All Entries |  Monthly Archives |  Tag Cloud |  New entry |  Up load | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■『坂の上の雲』を見る

昨日の夜は特別な夜だった

snowwhiteと旦那にとって

待ちに待っていた『坂の上の雲』が放送されたから

坂の上の雲NHKHP

原作は司馬遼太郎
いわゆる、シバリョーの本、snowwhiteは大好き
当然、『坂の上の雲(1)新装版』も全巻、持っています
そもそもシバリョーにはまったきっかけがこの本がきっかけだもんな~

 『坂の上の雲(1)新装版

でも、一方で『竜馬がゆく(1)新装版』はあまりはまらなかったけれどね~
坂本龍馬にはちょっと感情移入できなかったわ・・・汗

で、シバリョー
大阪は東大阪市の出身です
近鉄奈良線、八戸ノ里駅を下車して徒歩10分ぐらいのところ、閑静な住宅街の中に司馬遼太郎記念館があります
興味がある方は是非!
もともとはシバリョーの邸宅だったところなので、色々と妄想にふけることができ、うっとりとしまーす


さてさて、昨夜からはじまったドラマ『坂の上の雲
NHKが総力をあげて撮影、とのこと
今後3年に渡って放映される様子

いやーワクワクするわ~

と旦那と二人でテレビにかぶりつき

結論

さすがはNHK

金のかかった背景であり、また、登場人物それぞれに違和感がないな~
個人的には正岡子規役はイメージと違うけれど、秋山兄弟はぴったりのような気がします
二人とも非常な美男だったとの伝聞だしね~
阿部寛が頑固一徹、己の信じる道を行く、おにいちゃんを演じていたのに受けた、受けたwww
こんな兄ちゃんがいたら、弟は一生頭があがらんな~汗

【あらすじ】
明治維新をとげ、近代国家の仲間入りをした日本は、息せき切って先進国に追いつこうとしていた。
この時期を生きた四国松山出身の三人の男達―日露戦争においてコサック騎兵を破った秋山好古、日本海海戦の参謀秋山真之兄弟と文学の世界に巨大な足跡を遺した正岡子規を中心に、昂揚の時代・明治の群像を描く長篇小説全八冊。

ま、要するに簡単にまとめると当時、世界の2流、もしくは3流の国であった日本が
いかにして西欧列強諸国においつき、おいこせと頑張った時代を背景に日露戦争を戦い抜いたのかを描いたもの

それほど日露戦争の意味は大きかった
当時の大国、ロシアに当時の大日本帝国が陸でも海でも勝ったこと
日本の歴史の上でこの意味は大きかった様子です

中心は秋山好古・真之兄弟

壮大な歴史の話で夢中になって本を読んだものです

これがテレビドラマ化されても、あんまりだろうな~と思っていたのだけれど、
そこはNHK
結構、いい出来です

毎週日曜日が愉しみ~♪

ちなみに秋山兄弟のうち、snowwhiteは真之が好きですが、
旦那は好古派
好古のあの厳しさがsnowwhiteにはびびっちゃうんだな~汗

【参考サイト】
NHK松山放送局 坂の上の雲
司馬遼太郎記念館
坂の上の雲マニアックス~NHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」ファンサイト~
秋山好古
秋山真之



管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。