All Entries |  Monthly Archives |  Tag Cloud |  New entry |  Up load | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■料理ができるオトコ



昨日は義兄夫婦が帰省しておられ、snowwhiteと旦那もご相伴に預かりました

久しぶりに(4ヶ月ぶりぐらいかな?)甥と姪を見たのですが、あの頃の子供って成長が早いですね~
ものすごく成長していたように感じました
自分のほうの甥は割りとしょっちゅう見るので、あんまりそういうことを感じない分、ちょっとシミジミ

で、昨日の夜はお義兄さんお手製の鶏がらスープの豚しゃぶ(snowwhiteは肉NGなので、鯛しゃぶw←一人、贅沢~><)




これがむっちゃうまかった




鶏がらのだしと白ネギが絶妙にマッチングしておったw
〆の雑炊もうまかったな~個人的には中華麺を入れて食べたいな~と思いましたがwww
これは是非、真似をしたいな、と思い、レシピを聞きました
思っていたよりもシンプルで簡単
是非、チャレンジしようっと♪
なんでもお義兄さんがどこかで食べた鍋が美味しかったらしく、それを再現する形で昨日の鍋を作った様子
「オトコの料理だけれどなっ」とがはははと笑っておられたが、それにしても・・・




すげー!




食べた料理を再現しよう、もしくは再現できる人って単純に尊敬します

お義兄さんは家でも割とフットワーク軽く料理をするオトコらしい
いいのう、羨ましいのう

何度か書いているけれど、うちの弟もプロはだしの料理の腕前
一人暮らし時代に料理器具を揃え、思うがままに料理をしたオトコ(マイ包丁も持っている模様・・・)
ま、弟は気が向かないとしないらしいが、それでもたまには腕をふるっているそうで、それがまた実にうまいそう
弟の嫁曰く、



「そりゃ、そうですよ

材料費を考えないで贅沢に料理をするんだからw」




とのこと
あ、それってそうかも

昨日のお義兄さんの料理もそうだった模様
お義姉さんが家では材料費がかかりすぎるから禁止した料理の模様(汗)

 なるほどね~

と妙に納得したわw

それにしても同じ両親から生まれた兄弟なのに、何故に我が家の旦那様は料理に開眼しないのだろうか?

それが不思議だわ・・・

お義兄さんに弟子として送り込もうかしら・・・

オトコと料理の関係性についてはここでもまま、考察しておる

■旦那、夕食を作る
■料理ができるオトコはどうですか!?

ここにきてやっぱり、適度に料理をこなすオトコがええな~と思います・・・

とほほ

最後にお義兄さんのセリフ


「料理は誰でもできる

やる気の問題だ」



この言葉、そのまま、わが旦那様に贈りますw
べつに料理できなくても

べつに料理ができない旦那様でも、好き嫌いがなく何でも食べてくれる旦那様ならいいんじゃありませんか?ウチの旦那も料理はしませんが、「生野菜は一切ダメ」や、「魚は出来るだけ食べたくない」など、好き嫌いが多くかなりの偏食な上、「卵アレルギー」と「海老アレルギー」があるので、妻である私は結婚して5年間、食事に関してはずっと苦労しています。生野菜が一切ダメなので、当然切っただけの野菜もサラダも一切食べられませんし、アレルギーがある為、卵と海老を食事に混入させる事が出来ず、ハンバーグを作る時は卵の代わりに長芋をすりおろした物を使ったりと、本当に大変です。しかも、ウチは旦那から、市販のルウを使う「カレー」、「シチュー」、「ハヤシライス」や、さらに「おでん」までも作る事を禁止されている為、食事に関しては「手抜き」とか「楽」がほとんど出来ず本当に疲れる毎日を送っています。さらに付け加えると、ウチの旦那は「亭主関白&気分屋」で、夫婦喧嘩をしてもどちらに原因があったにせよ必ず私から謝るのが当然という感じですしね(笑)snowwhiteさんの旦那様は穏やかな性格の方のようですし、家事もそれなりに手伝って下さる方のようですからそれ以上を望むのは贅沢ですよ。ウチは年末の大掃除も私一人でするんですよ?

☆チェリーさん☆

お久しぶりです。

snowwhiteが旦那と結婚を決めた理由の一つに食事の好みが比較的、似ていたことがあげれます。
snowwhiteは甲殻類アレルギーを持っており、また、基本、肉を食べない女です。
もちろん、それらを使った料理をすることはほとんどありません。特にアレルギーの原因となる甲殻類には決して近づきません。匂いだけでしんどくなるので。
自分の食事に対する姿勢がやや偏ったものであることを自覚していたので、生涯の伴侶となるオトコには自分に近い味覚を持っているオトコを求めました。
事実、付き合っているオトコと食の好みがずれ、苦労した記憶がありますので・・・涙

旦那は好き嫌いのないオトコです。
が、もう肉はそれほどいいや・・・蟹?海老?別に超好きというわけでもない・・・なくても困らない、と言ってくれた。
独身時代、弁当を作っていき、それを食べた旦那が「snowwhiteの料理はおかんの味と似ている」と言った時、何かがsnowwhiteの心の琴線に触れました。
そして、結婚後もその姿勢は変わらない。感謝しています。

