All Entries |  Monthly Archives |  Tag Cloud |  New entry |  Up load | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■女友達との上手な付き合い方

独女通信ってご存知ですか??

詳しくは上記をクリック~


独身女性の本音を描くコラムが一日、1回ほど更新されています


コラムの内容は正直、たわいもない、というか、くだらんというか、低レベルというか・・・
だからこそ惹かれるかもしんないけれど、snowwhiteは独身時代から結構、読んでいた


独女通信は“切り込み”がうまいんだと思う
っていうか、その切込みが全てで内容はほんまスカスカ~でびっくりするときもあるんだよね~
でも、読んでしまう女



さてさて、本日、まさしく独女(独身女性)の友人と色々と話し、当然、コイバナにも結びつく
彼女のコイバナを聞き、第三者として冷静に分析をし(?)、コメントを付け加えたsnowwhite
当然、友達なんだから!とアドバイスもすりゃ、余計なおせっかいもやく
そう、それこそ、独身時代の頃と同じように
共に相手の恋愛を冷静に分析し、批判しあったように
今はもうsnowwhiteはその対象にもならなくなってしまったけれど、
独身の彼女のコイバナに対してなら、いくらでも「あーでもない、こうでもない」と言えるわ~





が、帰宅後、下記の記事を読んで大いに反省をさせられた・・・





30代の女性は、結婚や出産をターニングポイントにライフスタイルががらりと変わる。となれば、女の友情にも変化が生まれてくるというもの。女性誌『misaki』10月号(PHP研究所)の調査によれば、「女性の友人との付き合い方は、以前と変わりましたか」という質問に対して、76%がYESと回答。スケジュール調整が難しいこともさることながら、立場の違いから互いの言動に違和感を感じることが多いからではないだろうか?

「『結婚しないの?』とズバッと聞いてくるのは、親よりも既女の友人」というのは、里香さん(35歳)。もちろん独身の女友達同士でも、「結婚はどうする?」との会話をしているが、すでに安全地帯にいる人間から言われるのとは訳が違うそうだ。

「何となく上から目線でものを言われているような感覚があるんです。婚活ブームのせいか、相談もしていないのに『男っていうのはさ~』と恋愛のアドバイスをされるのも嫌ですね。うっかり『最近は出会いが少ない』なんてフレーズを出そうものなら、もっと積極的になれだの、相手のあら探しはいけないだのと、注意をされる。いや、そんなことは百も承知で相手がいないのだから、正直、余計なおせっかいなんです。同情するなら、本気で誰かを紹介して(笑)! 危機迫っているみたいで、とてもそんなことは言えませんけどね」

 また、独女同士で結婚話をするときは、出産適齢期や老後の不安など本音をさらけ出しやすいが、既女相手だと話題が深刻すぎるのか気づまりになってしまう。そのため、互いを刺激しないように内容の浅い会話しかできなくなってしまうのも、里香さんの悩みだ。
独女通信より ※太字はsnowwhiteによる



・・・



・・・・・・・




すみませんっ!!!


ああ、すみませんっ、すみませんっっ!!!




とひれ伏しそうになったわ・・・←小心者



確かに既婚女性に言われると腹が立つわよね・・・



ちょっと前迄の自分がそうだったくせに、その立場を忘れてのうのうとしゃべっていた昼間の自分を殴ってやりたい!!!




  30代、独身女




ってちょっと不安定だった
snowwhite的にはそのカテゴリーはものすごく不安なものだった
20代の頃と違う不安と現実と未来がのしかかってきたもんです・・・

ゆっくりと周囲を見渡して
「結婚」をし、
「子ども」を産み、
「家事」と「仕事」をしている同世代の女性を見ると
なんかしらんけれど「ひーっ」と逃げ出したくなったもんな~


snowwhiteがまだ手に入れていないものを手に入れているオンナ


という斜に構える、というか、異次元の世界を眺めるように見ていたもんな~汗


上記で・・・

>30代の女性は、結婚や出産をターニングポイントにライフスタイルががらりと変わる。
>となれば、女の友情にも変化が生まれてくるというもの。


とあるけれど、これも納得
子持ちの友達、特に家庭に入っている専業主婦のオンナトモダチとはめっきり付き合いがなくなりました
たまにメールをしたりするぐらい(かなり怪しいけれど・・・)

