All Entries |  Monthly Archives |  Tag Cloud |  New entry |  Up load | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■旦那の襲撃 我こそはジェイソン・ボーンなり(#゚Д゚)

夜中の1時30分頃、何かがわたしの布団にあたった



目を覚ます

途端、夢の中にいる旦那の足キックがsnowwhiteに向かって炸裂(?)した







ガクブル(((;゚д゚)))ガクブル







何!?これが噂のDV!?と思っていると、旦那が寝返りをうつ

時間にして数秒、キックの回数は5、6発だったと思う←多分・・・snowwhiteも起こされたばかりで頭がぼーっと(汗)




((( ;゚д゚))アワアワ…...



何!?と思う間もなかったわ・・・

朝、起きてきた旦那を呼び、かくかくじかじか、説教、いえ、怒り、いえ、状況説明を行なったところ、


全く記憶にない┐('~`;)┌ ふぅ~


とのこと
えーい、そっちが覚えていなくても、こっちは鮮明に覚えているんだよ!!!とネチネチと攻め立てるsnowwhiteなり

すると、旦那の言い訳がはじまる


「最近、『暗殺者』を読んでいたから、夢の中でジェイソン・ボーンになりきっていた・・・」


とのこと
『暗殺者』はマット・デイモン主演で映画化もされ、ボーン・アイデンティティー【HD-DVD Video】として世界中で大ヒットしました(下記参照)

ボーン・アイデンティティー【HD-DVD Video】

このシリーズ一覧の原作がロバート・ラドラムの『暗殺者』なのである(今はもう新書版が手に入らないのかな~?検索をかけても出てこないわ。中古ばっかり)
このシリーズを映画で見ている方ならご存知でしょうが、ジェイソン・ボーンはとにかく強い、めちゃくちゃ強い!
鍛えられた男をマット・デイモンが演じている

で、この映画の原作が『暗殺者』である
もともとはsnowwhiteの本である
当然、内容も鮮明に覚えている
映画もそれなりによかったけれど、原作はそれ以上に素晴らしい

作者のロバート・ラドラムは一時期、ラドラムの奇跡と呼ばれたほどの売上を誇ったストーリーテラーであり、ベストセラー作家であった
それだけに設定の妙、物語の展開のツボを知り尽くしている

『暗殺者』もその才能が遺憾なく発揮され、snowwhiteお気に入りの本である
当然、主人公のジェイソン・ボーンがどういう男かも知っている
小説でのボーンにはできないことは何もないと思わせてくれる不屈の男であった(映画もそうかな?)
鍛え上げた肉体に、キラリと輝く知性、そして、誰にも負けないアクション
ボーンはうきゃーと叫びたくなるほどいい男なんだな~

とはいえ・・・




わたしゃ、夢の中で


ジェイソン・ボーンになったことはないがね┐('ε')┌





が、オトコは、いや、オトコなら、ジェイソン・ボーンのような不死身のオトコに憧れるのだろうか!?

ともあれ、旦那曰く、夢の中で「キックをした」ことは覚えているそうヾ(*`Д´*)ノ"彡☆パシッ

きっと夢の中で「我こそはジェイソン・ボーンなり」と妄想たくましく(?)楽しんでいたのだろう

ま、可愛い☆

ともあれ、今日はネチネチデーとして、旦那をいじりまわること決定~

FC2ブログランキングブログランキングにほんブログ村 主婦日記ブログ 30代主婦へ


管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。