All Entries |  Monthly Archives |  Tag Cloud |  New entry |  Up load | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■PIZZERIA piano 橿原店 (ピッツェリア ピアノ) ~奈良県橿原市

図書館の帰り、ちょと寄り道

ベリーパフェ

またまたベリーパフェ
ブログ記事を確認したら、前もベリーパフェだった・・・→■PIZZERIA piano ~奈良県橿原市

はは(汗)
ベリーが好きなんだ・・・

デザート

↑旦那はコレ
名前を忘れました。。。

この日は日曜だったためか、結構、混んでいました
駐車場もどうかな?という感じだったけれど、なんとか確保

窓際の席を確保
目の前の田んぼを眺めながら、ほっと一息をつく
図書館で借りた本を開き、しばし、沈黙
合間、甘いものが喉を滑り落ちる


ああ


なんて、なんて贅沢なひと時

とうっとり

ゆったりとした空気の中
本を読み、甘く、美味しいものを食べる
一人だったら、何時間も粘ったんだろうな~

piano店内1


【PIZZERIA piano 橿原店】
奈良県橿原市四分町7
0744-21-0738
http://mellowcafe.syncronicity.co.jp/

本を片手にお気に入りのカフェに一人
またやりたくなったな~

PIZZERIA piano 橿原店




ここから独り言
夜のニュースで村上春樹の『1Q84』が取り上げられていた
中国、台湾、韓国で大人気、とのこと
また、毎年、ノーベル賞の時期になると彼の名前が取りざたされる
が、snowwhite、彼の本のよさが分からないんだな・・・
それを言うなら、ノーベル文学賞を受賞した作家の本はほとんど分からない・・・トホホ
いわゆる純文学に馴染めない自分がちょっと恥ずかしい><
アルベール・カミュの『異邦人』、ガブリエル・ガルシア=マルケスの『百年の孤独』などの有名どころしか抑えていません
両名共に非常に若い頃に読んだので、純粋に衝撃やら感動やらを受けた記憶はあるのですが、
内容がな~
忘れちゃいました
今はなかなか読む気になれないな~トホホ


村上春樹

中学だか高校生の時に『ノルウェイの森』を読んだ時は
主人公に共感も何も出来ず「??」でしたが、
大学時代に読んでみるとすっとあの独特の文体が
まさに体に染み込むようにしっくりきて、「村上春樹の世界」が大好きになりました。
といっても、『1Q84』は未読ですが(汗)
あまりに流行ってしまったので、手に取るタイミングを逸してしまいました。。
何冊読んでも『風の歌を聴け』を読んだ時の衝撃(?)が忘れられません~。
エッセイ、面白いですよ~。

☆ウルさん☆

『ノルウェイの森』は未だに?のまま、という体たらくです・・・とほほ
その後、『スプートニクの恋人』や『羊をめぐる冒険』を読み、また、ハードボイルドマニアの神様、レイモンド・チャンドラーの『ロング・グッバイ』(←村上春樹が翻訳した)も読んだけれど、イマイチ分からないオンナなのでした(汗)
特に『ロング・グッバイ』はやっぱり、清水俊二の訳が最高だった!と改めて認識させてくれたぐらいで(汗)
唯一、よかったのがマイケル・ギルモアの『心臓を貫かれて』
これも春樹が翻訳しているようですが、暗い話にあの独特の文体が妙にマッチして面白かった
基本的に村上春樹独独の、あの文体の全てに漂っている虚無感、寄る辺のなさにイライラする模様
太宰治も苦手なんですが、彼と同じ世界を春樹に感じてしまう様子・・・
ウルさんおすすめのエッセイからチャレンジをしてみるか!

