All Entries |  Monthly Archives |  Tag Cloud |  New entry |  Up load | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■審判の公平性はどこにある?

フィギュアスケート世界選手権、終わり、結構、ボーっとしています。

色々と思うところがありすぎてね・・・

そんな所にタイムリーなブログ記事が・・・

フィギュアファンにはお馴染み(?)、やっちママさんのブログからの転用です。

快く了解してくださり、やっちママさんに感謝です。

 >>>元はこちら、やっちママのなんとなく・・・

バンクーバーオリンピックのフィギュア競技でジャッジを務めたパトリック・アイベンスという方のインタビュー記事とのこと。

ジャッジに関することが結構赤裸々に語られています。

非常に長い記事ですが、興味のある方は是非、どうぞ!

"完全に公正な審判は、全体の10%だけだろう"
オリンピックレベル・フィギュアスケート審判:パトリック・アイベンス

Tony Wheeler: こんにちは、パトリック。私の質問にお答え下さる時間を取って頂いてありがとうございます。 まず、あなた自身のフィギュアスケートの経歴とこのスポーツに関わって何年経つのか教えていただけますか?

Patrick Ibens:今年でフィギュアスケートに関わって40年になります。五歳の時にスケートを始めて、十八歳で背中を痛めた時まで続けました。ここベルギーには他の男子スケーターがたった数人しかいませんでした。Eric Kroll, Tom Dujardin, Carl Dujardin, Hendrick Sassen,Danny Dillen, Patrick Van Reethそして私。Eric Krollがユーロでなんとか24位になったことが私が選手時代のベルギー選手が成し遂げた一番の成功だったのです!

TW: 長年に渡って、どんな国際大会の審判を務められたのですか?

PI: いくつかのユーロ、四大陸、世界選手権に加えて、ジュニアおよびシニアのグランプリを。同時に2006年のトリノと2010年のバンクーバーの二つのオリンピックにおいて男子競技の審判を務めました。残念な事にバンクーバーで私が担当したのはショートプログラムだけでしたが。(注:現在ショートとフリーで審判団が変更される。ショートプログラムの9人の内 5人の審判が無作為に選ばれてフリーの審判を務めるが、Ibensは選ばれなかった。)

TW: 全4部門で審判をされるのですか?

PI: 私が審判をするのはシングルとペアだけです。アイスダンスは私向きじゃありません。私は"ホンモノの審判"ですから。

TW: というと?

PI: フィギュアスケートの内輪の冗談ですよ。アイスダンスでは、誰もがジャッジする前から結果を知っているにも関わらず、審判たちは朝の5時から夜遅くまで全てのセッションが終わるまでじっと座っている、ってね。

TW: それじゃあ一体誰がアイスダンスの結果を決定しているんですか?

PI: おおかたは、以前に行われた競技の結果と、あなたの出身のお国(アメリカ)が決めてるんですよ。それからまぁ時には、スケーティングの質も関わってくるでしょうね。しかし、それに関しては私の分野ではありませんので。

TW: 2002年ソルトレイクシティ・オリンピックのペア部門で、あるフランス人審判が、所属するフランスの連盟のプレッシャーを受けて特定の投票行動をした事を認めたスキャンダル以来、ジャッジングはより公正になったのか不公正になったのか、あなたはどう思われますか?

PI: 全く以前と同じだと思いますよ!どんなシステムを使っていようと、人間は常にいかさまの方法を見つけ出すでしょう。それだからこそ私はバンクーバーの男子シングル・ショートプログラムのような、素晴らしい審判団が組まれたことが嬉しいのです。そこに議論の余地はありません!

TW: 何パーセントのジャッジが完全に公正であると(あったと)思われますか?

PI: 完全に公正?10%くらいでしょうね。

TW: ええっ、そんなに低いのですか?その理由は?

PI: ええ、理由は色々ですが。現在匿名性が採用されているのにもかかわらず、いまだにジャッジは自分の所属している連盟を恐れて、(国家というバイアスがかかった状態で)自国選手をランキングが近い他国選手から守り、有力選手をプッシュします。ジャッジは権力の回廊から外れることを恐れ、審判役として招聘されるために、ある国の選手を推そうとする。そうでなければ、自分たちがなにをしでかしているのかまったく分かっていないか、ですよ!

