All Entries |  Monthly Archives |  Tag Cloud |  New entry |  Up load | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■バンクーバーオリンピック ~男子フリープログラムに思う

さて男子フリーが終わりましたね

先日の■バンクーバーオリンピック 男子ショートプログラムに思うでもちょっと触れましたが、高橋選手のメダル獲得を嬉しく思います


果敢に4回転に挑み、果敢に転倒した彼の勇気とアグレシップさには素直に共感し、感動しました
正直、転倒した瞬間、目を背けてしまった・・・
でも、その後、高橋選手の踊りは素晴らしかった
そして何よりも滑りきった後のガッツポーズ
それを見た瞬間、彼は最近の潮流である4回転回避という安全策を選ぶことを潔しとしなかった
今シーズン試合で一度も成功したことがない、4回転にオリンピックという大舞台で果敢に挑む選択しかなかったのだと改めて実感


 やりきったぜ、俺!


という高橋選手の表情に改めて惚れ惚れ
彼は五輪後、引退をほのめかしていますが、どうなるのでしょうか?
まだまだチャレンジをしてもらいたいものです、本当に


曲はニーノ・ロータの『道』
フェリーニの映画で使われていた音楽ですね
あの哀切あふれる映画
何よりもラストシーンは忘れがたいわ~
ああ、なんかまた観たくなったな~
でも、ちょっと重たい映画で・・・汗


同じことを小塚選手にも贈りたいと思います!
彼も本当に素晴らしかった
初めてのオリンピック
そして、初めて公式試合で決めた4回転
決めた瞬間、思わずガッツポーズですよ、ガッツポーズ(笑)
4年後が本当に楽しみ
今の高橋選手のように五輪の表彰台に上れる選手だと思います、ええ、確実に
楽しみ~~~


一方、同じく初出場の織田選手は4回転回避、そして、靴紐が切れるというアクシデント・・・
それでも、7位入賞という結果は素晴らしいと素直に思います
彼は4年後に向けてチャレンジすることを明言していました
この悔しさをばねに是非、チャレンジを続けてもらいたいと思います
また、ライサチェクの演技の後というのも辛かったのかな・・・と思います
こればっかりは運のなせる技ですよね・・・


優勝は意外なことに(?)ライサチェクさん・・・
個人的に彼の踊りは好かんのよね(単にsnowwhiteの好みではないだけ><)
でも、奇麗にまとめた、素晴らしい演技だったことは認めます
何よりも心が浮き立つような情感たっぷりな身振りには心が震えたな~
あと、手足が長いとやっぱり得よね~と何気に思いました

プルシェンコ兄貴はちょっとグラグラでしたね
個人的には王者健在と言う形でプルシェンコ兄貴に金メダルをとってほしかったな~
何気に好きなんだもん、彼のこと(笑)

でも、客観的に見て、ライサチェクの方がまとまりのいい演技でした

プルシェンコ、怒りの銀=採点基準へ不満隠さず〔五輪・フィギュア〕
4回転なしで栄冠=ぶれなかったライサチェク〔五輪・フィギュア〕

今回の結果を見ていて思ったことは失敗をしないこと、これって重要なんだってことです
ミスなく、パーフェクトに滑りきる必要があるんですよね~当たり前ですが
4年前の荒川静香さんもそうですよね
ライバルがミスを重ねたなか、完璧に滑りきった
そのことにより結果がついてきた


そういうことなんだろうと思います


だから、どうなんだ!?という感じですが、色々と思うところはあるよね~


男子フィギュアの結果はこちら

橋大輔選手、フィギュア日本男子の「道」を作った銅メダル

次は来週
女子の試合ですね!
楽しみです!!!


良かったですね~

会社の昼休み、
ワンセグで

仲良しのコと
見ました(^^)


後ろから、
上司のオッサンも見てきて、
ギスギスした職場なだけに
和やかなひとときでした。

昼休み、
リアルタイムでは
小塚クンしか
見れませんでした。

昨日も、
会社帰り、連れのコと一杯引っかけ(笑)
イエ飲みして飲んだくれて寝たため、

日本人3人の演技全部はまだ見れてません。


今日、前半ハイライト等、
夜じっくり見たいと思います(*^-^*)


ダンナも、
今日夜は、
会社のヒト達と鍋会。
土曜夜、一人テレっとできるなんて、
至福のひとときだわ,゜.:。+゜


snowwhiteさんの専業ライフが羨ましいぶぅぶぅですが、
今日1日、家事なしのアタシ一人の土曜を満喫したいと思います♪

私も

私も個人的にライサチェックの演技はあまり好きではないです。技術が素晴らしいのは分かるのですが、心に訴えかけてくるような「何か」というか「魅力」を感じなくて。。高身長と手足の長さを武器にただ無難にキレイにまとめてるだけのような気がするんですよね。昨日のフリーでも彼の演技内容が全選手の中で一番優れていたというのは分かるのですが、私は見ていてあんまり面白みを感じませんでした。単に私の好みではないだけかもしれないですが、順位は彼より下でも、心を打つ演技をした選手は他に何人もいたような気がして。。でもまあ、これが今の採点システムなんですよね。いかにミスをしないで、ショートとフリーを滑りきる事が大事か改めて感じました。

同感です。私もライザチェクは好みではありません。ファンの方ごめんなさい。長身と手足の長さを生かした、でもそれだけで感動はあまりしなかったなぁ… 一方、高橋君は果敢に挑み、スポーツマンらしかった。後、ジョニーウィアーの演技の評価が低かったのは残念です。彼の演技は優雅で素晴らしかった。観客の審査に対してのブーイングも同感です。
そして、私が一番思ったのは、本田君の解説の素晴らしさです。的確でわかりやすく演技を邪魔しない、これが大切です。
最後にプルシェンコ残念、復がもう少し早ければ… あきらかに本調子の5割ぐらいです。でも彼は信念を貫いて素晴らしかった!
女子も楽しみ