No title

ちょいとご無沙汰の間に、なんだか女の子なテンプレになりましたねぇ~笑。
PIZZERIA piano、この前、前は通ったけど、スルーしました・・・汗。
そんな気分じゃなかったのと時間がなかったためなのですが、ホンマにたら~っと一人カフェしたいですねw

ところで、村上春樹って純文学なんですか?! 知らんかった・・・。
「ノルウェイの森」で知って読み出しましたが、途中でイヤになってやめました。
それ以来、どの作品も読んだことがありません。
私の中では、とにかく辛気臭くて、うっとおしい話を書く作家、と位置づけられています(爆)。

☆よりりんさん☆

ええ、いつまでもラブリーオンナノコなもんで(笑)
カフェで一人、たらーっと過ごすって贅沢な時間に感じますよね、何気に

村上春樹って純文学じゃないんですか!?
いや、よう知らんけれど・・・汗
やっぱり辛気臭いイメージがあるますよね!?わたしだけか、と思っていたわ・・・
しかし、世のブームに乗るべく、頑張って読んでいた自分が懐かしい・・・

No title

「ノルウェイの森」昔読んだんですが、上巻でリタイアしてしまいました(汗)
村上春樹さん私も無理なんです。。
なんか感情移入できないみたいです。。

ここのパフェおいしそう~♪
昔はランチにいったことあったんですが、デザートは食べたことなかったので
いってみます^^
いつもデザートはケーキセットを頼んでしまいがちなので
パフェ頼みたいと思います♪♪
今週土曜日にでもいってこようかな♪

No title

こんにちは。
お写真お上手ですよね~♪
いつも感心しています。
私の知ってるお店じゃないみたい・・・

ココは食事には行ったことがありますがカフェだけでは行ったことないですわ。
美味しそう~♪
旦那さんとまったりカフェなんていいですね~♪
旦那さんも本を読まれてたんですか?
いいなぁ。二人でカフェで・・・
うちのはとにかく黙ってじっとしてられない人なので(笑)

村上春樹さんの本は恥ずかしながら読んだことがありません(汗)
私は、「ぷぷぷ」と笑えるぐらいの内容の本が大好きです。
一番好きな作家さんは、奥田英朗さんです♪
前記事で紹介してらした「大誘拐」面白そうなので気になってます!

☆コメントありがとうございます☆

■ひなころさん
村上春樹、苦手な人って結構、多いんですね~
と妙な感心

パフェってたまに食べたくなりません?
snowwhiteはちょこちょこ食べていますが・・・
ケーキなら、家でも食べられる
でも、パフェは・・・という特別感がなんか好きみたいです
週末、訪問されましたら、感想を教えてくださいね

■おりーぶさん
写真、褒めてくださってありがとうございやんす
多分、照明がよかったような気がします・・・汗

旦那も本は読みますが、この日は手ぶら
わたしが一人で本を読んでいました・・・
旦那もわたしも基本的に自分の世界に入る人なんで、家にいるときなどは、シーンとお互いに好きなことをやっています

奥田英朗は読んだことがないんですよね~
『最悪』を持っていると思うけれど、読まないままにどこかへ・・・とほほ
やっぱり面白いんですよね?
実家に探しにいこうかな・・・
『大誘拐』是非、読んでみてください!

No title

奥田英朗の本の中でも「最悪」は一番オススメです。
ほんまにねぇ・・・最悪なんです。
読んでる間は主人公になってしまったように
はっきり言ってしんどいです。どん底(笑)
でも最後は「なんでやね~ん」と笑ってスッキリできます。
ただ、もう一回読む気にはなれません(笑)
しんどいから。ははは。
とにかく人にススメまくって、貸しまくりました。
同じようなしんどい目に合わせたくて(笑)
お願いですから、snowwhiteさんも最悪な気分を味わってください♪

☆おりーぶさん☆

・・・
やっぱり最悪なんですね・・・涙
途中まで読んだ記憶があるのですが、しんどくて、しんどくて・・・
挫折したのです、実は
で、そこらへんにぽいっとしたのですが・・・
最後は笑ってすっきりできるそうなので、ちょっくら腰をあげてみるか


管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。