TW: 個人的にかつて他の審判や連盟から一選手の得点を高くしたり低くしたりしてくれと依頼されたことはありますか?

PI: 一度だけ。でも高いレベルの大会ではありませんでした。実は、ユーロ大会に出場するために勝つ必要のある選手がいたある国の国際大会で起きた事です。その時でさえ、私は言いなりにはなりませんでした。結果として、私は二度とその国には招かれませんでしたけれどね!

TW: 審判を引退した時に、公に自由に意見を述べることは許されているのですか?

PI: 私が審判した場合は自由に話しています。開催中の大会についてその審判が話すことは規則に反しますが、大会後のレビューミーティングが終了すれば、望まれれば誰にでも見たことは何でもコメントすることが出来ます。私たちは自由な世界に生きているんですからね!

TW: 長年審判をされて来て、あなたの好きな選手は誰ですか?

PI: う~ん、それは難しい質問だ!ミシェル・クワン,マイケル・ウェス,ジェフリー・バトル,アレクセイ・ヤグディン,ジェイミー・サレー&デイヴィット・ペルティエです。近年ではアリョーナ・サフチェンコ&ロビン・ゾルコビー,パトリック・チャン,フローラン・アモディオ,デニス・テン,ハビエル・フェルナンデス,ヤニック・ポンセロそれとジョアニー・ロシェットですね。

TW: もしそれらの特定の選手をジャッジするとしたら、ジャッジし難いと思うでしょうか、それとも出来る限りより厳しく見ようとするでしょうか?

PI: 正直に言って、彼らをジャッジすることに何も厄介な事はありませんでした。何故ならば、私は彼らのことを個人的に知っているし、彼らも私を知っています。彼らに何か私に聞きたいことがあれば、正確な答えを私は彼らに与えるし、私に出来る事ならば彼らを助ける、と彼らは分かっています。しかしながら、私が審判になった時には、全ての個人的な関係は消滅して彼らはジャッジすべき選手となり、 演技に見合った得点を受けるでしょう。良かろうと、悪かろうとね!審判として人としてより一層の尊敬を受けるには、そうする以外無いでしょうね。

TW: あなたが審判をした中で、一番のシングルの演技はどれですか?

PI: '99スケートアメリカでのサレー&ペルティエの“Love Story”です。ジャッジしながら、涙が出ました。

TW: ではジャッジングそのものに関するいくつかの疑問を質問させてください。2003年秋の国際大会中に新採点に移行した際、審判たちはどの様なトレーニングをした/受けましたか?

PI: ISUセミナーを受けましたし、今でも受けています。最新のルールと古いルールの変更と同時にジャッジする際に求められる事が説明されます。それには見て直ぐ分かるエラーと分かり難いエラー、ダウングレード、つなぎ、シングルのショートプログラムの要素であるソロジャンプに入る時の入り方などに加えてそのほか多くの事柄が含まれます。同時に、SPとLPの違い、構成要素をジャッジする際に求められる事も説明されます。もっとも、ルール変更を読んでおくのは各国連盟と審判達の負うべき責任ではありますが。ルールはISUのウェブサイトで誰でも自由に閲覧できます。あらゆる競技会において、審判は最初に総則を読み返す会合を持ちます。全てに競技の前一時間、私たちは再び全てのルールとプログラムの構成要素の基本を読み返すのです。

TW: シングルとペアの5つのプログラム構成要素の、あなたの定義を手短に述べて頂けますか?実際上の定義を諳んじておられるのでしたら遠慮なくそれを生かして下さい。ただし、カンニングするのならむしろあなたご自身の言葉に置き換えてお聞かせくださるようお願いします!(注:引用文を彼は元の文章から変更することなく即座に答えた。彼が答えを考えることに時間をかけず、即座に定義を答えたことの方が私にとってはより興味深いことに思える。)

PI: (以下、アイベンスの答えたこと)

スケーティングスキル
1. よどみない、見事な滑りと、エッジの深いステップとターン
2. 多様なスピードと加速度
3. 他方向のスケーティング

つなぎ
技から技へ移行する際の動きがあること、そしてそこに多様さがあること。いつも同じ動きであってはいけない。例えば、ステファン・ランビエルのFS。彼はつなぎの際にいつも同じ上半身の動きをする。他にもたくさん動きを持っているというのに、だ。