年を重ねるにつれて、それぞれの道がくっきりと分かれてくる

それでも重ねていく友情ってあると思う

その形を模索したいな、と思った夜なのでしたw


↓気が向きましたら、押してやってくださいませ☆
FC2ブログランキングブログランキングにほんブログ村 主婦日記ブログ 30代主婦へ


ウェルネス フラワー&グルメ ギフトショップ

ふ~ん、そういうものなのか・・・。
私、独身時代からトモダチとコイバナしたことない・・・汗。
なんでかな? 別に隠してたわけでもないけど、他にしゃべることあったし? 人のコイバナを聞きたいと思ったこともあんまりないし?
というわけで、今もあんまりトモダチ関係変わってない気がする。
毎月会う友人、半年くらいに1回は会う友人、1年スパンの友人、遠すぎてメールだけの友人、ってな具合で関係が固定している(笑)。
働いてたときは、毎月夕食会をする友人ってのもいたけど、これはさすがに今は、別の関係に・・・爆。
しかも、これら全部学生時代、働いていた頃からの友人で、いわゆるママ友がいない!!
私ってもしかして・・・ヘン?!
こないだ、その夕食会トモダチが、転勤から戻ってきて7年ぶりくらいに会ったのだけど、「前と全然変わってないな~」って言われた・・・苦笑。
いいのか、悪いのか、謎?!
彼女も結婚したので、今後はランチトモダチかも(爆)?!

snowwhiteさんも、結局結婚したって、続く友人は続くし、ダメになる友人はそこまでだと思って、新しい関係を楽しんでくださいw

私も絶対「結婚しないの?」って聞きません。自分が聞かれてすごく嫌だったんですよね。あと結婚してから嫌な言葉は「子どもは作らないの?」ですね。

「子どもがいるのがそんなにえらいのか?」て思っちゃいます。人って自分の立場を人より上に行きたいって無意識に思っちゃうかもしれないですよね。でも、どれが幸せなのかを決めるのはその人次第と思うようになってきました。

焦りや悩みは恋人がいようがいまいが、結婚しようがしてなくてもあります。だからそれを「こうした方がいい!」と断言はできないと思うんです。本人が満足している生活を誰かが批判すること自体、おこがましい話ですものね。

ほんと、言葉には気をつけないといけないですよね。私も言ってしまって「やばかったな」と思ったら先に謝るようにしておりますよ(^^;)

はじめまして。最近の状況とシンクロした内容なのでコメントさせていただきます。女友達との会話は気を使うな~と最近、気づいたことがありまして。。。

会社の同僚がある日、いきなりわたしのことを無視しはじめました。初めは本当に混乱し、「どうしてかな?」と一人でぐるぐる悩んでいる間に、別の同僚が真実を教えてくれました(彼女は私が相談を持ちかけた結果、気の毒に思って教えてくれました)。

無視をしはじめた同僚の愚痴をわたしが受け止めなかったのがいけなかったようです。でも、言い訳をさせていただくと当時、私は身内の死に直面し、そちらに気をとられ、彼女の愚痴に付き合う余裕がなかった。。。個人的にはそれを察してほしかったけれど、彼女は自分の愚痴に頭がいっぱいになっていたのでしょうね。

なんかそれ以来、同僚、友達全て女との会話には気を使っちゃう自分がいます。そういうことを考えると女の付き合いは難しいですね。
愚痴でした。

オンナって難しい。。

最近私の部署に入ってきた派遣さんが、ジャスト30で、どうも婚活中っぽい。。
言葉の端々が私に、つめたい。
別の派遣先でも、
以前似た様な人居ました。やはり婚活中。

私も、snowwhiteさんと同級生ですが、
結婚して4年、

ご存知の通り、
既婚でも、私には私の常に悩みがありますが、
人からは分かりませんもんね。
イチイチ私も言いませんし。


金曜日、幼なじみとゆっくり久々に会って、【なかなか誘っても、かみ合わなかった】岩盤浴へ。
2ヶ月位の間に、
婚活を頑張っていたみたいです。
確かに、私と会うより優先ですよね。
頑張ってね、とは言ったものの、過度に言わない様、気を配りました。


アラサーって、一番皆のライフスタイルが変わる時ですね。私も、子供の予定はないので、
子供を待ち望む既婚者、既に子持ち専業主婦の人とも、
なかなか うまく付き合えてません。
「子供は早い方がイイよ」ウザイです。アタシの状況や気持ちも考えず(`Д´)と思います。

最近は、今の派遣先で出会った26歳のコと、つるんでます。基本、寂しがり屋で、仲がイイ人が欲しいぶぅぶぅなんで、彼女には癒されてます(#^.^#)
岩盤浴や飲み、コンサートと、
楽しく時間を過ごしてます(*^。^*)
もちろん、彼女は私へのトゲトゲしい発言もないし、私も妹の様に可愛がるし、イイ関係です。


アラサーってムズカシイですね。。

☆コメントありがとうございます☆

■よりりんさん
そうですよね~

>結局結婚したって、続く友人は続くし、ダメになる友人はそこまでだと思って、新しい関係を楽しんでくださいw

そう思います!
わたしも基本、変わっていないかな~今のところは
結婚してからもほとんど会うスタンスは変わらない
でも、こっちが独身時代、会う友達はどんどんと変遷し、今はその中から厳選した友人だけ残っている感じです
ママ友がいないですか?
わたしの働いている友達(二人の子のママ。バリキャリ)もおんなじこと言っていた
ママ友と築く時間がない、と言い方にもなるかもしれませんが・・・汗

続く友情は何があっても続きますよね!!