アレルギー食は大変ですね。
また、チェリー様の旦那様は食の好みも非常に偏っている様子。
snowwhiteなら、自分のことを棚にあげて、「ええい、なら、自分で作れっ」と旦那に怒鳴ってしまうかな~汗

snowwhiteは基本、自分が我が侭であることを自覚していたので、穏やかな年上のオトコを伴侶としてよかったな~と思っています。
そして、旦那の穏やかにつけこんで、ますます贅沢で我が侭になりそうです・・・汗
でも、旦那への感謝の気持ちは忘れないでおこう、とまだまだ新婚のわたしは思うのです。

夫婦の形は千差万別。
色々とありますね。

そうですね

本当に夫婦の形って千差万別ですよね。でも、snowwhiteさんも甲殻類アレルギーがあるなんて大変ですね。ウチの旦那に卵と海老アレルギーがあると分かったのは結婚後だったので、アレルギーに関しては仕方ないな~と思っていますが、食の好みに関してはそこまで偏食で口うるさい(笑)とは思わず、結婚後の食生活は私の力量で何とか改善出来るんじゃないかと甘くみていたのが良くなかったのかな~と今さらながら感じております。それに、実際に結婚後に配偶者の食の好みにあわせて、それまで食べられなかった物が食べられるようになったという男性の話も聞いた事があったので、ウチの場合もそうなってくれるんじゃないかと楽観的に構えすぎていたかも!?その点、snowwhiteさんは冷静に相手をみていてエラいな~と思いました。私は付き合うと相手を冷静に見れなくなるので。。でもそんな私にも結婚に至った心の琴線に触れる出来事はあり、当時仕事のストレスで鬱病&胃潰瘍&拒食症&不眠症に苦しんでいた私を支えてくれたのが大きかったですね。その時にやっぱり「この男に惚れている」、「この男の為なら頑張れる」と思いました。ただ、あまりにアレもコレも食べられないと毎日言われていると、時々「感謝」の気持ちを忘れてしまいそうになります。私も新婚当時の気持ちを常に忘れないようにしなければ(笑)

お義兄さますばらしいですね。
しかも鍋って本格的!

わたしもお料理できる男性ってほれぼれしてしまいます。
あの腕まくりとかフライパンふっている姿にはぐっときますし!

うちの主人はカップラーメンで精一杯でしたが、
いまではマカロニグラタンとオムライスまで成長しました!
ほめそやして機会をふやしてもらうようがんばります 笑

こないだ旦那と「やっぱり素材やな」と話していたところですわ。
安い食材を高級食材の味に変える方法もあるのかも知れんけど
やっぱりエエもんはウマイ!
材料にお金をかけたら美味しいものが出来て当たり前ですわ。。
ま、腕と経験も必要だけど。
だけど、毎日毎日ご馳走だと飽きるでしょうね。
いやいや、飽きるほどご馳走食べてみたいわ。
夫婦で食の好みが似ているのは重要ですよねぇ。
うちの旦那、昼食は外食なので晩御飯で私の薄味の料理を食べると
ホッとするらしいです(笑)
アレルギーはないですが好き嫌いは多いかな。
でもよほど嫌いでない限り頑張って食べてくれてるみたいです。
うちもほとんど肉料理は出しませんが、特に要望もないですわ。
まぁ、昼食にたんまり食べてるんでしょう。
私の超薄味玄米菜食であんな腹になるわけがないもんっ。

>同じ両親から生まれた兄弟なのに・・・
義兄は超綺麗好き!旦那は散らかし上手(笑)
義兄は嫁さんが掃除した台所をもう一度掃除しなおすそうな。。
そこまでされるとイヤだけど、ちょっとだけ爪の垢でも煎じて飲ませたいですわ。

☆コメントありがとうございます☆

■チェリーさん
心の琴線に触れるって重要ですよね~。
特に辛いとき、しんどいときに支えてくれるオトコというのはそれだけで本当に感謝です。
ご主人、食の好みは「おいおい・・・」という感じですが(?)、チェリーさんを支える優しさが嬉しいですね。

結婚後、配偶者の食の好みにあわせる・・・実はsnowwhiteの弟とその嫁が食の好みの違いでしょっちゅう衝突していたのです。
結婚後、6年経ってもなお、食の好みの違いでやりあっている二人・・・。
まー、弟も大分なれたようですがw
それを見ていて、できるだけ近い男のほうがいいわ、と思ったの。
料理を作っても、作っても愚痴をこぼしていた弟の姿を見て、考えさせられました。

ともあれ、共に新婚時代の気持ちを忘れないで感謝の気持ちをもってやっていきましょう

■coyuriさん
すごい!!!
グラタンってすごい!!!
クリームから作るのかな?

snowwhiteは褒める、ことが苦手みたいですw
旦那に料理への意欲を掻き立てる方法が分からない・・・悩み中どす
coyuriさんを見習って成長してもらうよう頑張ります☆

■おりーぶさん
>義兄は嫁さんが掃除した台所をもう一度掃除しなおすそうな。。

これに敏感に反応っ
無理ー!!!
いやー!!!
と思ってしまいました
なら、はじめから掃除してくれよな・・・

そう、料理はやっぱり素材なんですよね
料理人の腕もあるだろうけれど、素材が美味しいと何をやってもうまく感じてしまいます
とはいえ、日常の料理ではないですよね~やっぱり
毎日が質素だからこそ、たまのご馳走が美味しく感じるのでしょう♪
それにしても、お義兄さんの料理の腕前にほんまに感動しましたわ

おりーぶさんの旦那様も優しい、穏やかな大人のオトコなんだろう、と思っています
共にラブラブ生活を目指しましょう


管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。