆コメントありがとうございます☆

■ヒロシさん
はじめまして
コメント&訪問、ありがとうございます

うーむ、ママさん
結婚に失敗をしたからこその意見だったのかもしれないですよね
オトコもオンナも独身のまま、年を重ねることに辛さを覚える瞬間があるのかもしれませんね…

■peechan2008さん
鬱々としないといったら嘘になります…
そりゃぁ、仕事の場では大人として振舞いますが、心中は複雑なのだw

■ぶぅぶぅさん
お疲れ様です
四つの嘘、期待どおりに進んでいますか???
派遣先の仕事…snowwhiteは全く面白くなく鬱々としています
やっぱり、仕事にやりがいをもとめてしまうオンナなのでした、わたしは

そうですよねー世の中、なんで彼女にパートナーがいないの!?と思う人がごろごろいますよね~
不思議です…

30なんて単なる数字の一区切り、気にするこたぁーない。
自分に自信を持っている人は30過ぎて独身だろうが何だろうがカッコいいと思います。

卑屈になる必要があるかどうか?って考えちゃった時点で、負けかもしれません(笑)

結婚してても不幸な人は山ほどいるのだから、気にしないのが一番だと、36歳独身の俺は思ってます。

☆ラーメンマンさん☆

はじめまして
コメント&訪問、ありがとうございます☆
本当におっしゃるとおりですね~が、ここでポイント
自分に自信があるかと聞かれると微妙~な感じのわたし
でも、幾つになっても、どんな状況にあっても輝く女でありたいと思います
独身であろうと既婚であろうと幸せは自分でつかまないとダメですね


管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。