パフォーマンス/仕上がり
1.『私は~/私は~になる』という感覚を抱かせる選手
2. パーソナリティー(競技を見た5分後にその選手のパフォーマンスを思い出せないようなら・・・彼らにはパーソナリティーがないということだ)
3. 表現
a) 審判席や観客席に飛び込んでくるかのようなジャンプ
b) 自分の世界に観客を引きずり込む
4. それぞれの動作の質の高さ。各動作は、途中で切れぎれになるのではなく、一つ前の動作の終わりに始まるべきだ。

振り付け
1. 美しい振り付けのある良いプログラム、そしてプログラムを通して良いレイアウトであること。
2. 良い選曲

解釈
1. 選手が旋律にきちんと乗っているか。
2. 音楽が盛上がったら動作も上がっているか、そして盛り下がったら動作も下がっているかどうか。
3. スケーターがキャラクターになりきっているか。
4. ただ技術を披露するのではなく、スケーターがきちんと音楽を解釈しているかどうか。


TW: あなたの定義を基準にすると、あなたが審判を務めた今季の男子競技のなかで、どの選手が一番優れていたと思いますか?

PI: スケーティングスキルでは高橋。つなぎと振り付けではチャン。パフォーマンスではライサチェク。解釈ではアボット。

TW: ライサチェク対プルシェンコですが、2人それぞれの長所と短所について、個人的にどう思われますか?

PI: プルシェンコは自分にとても自信があり、また自分のやっていることに信念を持っていますね。彼の短所は、彼がまだ6.0採点システムを捨てきれておらず、一つ一つの動作の重要さを計算できていないところですね。しかし、それが今のやり方だから。ライサチェクはファイターであり、頑張り屋です。いつか、『あぁ、この子には絶対無理だ。素質がないな』と思ったことを覚えています。それを考えると、自分にできるベストを尽くすという彼の情熱が勝ったと言えますね。彼の短所?なんだろうな。多分、トリプルアクセルの踏切りをするときのズルでしょうね。時々、彼は踏切り時のスキッド(あるいは前回転)に半回転以上かけるので、言うなればトリプルサルコーになっているのです。彼について言える問題はそれくらいですが、まぁ大した問題ではありません。いつも起こるわけではないですから。

TW: プルシェンコ自身を含め、たくさんの人から、『両プログラムで4回転ジャンプ(トゥループ)を決めたにも関わらず、それに値する評価がされなかった』と非難の声が上がっています。前述のコメントで、あなたはプルシェンコが『全体図を見ていない』とおっしゃいましたが、これについてはどう思いますか?また、この新システムについてのあなたの意見は?

PI: 彼は4回転トゥループを試みたこと、そして着地したことについては、それに値する評価を受けましたよ。しかし同時に、それらのジャンプの着地の悪さで得点も失いました。しかし、1位と2位を分けるのが4回転ジャンプだけだと言うなら、スウェーデンも文句を言い出すでしょうね。なぜなら、スウェーデンの選手エイドリアン・シュルタイスはあの夜最高の4回転トゥループを決めたにも関わらず、5位にも入らなかったんですからね!(シュルタイスはFSで13位だった)一方、たいがいの言語で、"フィギュアスケート"には"アート"という言葉が入っているのですから、やはり、ただ氷の上で飛び回る以上の何かが求められるのです。カタリナ・ビットがカルメンで勝ったのを覚えていますか?他の選手が様々なジャンプを決めていたにも関わらず、彼女はトゥループとサルコーの2つのトリプルだけでしたが、彼女はまさに氷上のアーティストでしたよ!

TW: ではあなたは6.0システムよりこの新システムがお好きということですか?詳しく教えてください。

PI:う~ん、複雑な心境ですね。どちらにも良い部分と悪い部分がありますから。新システムの良い部分は、選手たちがようやくフットステップに力を入れなければならなくなったことです。きれいなエッジ、などなど。それから、先ほども言ったように、ただ難しいジャンプだけでなく、全ての動作を評価されるようになったことですね!悪い部分は、全ての要素が似通ってしまったこと。特にスピンとステップです。それから、独創性にかける時間が減ってしまいました。