■若葉さん
はじめまして、ですよね?
訪問&コメント、ありがとうございます。

若葉さんのコメント、なんか見に染み入りました
本当にその通り!!と力強く共感するのもがありました
ありがとうございます

自分が自分で生活を作り、その中で満足するものを得たらそれでいいんですよね
幸せの価値観は人が決めるのではなく、自分が決めるもの、なんだよな~と当たり前のことに今更ながらに・・・

謝る、お詫びする、というのはマイナスの要素で見られがちだけれど、素直に謝ったほうがいい時もある
わたしも自分が口が行き過ぎたときはそのようにします!

■りりさん
はじめまして。
訪問&コメント、ありがとうございます。

職場の女の人との付き合いは難しい、ですよね
あんまり深入りはしたくないな、と感じています、ずーっとそう思いながら、職場でついつい友達を作ってしまうのが女なのでしょうか!?
でも、やっぱり深入りはしたくないですね
難しいです
一度、こじれると後はどこへ向かうのかよく分からないところがしんどいですよね・・・
最近は職場では大人の女として誰にも彼にもいい顔をし、つかずはなれずの距離を保つのが一番なんだろうな~と思っています

これからも宜しくね

■ぶぅぶぅさん
独身であろうと既婚であろうと人それぞれに抱えている悩みは違いますよね~
でも、人は自分にないものを持っている人についつい敵視をしてしまうのでしょうか(汗)
自分も含めてその傾向があるんかもしれん、とちょっと考えてしまいました

婚活って言葉がブームになり、その流れにのろうと必死になる余り、しんどいこともあるんだろうな~と思います、ぶぅぶぅさんの友人も含めて
ええ、本当に
今の旦那と出会って、1年ほどしてからコンカツという言葉がでてきたように思うけれど、その時に旦那がいなかったら、わたしも踊らされてしんどかっただろうな~と思うわけですよ、実際

会社にいたとき、わたしも年が離れている子のほうが楽チンだな、とよく思いました

年が近いとやっぱり何かと無意識に張り合ってしまう部分があるのかもしれない、自分も相手も
それがしんどいですね・・・
職場の同僚は何かと本当に難しい
毎日、顔をあわせるだけに適当にあしらうこともできないし、かといって真面目に向き合っているとしんどいし・・・で、距離を保ちたくても保てない部分もあるし・・・で女の人間関係はややこしいな、と思うわけですよ
ええ、34歳になった今でも

今、かなりワタシもタイムリーに悩んでます。
って、半年前までワタシも結婚していなかったから、
それなりにモヤモヤしていた時期も分かるので、
離れて行ってしまった未婚の友達などはもう、そっとすることにしました。

ワタシは友達が結婚してしまって「世界が違う!」なんて思って、
離れたりはしませんでしたし、逆に結婚後の話を聞くのも好きだったので、
既婚の友達とも遊んでいましたが、やっぱり「結婚しないの?」
って言われると、面倒くさいな~って感じてました。

今は会社で既婚がワタシだけ・・・
みたいな状況になりつつあるので、また別な問題が出てるし、
こういう部分は悩みが尽きないのかもしれないですね。

その人の何が悪いとかではなく、離れたり距離を置かれたりするのは
仕方がないことなんだけど、やっぱり心の底では寂しいな~
って感じちゃいますね。。。

☆うりさん☆

そうですね、境遇や立場が変わってくると人間関係にも微妙な距離などが生じますよね
なんとなく感覚や理屈として分かるのですが、感情としてはちょっと寂しい・・・
でも、仲のよい友人が結婚をした時などは確かに微妙に揺れる気持ちが自分にあったことは事実であり、それを受け止めるならば、相手への配慮へも忘れないようにしたいですね
とはいえ、それが難しいのですが・・・涙

それにしてもうりさん、職場で既婚が一人、という立場は辛いですね・・・色々な意味で
結婚をしたら全てがばら色と思うほどおめでたい年でもないけれど、ちょっと幸福に酔っていた部分もあり、ちょっと他者への配慮がかけていたというか、感覚が鈍っていたのかもしれない、と思います

今後、お互いにいいオンナの友情を確立できるといいですね!


管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。