All Entries |  Monthly Archives |  Tag Cloud |  New entry |  Up load | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■鉛温泉 藤三旅館 ~岩手県花巻温泉郷

新婚旅行

エジプトから変遷の果て、東北の雪見温泉に決定した新婚旅行
行き先に関しましてはナナとブーの旅日記の管理人、nanaさんの力をお借りしました


選んだ場所は花巻温泉郷


snowwhiteは今回の件まで全く知らない場所でした(汗)
でも、有名らしいですね~汗


花巻温泉郷はいくつかのお宿と温泉があります
その中の二つ
藤三旅館
愛隣館
を選びました!
この二つ、歩いても20分も離れていません(汗)
今回、どちらもよかったと思います
でも、湯治を求めていたわたしと彼が個人的に大変、気に入ったのは藤三旅館
泉質も圧倒的に藤三旅館の方が上だったように感じました(単に好みの問題?)

藤三旅館

藤三旅館_窓から見える景色

入り口に飾られていました☆
藤三旅館_楽天アワード金賞!
楽天トラベルアワード
2007年のレジャー部門金メダルを獲得しています

昭和のレトロな香りが漂う館内
藤三旅館_館内


藤三旅館は5つの源泉と5つの浴室を持つ温泉宿
また加熱や循環・差し水などを一切していない掛け流しの100%天然温泉
つまり、湧き出たお湯をそのまま使っている、ということ
ホンモノの温泉宿です!
それだけでも感動するよなー
泊まっているだけで5つの源泉を楽しめるし、また、それらの湯がきちんとそれぞれの個性を発揮していてワクワクするんだよね

名物(?)、白猿の湯
藤三旅館_白猿の湯
1.25mの立ち湯
高い天井とこれぞ、湯治の雰囲気
本当にうっとりとするようなひと時を過ごしましたことよ、おほほほ
ちなみに混浴ですが、snowwhiteは入る度胸がなく、女性時間に入りました☆

露天風呂からみえる景色
藤三旅館_雪見温泉
まばゆいばかりの雪、雪、雪!



そうそう、これらの写真で分かるように空いていた!


温泉で空いているってすごく重要
混んでいると落ち着かない
でも、今回は平日だったからか、本当に空いており、藤三旅館の湯をこれでもか、と満喫できたのが大きい!
基本的にいつ入浴しても一人、というパターンが多かった
たまに入ってくる人は湯治のベテラン、という年配の人が多く、
訛りのきつい会話を楽しみましたことよ(汗)
ベテランは2週間ぐらい、泊まるんですねーすげーなーと思いました
わたしもいつか2週間ぐらい泊まれるようになりたいわ☆


一日目の晩ご飯
藤三旅館_一日目の晩ご飯
名物、白金豚のしゃぶしゃぶ
ほか、珍しかったのは山芋の漬物(写真の右下ね)
これが、もううまかった!!!
本当に美味しくて、美味しくてじっくりと堪能しましたことよ



宿の人たちはなんか当たらず触らずの距離感



それが楽チン
部屋にこもりっぱなしの日々を過ごしましたが特に詮索することもなく、
べらべらと一人で話すこともなく、
適度な距離を置いて、必要なことをこなしている感じがよかった
宿の中は人の影が少なく、ゆっくりと時が流れ、わたしたちの時間を堪能できました


うっとりとするような瞬間


わたしたち、こういう宿が好きなんだなーとシミジミと実感しましたことよ

鄙びた場所にある鄙びたお宿
その割りにサービスはよかった、と思います♪
そりゃ一流ホテル並みのサービスとは言いませんが、文句のつけようがないサービスの良さでしたよ

藤三旅館_正面玄関

何よりも泉質の良さ!

それにつきます!
温泉マニアなら憧れのお宿、とnanaさんが書かれていましたが納得しました!
素晴らしい泉質と豊富な湯量には圧倒されます
ほんまツルツルになったもんなー
人生で最高のツルツル感を味わいましたよん♪



本当にもう一度、訪れたい温泉宿です♪



本当に素晴らしい泉質と宿でした


【鉛温泉 藤三旅館】
http://www.namari-onsen.co.jp/
〒025-0252
岩手県花巻市鉛字中平75-1
電話:0198-25-2311(代表)
湯治部:0198-25-2901(直通)

↓気が向きましたら、押してやってくださいませ☆
FC2ブログランキングブログランキングにほんブログ村 恋愛ブログ 結婚・ブライダルへブログランキング参加中!


楽天トラベル株式会社

満足されたようで紹介した側としても胸をなでおろしています。
温泉名としては鉛・新鉛が適当かと。
しかしやはり暖冬のようで山奥のこの温泉も雪が少ないですね。
でもかろうじて水墨画のような景色を見ながらの露天風呂が楽しめたでしょうか。
旅館に対して求めるもの、人によっていろいろですがsnowwhiteさんのようなスタンスならちょうど良かったようで。
湯治部もあるので余計に鄙びた感じを受けるのでしょうね、私もこの旅館、佇まいもお風呂も、そして源泉も大好きです。
山芋の漬物、美味しいですね、わが家でも時折漬けています。

こちらの温泉、うちの田舎のすぐそばです~。
ということで、父の定宿なのでうちには藤三旅館の手ぬぐいタオルがいっぱい。
奈良の部屋でも使ってます(笑)
私は小さいころに行ったきり。大きくなってからは新鉛の方に泊まる方が多くて。
当時はなんの印象もなかったけど(湯治部に泊まったときの台所の記憶は強烈なんですが)、
大人になって、こうしてみるといい宿ですね~。
やっぱり温泉行くなら源泉かけ流しの宿がいいですよね!
久々に泊まりに行きたくなりました!
昔は深くて入れなかった立ち湯も今なら入れるし!

☆コメントありがとうございます☆

■nanaさん
是非、是非、山芋の漬物の漬け方を教えてくださいな☆
あれ、本当に初めて食べて、本当に感動した味なのです
浅漬けだと思うのですが、どう漬けたらいいのか・・・

はい、藤三旅館は感動しました!
単純に感動しましたよ!

■管理人のみ閲覧できますさん
はい、甘い結婚生活を満喫中です

とはいえ、早くも日常になり、ちょっと疲れてきましたねー汗
結婚式続きでなんかいいですね~
わたしの周囲はそういう話もほとんどなくて・・・寂しいわ
湯布院は憧れの場所です
いつか訪問をしたいなーと思っています☆

パソコンは頑張れば後々、なんかに残ると思いますよ
ぼちぼちとマイペースに!
仕事も順調そうでいいですね
わたしの会社、車系のメーカーですけれど、やっぱり厳しい感じでいつ切られるか、とちょっと不安だもんなー
辞めたいという気持ちと切られる不安が入り混じっています
複雑・・・

■ウルさん
おお、この近くがご実家なんですね

藤三旅館は去年かおととしにリフォームをしていてかなり綺麗です!
たち湯も是非、是非、入ってくださいね
東北はいい温泉がいっぱいあって羨ましいわ~



管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。