この新しいシステムで嫌いなのは、あまり能のない審判たちを助けるために作られているところです。優れた審判たちは、ただ平均点をつけるのではなく、審判自身に対する査定を受けるリスクを負ってまで、各コンポーネントを別個にきちんと判定し、選手が受けるべき評価をきちんと下そうとしています。能無しの審判は、点数を適当に推測したり平均点をつけるのです!しかし、コンポーネントの間で大きな票幅を持ちたい者は、のけ者にされたりするんです。たとえば、国際選手権で、最初の3グループを判定する際、5.50から7.00の間をつければ安全なんです。そして最後のグループが滑るときには、7.00から8.50の間をつければ、その人はまた安全、というわけなんです!
そしてまた、ある意味でこのシステムは世界的スポーツをスポーツの域から外してしまったとも言えます!二人のブライアンの戦いを覚えていますか?ボイタノがプログラムの最後で2つめのトリプルアクセルを加えて、結果、金メダルを取りました。しかし今日のスケーターたちが同じように何か技を追加しても、追加のポイントを得る事はできません。意味などないのです。決められるジャンプとスピンの数が限られているのですから。

TW: プルシェンコの話に戻りましょう。プルシェンコが彼と彼のライバル選手(ブライアン・ジュベール)が『つなぎを全く』行わなかったのはジャンプに集中しすぎたせいだ、と明確にコメントした際には、大きな議論が巻き起こりました。この時あなたは大会後にこの件に関して行われたプレスカンファレンスに出席されていましたか?

PI: いや、私はユーロには行かなかった。だけどこの件については何もかも聞いたよ!

TW: 彼のコメントについてどう思います?

PI: バカげたことだと思うが、プルシェンコはブロンドだったよね?(ブロンドは概して脳みそがないという欧米のジョーク)彼の言いたかったことはわかるけど、そのコメントで彼はジュベールの格をも引き下げてしまったね。あり得ないよ!私はジュベールのファンなわけではないが、ライバル選手をネガティブなスポットライトに引きずり出すことは、アスリートとして一番してはならないことだと思うね。

TW: フランスのメディアで報道された、ジョセフ・インマン氏が送ったとされるプルシェンコの採点を妨害する旨のEメールを、あなたも彼から直接受け取りましたか?そうだとしたら、バンクーバーの男子競技の審査のされ方に何らかの影響があったと思いますか?あなた個人の判定には、影響がありましたか?

PI: ええ、そのEメールは受け取りましたが、私を知る誰もが、私がそんなものに影響されることはないと知っています。このインマンのEメールと同じようなメールは以前にも一度送られてきたことがあります。冒頭で言った通り、私は本物の審判ですから、自分の意志を決めるのに誰のEメールもコメントもいりません!自分でちゃんと出来ますからね。誰を審査するんであれ、私は自分の見たものを審査します!

TW: あなたはショートプログラムの審査をされましたね。プルシェンコとライサチェクのショート演技はどう思われましたか?また、トップの3人の差は、ショートにおいては1点差以下だったことを考えると、高橋大輔はどう採点されました?このショートの採点が良くも悪くもメダルの結果に響いたか、結果があなたの判定と大きく違っていた者がいましたか?

PI: ショート演技を観終わってすぐ、私にはトップ3が1点差以下の差しかないということがわかっていました。審判団が良い仕事をした、ということもね!ショートの時、あの3人はそれぞれ違う理由で同じくらいに良かった。私の個人的な意見をいうと、ショートでは高橋が勝ったと思ったが、今はどんなことでもあり得るからね。レベルと評価下げにおいては、私たち審判はテクニカルパネルがどんな決定を下すか知る事ができないからね。それに、審判は自分が前に下した得点を見ることができないから、うっかり別の選手に高い得点を下すこともあり得る。まぁ、優れた審判であれば、打開策も知っているがね。

TW: その最後のところを詳しく教えてくださいよ。

PI: もし私が、そうだな、選手Aに7.25をつけたとする。そして選手Bが10人後に滑ったとして、彼の方が上だと思ったのに7.00をつけてしまったとしたら、私は間違った選手に1位をあげてしまったことになる。だが、優れた審判なら、最初に滑った選手の演技の得点の合計を出す。平均合計点7.00と言っておこうか。そして、それを覚えておいて、次の選手の時も同様の基準で採点する。演技が全要素において優れていれば、あなたの基本平均点数は7.00より高くなる。

TW: しかしこのシステムは選手対選手の比較採点ではなく10ポイントスケールの採点なわけでしょう。それなのにこういうことが起こるということは、様々な面を一度に見なければならないからでしょうか?

