All Entries |  Monthly Archives |  Tag Cloud |  New entry |  Up load | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■朝の散歩

散歩、が好き



ウォーキングではない
そこまで運動的ではない
ただの散歩が好き

平日の朝はなかなか難しいけれど、こんな日曜の朝早く目覚めた瞬間、歩きたくなる

今朝、歩いた

まだ道は確立をできていなくて試行錯誤中
この家の周囲はよう分からんのよ~涙
で、ポピュラーな川沿いの道をゆっくりと歩く
葉桜がちょうどよい屋根となり、心地よい空気が通り抜ける
日差しもまだまだ緩やかなもので肌を突き刺すほどではない


うん


気持ちいいぞ!


散歩
実家にいる頃からよく一人で歩いていた
snowwhiteの実家はいわゆる旧村にある
旧村???
yahoo辞書では出てこないなー
わたしの感覚では何百年という単位で昔から存在している村(集落)ってこと
かっての農民の集落だから、区画整備とか一切考えていない作り
一歩、路地に入るとそこは怪しの小道
ま、要するに細い道
車を通ることなんか全く考えていない道があちらこちらにある
家という家は皆、高い土塀などに囲まれ、中の顔を伺い知ることはほとんどできない


隣の家は洗濯物を干したのか?
いつ取り入れているのか?



そんなこと本当に分からないのw
わたしはそんなところで育った
高い壁に仕切られた細く、曲がりくねった道を歩く、それがわたしの散歩
薄暗く、古く、空気が冷たい、あの独特の道を愛してやまなかった



ところが今、住んでいるところはかっての新興住宅地
いや~、どこへ行っても道も町並みも綺麗に整備されておるっちゃ(byラムちゃん?)
本当に綺麗
綺麗過ぎて目眩が起こる・・・グルグル
家という家は皆、可愛い
庭にはラベンダー、ローズマリー、花水木・・・うんまー、どこの国?をモチーフになさって?という家が立ち並ぶ
古民家をリノベーションして住むことが夢のわたしにとっては恐ろしいほどの(?)可愛さと綺麗さ
また、道は広く、たっぷりと余裕がある
ちゃんと歩道もつけられている
公園も程よい距離にいくつも作られている
川沿いの道はきちんと整備されており、ウォーキングしている人の姿も多い
そして、便利
住むには便利なところ


でも、


そんな中を散歩していると結構、違和感を感じていた


そして、それは今でも変わらない


景色が春になり、色とりどりの花が植えられている庭を眺めていると本当に心がウキウキする
でも、作られた道、作られた家、作られた景色、という違和感をわたしの中から拭い去ることは難しい
人が住む
何十年、何百年、人が住むとその景色が普通の景色になるのだろうか?
それともそんな感覚はわたしだけ?


散歩


散歩をしながらそんなことを考えていた
でも、すぐに頭が空っぽになった
思いがけず発見した藤棚に感嘆し、葉桜の緑の濃さにほっとし、柔らかい日差しにウキウキとした
そして、思う
わたしは残りの生涯をこの町で過ごすんだろうなーと
大丈夫
わたしはこの町が好きになる☆
違和感もなくなる、自分の町になる
好きになって、自分の大地を作りたいなーと
そんなことを思った朝の散歩でした


↓気が向きましたら、押してやってくださいませ☆
FC2ブログランキングブログランキングにほんブログ村 主婦日記ブログ 30代主婦へブログランキング参加中!



コスメ・コム
思わず

はじめまして(^-^) なんだかコメントしたくなってしまいました。誰もが自分が育ったところが忘れられず懐かしく思うものです。私の実家も今の新興住宅地のように整えられてるわけではありますんが、やはり忘れがたいです。毎日、仕事の不安や自分の中にあるコンプレックスと葛藤してますが私もこの間、葉桜が最後とばかりに花びらが風に舞ってて、その中を歩いてたらあまりに綺麗で、一瞬、すべての憂鬱を忘れられました。春とはそんな季節ですね。私も三十路ですがこの歳になってもあらためて思いました。また、遊びにきますね(*^_^*

☆わかさん☆

訪問&コメント、ありがとうございます
生まれ育ったところは本当に色々な意味で“故郷”なんですね
しょっちゅう帰っているのですが、1週間見なかっただけではっとさせられるのです
葉桜が舞う季節
春は本当にいろいろなことを考えさせてくれます
それが憂鬱になったり、はっと気づかされたり、と揺れる乙女になってしまうのです
幾つになっても心の揺れとは生じるものですね
これからもよろしくね


管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。