こんにちは~♪

自分は仕事が終わって家についてから銅メダルの事を知りました。
高橋選手の4回転転倒は残念でしたが、あの後しっかり気持ちを切り替える平常心でいられたからこその結果ですよね!
以前のケガ・リハビリでホント精神力が強くなったのだと思います。
感動の演技をありがとうって言いたいです!(^^)v
またお邪魔させて頂きますね☆

☆コメントありがとうございます☆

■ぶぅぶぅさn
一人、土曜の夜、ぶらっとできましたかー???
何気に一人の夜って贅沢な感じがしますよね~
独身時代は簡単に作れたけれど、結婚後はなかなか
何度見ても惚れ惚れしますわ~

イエノミも働いていないとなかなかしないのよね
働いているからこそうまいのだ、酒は!
チクショー、羨ましいぜ

■チェリーさん
>高身長と手足の長さを武器にただ無難にキレイにまとめてるだけのような気がするんですよね。

これ、分かるな~
snowwhiteもそう感じる
でも、そのマジックにやられちゃうのも分かる気がする
綺麗に無難にまとめたからこその感動もあったしね
好みではないけれど><
改めて今の採点システムを不思議と思ってしまいましたわ

■わかさん
ジョニーウィアーの演技は素晴らしかった
感動したわ、心揺さぶられた
なのにあの点数・・・
プルシェンコは最後まで我が信じる道を進んだ
そして、ライサチェクも信じる道を進んだ
どっちが正しいとかではなく、それぞれが信念を貫いたという意味でよかったのかも

■青い海と白い砂浜さん
高橋くんはあの4回転に失敗したからこそ、後の演技が光輝いたのかも・・・
俺は4回転に挑戦した!という達成感にあふれていましたわ
ほんまに感動したわ~

主人の恋人・愛人て言うタイトルに(~Q~;)びっくりしました。内容読むとホッとε=(^◇^;…
自分もまた、職場が変わりあたふた、モヤモヤとしてます。お互い、次のステージ頑張りましょう!でわ

☆ラパンさん☆

びっくりさせましたか><
すみませーん

ラパンさんも色々と動いているんですね
snowwhiteもいっちょ頑張ってみたいと思います、色々なことを!
またいつかコメント欄を開放する(ハズ・・・)のでその時はよろしくね~

勉強頑張ってください!

そして、今日はフィギュアを堪能してくださいね(@^▽^@)

☆ぶぅぶぅさん☆

ありがとうございます!
早くもドキドキ、ハラハラしながら堪能中~

やはり

今回のバンクーバーでのフィギュアの結果に関して、新採点システムによる評価ってやはり素人には分かりにくかったですよね。。何故SPで四回転を跳んだプルシェンコの点数と、跳ばなかったライサチェックや高橋選手の点数の差が殆どなかったのか?、何故ウィアーの演技に対する評価があんなに低かったのか?、何故あの演技内容でチャンに対する評価はあんなに高かったのか?、何故キム・ヨナの点数はSPとFPの両方であれだけの高得点が出たのか?、何故演技内容がそれ程変わらないように思えるロシェットと安藤選手や他の選手との間にそんなにも点差が出たのか?、ととにかくあげだしたらキリがないくらいの疑問がわいてきて。。私にはジャッジが『主観』を理由に、「加点」と「演技構成点」の点数操作を意図的に行う事でどの選手を勝たせるのかコントロールしたようにしか思えませんでした。。こんなに後味の悪い思いでフィギュアの試合をみたのは初めてかもしれないです。次のソチ五輪の時までにもっと公平さを感じられるようなルールに改正してほしいですよね。少なくとも誰がジャッジを行ったか分からないようなシステムはやめて明らかにしてほしいです。

☆チェリーさん☆

採点競技は難しいですね・・・

わたしは弟が体操選手だったためか、体操(男子)も大好きでよく見ていました
横に解説者がいたもんだから、便利やしwww
で、体操も“美”と“技術”のせめぎあいなんですね

富田が目指した美しい体操と中国が目指した難易度の高い体操
体操の世界では技の中国が圧倒的に有利なように見えましたが・・・今はどうなんでしょうかね~

個人的にはキム・ヨナと真央ちゃんの点差よりも、3位に疑問を持っています・・・何故、長洲ではないのか?安藤ではないのか?と

また、仰るとおり、ウィアーとチャンの順位にも?です

でも、もう終わったこと

真央ちゃんもキム・ヨナもライサもプルもチャンもウィアーも・・・
選手は皆、現行のこのルールの中で戦うしかないんですよね、結局は
そういう意味でキム・ヨナ陣営、つまりはブライアン・オーサーの戦略勝ちなんでしょうね~
そう、ライサも勝利したわけです
次のソチ五輪に向けてどう変わるのか?変わらないのか?
それらのルール(たとえ理不尽であっても)に対応していき、かつ、勝利を目指すこと、それが確かな道なのかなーと思いました

春の嵐

顔にジャブラれるくらい
突き刺さる風、春が来る
まえぶれ!そういえば、そろそろHAPPY BIRTHDAYじゃ?20代後半から時間の流れが速く感じる…こわい

☆ラパンさん☆

はは(汗)
そう誕生日です・・・あんまり考えないことにしておりやんすwww
30になってから時の流れを早く感じるわ~


管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。