PI: イエスでありノーだと言える。さっきも言った通り、フィギュアスケートはスポーツの域から外れてしまった。比較以外に結果を出すことは出来ないんだよ。スピードスケートなら時計があるが、技術と芸術面の採点はない。速ければいいんだからね!競技を10ポイントスケールで採点するなんて、土台無理なことだ。

TW: あなた、もしくは審判たちの多くは、演技での選手たちの能力を先読みするために、ランスルーや練習を観るのですか?

PI: 個人的な話をすれば、私は自分の仕事にフォーカスできるように、自分のムードを正しい方向に持っていくために、練習をひとつ見るようにしている。特に細かい部分を注視することはない。どうせ、彼らは競技のストレスの中では違った動きをするからね!審判のなかには全ての練習を観に行く人もいる。どうしてかは知らないけどね。私は練習中には細部を気にして見ないから、本番の演技のイメージはとくに湧かないね。

TW: あなたは演技がフェアに判定されていると思いますか、あるいはただ形ばかりの物だと思いますか?あなたは先ほど、このシステムは結局、基本的に選手と選手を比較するだけに使われているとおっしゃいましたが。

PI: 演技がフェアに判定されているとは思わないが、形ばかりのものだと思うからではない。審判たちのなかに、芸術的バックグラウンドに欠けている者がいるということ以上に、馬鹿げた平均点の安全圏にぬくぬくと浸かっている者たちがいるということだ。

TW: では、あなたは、競技後の査定でこの先の審判に招致されないかもしれないリスクを恐れる審判たちが、全5要素に似通った採点をし、審判『温室』に籠っている、と思われるわけですね?

PI: まさにその通りです!!

TW: オリンピック男子競技の王者は誰であるべきだったと思いますか?その理由は?

PI: 私としては高橋であるべきだったと思うね。彼は全てを持ち合わせているよ!スケーティングスキル、カリスマ、そしてテクニック。彼がジャンプに問題があり、一度転んでしまったことは残念だった。

TW: わかりました、彼は彼のベストを出せませんでしたから・・・ではライサチェクとプルシェンコではどちら?!

PI: 高橋!

TW: どうやらこの質問には答えてもらえないようですね。

PI: あぁ、ライサチェク!その2人のどちらかと聞くなら、迷いはないね。だがあの夜の全分野のスケート王者に関していうなら・・・高橋だ。

TW: バンクーバー中、他の競技は観ましたか?2014年ソチ大会にむけて、次の4年間で注目したいのは誰ですか?

PI: 唯一観たのはペアの演技と男子のFSした。審判を務めなかったからね。注目すべきなのは、パトリック・チャン、デニス・テンとフローラン・アモディオ。ハビエル・フェルナンデスも忘れちゃいけないね。

TW: 審判をお辞めになったあなたの今後の予定は?

PI: まだ決めていませんが、国内外のスケート選手たちにアドバイスを与えていきたいですね。それから、新米審判たちのために、新しく審判を始めるにあたってどんなことに気をつければいいか、などのマニュアルを作りました。100ページ以上あり、審査のありとあらゆる側面を網羅しています。また、来たる世界選手権のベルギーテレビのコメンテーターを務める予定です。

TW: ありがとうございました!


読み終えた後、率直な感想。

クラクラします。

フィギュアの審判の公平性は以前からとやかく言われていましたが、それでもこうあからさまに言われるとクラクラするしかありません。

そして、審判基準の曖昧さときたら!

もやもやが生まれるのもいたしかたないのでしょうか?


世界選手権女子フリーの点数の摩訶不思議さ

見た目的には完璧でクリーンな演技で終えた浅田真央とガタガタだったキム・ヨナの点数と順位の不思議さ

もう何も言えないわ、とため息、ため息、ため息、ため息


ともあれ、真央ちゃんは金メダルを獲得

2回目の世界女王となったわけであり、その喜びは感慨深い


来年は東京で開かれる、とのこと

3度目の世界女王なるか、と今から楽しみです


 >>>上記引用の元はこちら、やっちママのなんとなく・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。